1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 逆鱗日和ワールド>
  4. 【逆鱗日和ワールド】第4回:ドスジャグラスの憂鬱

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

【逆鱗日和ワールド】第4回:ドスジャグラスの憂鬱

2018-01-31 18:36 投稿

ドスジャグラスのメスがいるらしい

『モンスターハンター:ワールド』の世界に飛び込んだ人が最初に対峙する大型モンスターは、よっぽどのことがない限り“ドスジャグラス”なんじゃないかと思う。……まあ、指令を無視してフィールドに飛び出し、アンジャナフあたりに遭遇しちまった人は「よっぽどお!!」とでも叫んでもらうとして、話を進めたい。

我ら、“へっぽこ3人組・シーズン3”(中目黒目黒、バキ、俺の3人)もご多分に漏れず、ドスジャグラスの討伐に出向くことになった。クエストを貼りながら、余裕たっぷりの口調で目黒が言う。

「正直……ドスジャグラスじゃあ物足りないんですけどね。なぜなら我々、βテストで吐きそうなくらいコイツを狩っていましたもんね!」

そうなのだ。

昨年末から何度かに分けて行われた『モンハン:ワールド』のβテストで、俺たち3人は連日、夜中から明け方にかけてフィールドを駆けずり回っていた。配信されていたクエストを遊び尽くしたのにプラスして、「ごく稀に、古代樹の森に“プケプケ”が出現するらしい!」という情報を聞きつけ、くり返しくり返しこのフィールドに出掛けていたのである。その際、必ずやドスジャグラスがドスドスと現れてきたので、

「ひとまずコイツを狩ってから!」

を合言葉に、3人で襲い掛かっていたのだ。多少のダメージはものともせずにゴリ押しし、最終的には2分くらいで狩っていたんじゃなかろうか。そういう意味では完全に、ドスジャグラスは“お得意さん”だったのだ。

それにしても、このモンスターが醸し出す“憎み切れないニクいヤツ”感たるやどうだ……。

そこはかとないかわいらしさ、にじみ出る哀愁、飼いネコにも通じる隠しようのないおバカさ……。

とくに、その登場シーンで表現される“腹ペコキャラ”のインパクトは絶大だ。

「ε=(Φω´Φ#)オラ、腹減っただ!! 腹減った腹減った!!!」

そうわめきながら、森の奥からドスドスドスと駆けてくる。そしてアプトノスを見るや、

ε=(Φω´Φ#)ε=(Φω´Φ#)ε=(Φω´Φ#)

と大興奮状態に陥り、

「ε=(Φω´Φ#)肉! オラの肉ッ! 誰にも渡さねえだ!!」

そう主張して、アプトノスに躍りかかるのである。無印の時代からアプトノスは、

“歩く生肉”

と呼ばれてきたが、ドスジャグラスほど彼らに“肉を見ている”ものはいない。きっとヤツには、アプトノスがバサバサと振る“名物特上ハラミ! 希少部位のザブトンもあるよ!”なんていう焼き肉屋の旗が見えているに違いない。

そんなドスジャグラスに俺たち3人は、特上級の油断満載で斬りかかった。

「瞬時に片付けて、つぎのクエストにいこう!」

そんな気持ちは、隠しきれていなかったと思う。ところが……。

最初こそ、

「うおおおお!! 余裕ぅぅううううう!!」(目黒)

「竜撃砲、いっきまぁぁああす!!」(俺)

「ふたりに任せて、探索行っちゃおかなあああ!」(バキ)

なんてハシャイでいた3人だったが、徐々に(……あれ? おっかしいな)と思い始める。その証拠に、どんどん元気がなくなっていった。

「う、うおおお。……けっこう堅い(苦笑)」(目黒)

「……りゅ、竜撃砲、ぜんぜん効いてねえ^^;」(俺)

「……倒せる気配がないんですけど」(バキ)

そして口々に、「おっかしいな」、「簡単だったのに」、「居眠りしてても狩れたのに」なんて言葉が出始めたとき、ついに“違和感の正体”に気づいた。それも、3人同時に。

「あ、βテストのときに余裕だったのって……」(目黒)

「よ、用意されていた武器が……!」(俺)

「強かったからだぁぁあああ!!!」(バキ)

そうなのだ! βテストのときはあらかじめ用意されていた装備で狩っていたので、その時点で初期装備の現在よりも圧倒的に優位だったのである! それを俺たちは、

 「わしら、ぜんぜんへっぽこじゃなくね?w むしろ、エリートかも?w」

なんて勘違い砲をぶっ放してふんぞり返っていたのだ!! けっきょく、

「わあ!! こんなところでちんだ!!」

と目黒が断末魔の悲鳴を上げたことで我に返り、以後マジメに狩ることにしたのであった……。

以下、余談。

それにしてもドスジャグラス、「誰かに似てるんだよなぁ……」と思っていたんだけど、最近その答えにたどり着いた。ファミ通Appにいる女性編集者、さとるりっぽいのだ。

いや、彼女はドスジャグラスのように髪を振り乱して大口を開け、「肉!! 肉ッ!!」なんてわめいていないが(たぶん)、“大食い”という点において共通点が多いのである。

昨年、E3取材でロサンゼルスに行ったとき、俺、目黒、さとるりらでサンタモニカを散策していた。そして、いままさに昼時……というタイミングで、さとるりがブツブツと言うのである。

「お腹減ったぁ……お腹減ったぁ……。何か食べたぃ~……何かぁ……」

うつろな目でうわ言をいう彼女にゾッとした俺と目黒は、慌てて近くの中華に入り、チャーハンやら餃子やらを片っ端から注文。「うおおおおお!!!」と吠えたさとるりは、アプトノスを丸呑みするドスジャグラスのごとき勢いで、そのほとんどを食べつくした。パッと見、大食いには見えない細身なのに。

しかもその夜、取材陣一同でステーキハウスにいき、おっさんどもが残したステーキのカタマリ(500グラムのを頼んで、3分の2くらいしか食べられないヤツが多かった)を見て、さとるりは言うのだ。

「あの~……。その肉、食べないんですか……? 私、食べてもいいですか?」

おっさんどもが無言でうなずくと、さとるりは再び、「うおおおお!!!」とわめいて肉にかぶりつき、瞬時にそれらを平らげていた。その瞬間、俺の脳裏をよぎったのは、E3で見たばかりの『モンスターハンター:ワールド』の映像--。そして、つぎのように思った。

(さとるり……ドスジャグラスのメスだったんだなぁ……)

とね……。

第3回第5回
大塚角満(おおつか・かどまん)…… 作家、ゲームエッセイスト。ゲームのプレイ日記を書くことをライフワークとしており、『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど著書多数。現在、ファミ通のフェロー(特別編集員)を務める。

▼βテスト時の動画

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧