1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 逆鱗日和ワールド>
  4. 【逆鱗日和ワールド】第25回:憧れのあの子

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

【逆鱗日和ワールド】第25回:憧れのあの子

2018-03-19 19:58 投稿

集会エリアにいる、4人の受付嬢

狩王決定戦2018の詳細が発表されたのを受けて、我が“こっそり逆鱗日和”チームも始動した。前回の記事の最後で俺の体たらくにちょっと触れたが、

「これではアカン!!」

と危機感を覚え、この週末に個人練習をがんばったことで、闘技大会01のプケプケ討伐ソロで3分30秒くらいで回せるようになった。……まあ聞くところによると、ソロでもSランク(2分30秒以内)を出せるみたいなので、このくらいのタイムは“端緒についたところ”意外のナニモノでもないのだろう。ここから立ち回りをじっくりと煮詰め、細かなミスを消していくことで、達人のみが踏み込める領域が見えてくるに違いない。

さて、そんな闘技大会のクエストを受けるには、アステラの最上階にある集会エリアに行く必要がある。ここには闘技大会の受付のほかに、サークル管理所集会エリアのクエストカウンター物資補給所食事場、そしてマイハウスへの入り口などいろいろな施設があるのは、ハンター諸君にはすっかりおなじみであろう。

各施設にはそれぞれ、受付嬢が配置されている。彼女たちに案内されるままにボタンをポンポンと押すことで、ときに闘技大会に、ときに協力プレイに、ときにアイテム購入へとなだれ込むことができるのだ。そういう意味では、ハンター生活の重要ポイントを押さえているのは受付嬢ということになり、彼女たちの機嫌を損ねようものなら、回復薬は買えないわクエストには出られないわで「ハンター稼業、廃業の危機!」なんてことになりかねないのである。

ちなみに集会エリアには、4人の受付嬢がいる。きっと名前があるのだろうが、残念ながら俺はまだ、本名を聞けるほど仲良くなってはいない。なので便宜的に服の色で、紫さん(サークル管理所)ピンクちゃん(クエストカウンター)青さん(闘技大会)緑ちゃん(物資補給所)と呼んでいるのだが、この場所に来たほとんどの男性ハンター諸君は、仲間とつぎのような会話をしたに違いない。

「なあなあ! どの子がいちばんかわいいと思う!?」

さらに、血気盛んな若者であれば、つぎのように踏み込んだはずだ。

「いっせーの、せっ! で指で指そうぜ!!」

まだ20代のころ、俺が毎日買っていた週刊誌(もちろん、曜日によって買う雑誌は違う)を中目黒目黒がパラパラとめくり、若手記者を何人か集めて、

「この見開きに写っている女優さんで、いちばん好みな人は!? いっせーの、せ!!」

なんてやっていたことを思い出すではないか。

集会エリアにいる4名の受付嬢を対象に同じことをしたら、おそらく一番人気となるのは、クエストカウンターにいるピンクちゃんだろう。

この子、本当にかわいい。

プラチナブロンドのポニーテールという、ヒロインになるために生まれてきたのではと思いたくなるパーツが奢られていて、ピンクの制服にひと際映えている。さらに、その仕草がいちいち秀逸で、思わず、

「この子を作った人は、本当にわかっている!!」

と、ひざを叩きたくなってしまうのである。

俺がもっとも心ときめくのは、カウンターに並んでいるビアジョッキをピンクちゃんが拭いているときだ。この瞬間に声を掛けると、彼女はジョッキを手に持ったままニッコリと笑って、顔だけハンターのほうに向けてくれるのである!!(大興奮) 具体的には……あまりにもかわいいので、がんばって写真撮っちまったよw

600

ここ!! このシーン!!! この一瞬が見たいがために、俺は彼女がジョッキの作業をするまでカウンターの前でボーッとたたずんでいたりする。我ながらたいへん気持ち悪いと思うが、男なんてこんなものなのだ。

ちなみに、最近までほとんどしゃべりかけたことがなかったのだが、物資補給所の緑ちゃんも相当なかわいこちゃんであった。ピンクちゃんがヒロインタイプのお嬢様とすれば、ショートカットの彼女は活発なスポーツウーマンタイプ。実際、その口調に飾らない人柄が出ていて、ハンターに対してもタメ口で話すのだ(同じ5期団の同級生らしいので、さもありなんだが)。それがまた、幼馴染の女の子的な距離の近さを感じさせてくれて、俺は再び、

「この子を作った人は、本当にわかっている!!!」

と快哉を叫んだのであった。

……てなことを、闘技大会の練習をしていた相方のたっちーに力説した。

「推しはピンク!! 僅差で緑っ!!!」

と。するとたっちーはしばしのあいだ、

「何言ってんだコイツは……」

と軽蔑光線を照射していたが、改めて4人の受付嬢を巡ってからこんなことを言ったではないか。

「いちばんいい子は、闘技大会の受付嬢やろ。クールなまなざしの向こうに、心根の優しさが透けて見えるで。ふだんはツンとした感じやけど、迷子を見つけたら率先して駆け寄っていって、いっしょにお母さんを捜してあげるタイプや。わしにはわかる!!」

奥深すぎかよ……。

おしまい。

【逆鱗日和ワールド 番外編(その2)】オトモアイルー3D!(←NEW!)

【逆鱗日和ワールド 番外編(その1)】“るーさんアイルー”を作れ!

第24回第26回

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧