1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 逆鱗日和ワールド>
  4. 【逆鱗日和ワールド】第29回:幽霊の正体
下記の期間、システムメンテナンスを予定しております。 なお、期間中は、一時的に当サイトをご利用いただけない場合がございます。 ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

【メンテナンス期間】 2018年12月17日 午前1時~当日午前5時まで
※メンテナンスの状況により上記期間が変更になることがあります。

-

【逆鱗日和ワールド】第29回:幽霊の正体

2018-04-10 20:46 投稿

魔改造されたと思ったら……

空いた時間を見つけては、狩王決定戦2018の予選の練習をしている。

今回の予選種目、“闘技大会01”はプケプケの討伐で、武器は大剣、ハンマー、片手剣、スラッシュアックス、ライトボウガンの中から選ぶ。使用武器を決めるために、いろいろなパターンで組み合わせを試しているが、俺はともかく相棒のたっちーは双剣と操虫棍以外はほぼ使ったことがないので、ハードルはそれほど低くはない。ハンマーを持てばいつまでもグルグルと回り続け、大剣では何もない虚無の空間を斬りまくっている

とは言え、それは想定内のこと。俺は、

「作戦を立てる前に、とにかく武器に慣れないとな。遠回りのようだけど、それがいちばんの近道だとオラは思う」

と悟空のようにやさしく言い、飽くことなく闘技場へ繰り出しているのである。

そして、プケプケの討伐数が100頭を超えたころ、いきなりタイムが安定してきた。まだ地区大会が行われる前なので具体的な記述は避けるが、

「これはいよいよ……ステージが見えてきたかも!?」

と錯覚(?)を覚えるくらいのタイムが叩き出せるようになってきたのである!

じつはこれ、マグレでも偶然でもなく、“とある出来事”をきっかけに始まったことだったりする。

ある日。

いつものように集会所に集まり、闘技大会01を受注。

「本番も、この組み合わせでいこう!」

と決めた武器を持って勇躍、プケプケの待つ狩り場に降り立ったのである。

最初は、順調な狩りだった。

足止めは完璧。ダメージも理想的に入っている。このままいけば……もしかしたら、最速タイムを刻んでしまうかもしれないぞ! それがたっちーにもわかったのだろう。いつもはギャーギャーとうるさく立ち回っているのに、そのときは妙に静かに役割をこなしていた。どうやら、相当緊張していたらしい。

そんな、クエストの後半……。

あと数発で、討伐完了だ! 記録更新は、ほぼ間違いない! あとはどこまでタイムを削れるかの勝負だ!!

そんなことを口走りながら、立ち回っていた刹那−−。

唐突に、

バサバサバサバサッ!!!!!

と、たっちーのキャラがナニモノかに連れ去られたのが見えた。あまりにも一瞬のことだったのでよくわからなかったが、イメージ的には巨大なカラス天狗か何かにさらわれてしまったような……。最初は見間違いかと思ったのだが、闘技場では俺とプケプケの2名だけが、

(;`・д・)…………

(;`・д・)…………

こんな顔で呆然と見つめ合っている。

「い、いったい何が…………」

イヤな汗を流していると、ボイスチャットからたっちーの叫び声が聞こえてきた。

「お、おい!! なんでか知らんが、突然トリにさらわれたぞ!!!(汗) な、何が起こったんだ!!? 神隠しか!!!?」

連れ去られた本人も、理由がわからないらしい。となれば考えても仕方がないので、

「よ、よくわからんが……いまのは忘れて、練習を続けるかね……」

俺はそう言って、再び闘技大会01を貼ったのであった。

そしてこの事件以降、目に見えてタイムが向上してしまった。手痛いミスをしたと思っても、結果は前日までの最速タイムをはるかに凌ぐもので、自分たちで驚いてしまったほどだ。

いったい何が原因で、ここまでタイムがよくなったのだろうか? 思いつくことは、ひとつしかなかった。震え声で、俺が言う。

「も、もしかして、さっき連れ去られたとき……オメー、誰かに魔改造されて戻ってきたのでは!!?」

たっちーが「ええええ!!?」と素っ頓狂な声を出した。

「な、なるほどー!! 確かに、それくらいの効果は出てる!! わし、キャトルミューティレーションされて、モンハンサイボーグになって戻ってきたんや!!!」

その後も、「いやぁ、よかったなぁ^^」「魔改造最高^^^^」なんてホクホク顔で練習を続行。連れ去り効果はテキメンで、好タイムを連発するようになったのでした。

そんな、数日後。

いつものように練習をしていたとき、ふと、所持アイテムにモドリ玉があることに気がついた。

「ほう、モドリ玉か。コレ、なんで持ってるんだろう?」

不思議に思いつつ、討伐完了後に「えい!」と使用してみた。すると……。

バサバサバサバサッ!!!!

煙に包まれたハンターを、翼竜がバサバサとさらってスタート地点に……。俺は「あ……!」と合点して、たっちーに告げた。

「お、おい! つぎにクエスト終わったら、モドリ玉使ってみろ!!」

するとたっちーは、「え? まあ、いいけど」と言って再びクエストを受注。そして、プケプケを討伐したところでモドリ玉を使ったのだろう。バサバサと翼竜に連れ去られていった。すぐに響く、たっちーの声……。

「うわああああ!!! 連れ去りの正体わかったぁぁああああ!!!! 焦ってモドリ玉使っただけだったんやぁああああ!!!」

幽霊の 正体見たり 枯れ尾花−−。

魔改造の原因がわかって以降……。

タイムは、悪いときに戻った……。

【逆鱗日和ワールド 番外編(その2)】オトモアイルー3D!(←NEW!)

【逆鱗日和ワールド 番外編(その1)】“るーさんアイルー”を作れ!

第28回

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧