シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【シャドウバース】RAGE前回覇者Enju選手、初代覇者ま選手に直撃取材!ランクマ使用デッキレシピも公開

シャドウバースの攻略記事

【シャドウバース】RAGE前回覇者Enju選手、初代覇者ま選手に直撃取材!ランクマ使用デッキレシピも公開

2017-07-19 20:27 更新

前回覇者、初代覇者が注目するRAGE Vol.5の注目クラスは?

『シャドウバース』の国内大会史上、過去最高の規模で行われる“RAGE Shadowverse Wonderland Dreams”(RAGE Vol.5)のエントリー締切が7月21日23時59分と迫ってきている。

【大会エントリーはこちら】

エントリー期間:2017年7月7日12時~7月21日23時59分
募集人数:大阪予選2000名/東京予選3000名 計5000名
参加費:無料
※エントリー多数となった場合抽選、抽選結果は7月下旬に告知。

今大会は前回から大きく規模が拡大し、東京、大阪予選計5000名の出場枠が用意され、決勝の舞台も東京ビッグサイトに。予選はこれまで以上に熾烈を極め、決勝は華やかさを増しつつも、とてつもない緊張感に包まれることは間違いない。

そんな中、すでに大舞台に立ち頂点を極めた経験を持つRAGE優勝者のふたりは本大会をどう捉え、史上初の2冠について何を思っているのか。それぞれにインタビューを行った。

RAGE Shadowverse Tempest of the Gods 優勝
Enju選手

Enju

――大会に優勝して身のまわりで起きた変化はありますか?

周りの友達とはずっと『シャドバ』をいっしょにプレイしていたのですが、大会に出るほどやり込んでいる人はいなかったんです。でもRAGEでの私の試合を見てからみんなモチベーションが上がったみたいで「つぎのRAGEはいっしょに参加したいから『シャドバ』を教えてほしい」と言ってもらえたのはとてもうれしかったです。

――1日のプレイ時間、平均試合数どれくらいですか?

気分でプレイしているのでまちまちですが、おそらく3、4時間くらいで平均試合数は20戦ほどだと思います。ですが、前回のGRAND FINALS直前はプレイしていない時もリーダー選択やデッキ構築についてずっと考えていました。

――今大会で注目しているクラスとカード、およびその理由。

ドラゴンに注目しています。ワンダーランド・ドリームズ環境では以前ほどの圧倒的な力は見えにくいかもしれませんが、PP加速することによって強力なカードを採用しやすく、カード採用の幅が広いのでどんな環境になっても構築次第で柔軟に対応して行くことができるポテンシャルを持っているからです。

注目しているカードは不思議の探求者・アリスです。このカードはニュートラルということもあり、どのリーダーに採用しても活躍してくる汎用性の高いカードなので、デッキ構築の幅を広げてくれるカードだと思います。そして効果が非常に強力でつぎのRAGEではキーカードになるのではと考えています。

――今回はRAGE、ファミ通CUP上位8名にシード権が与えられますが、戦ってみたい選手は?

歴代の王者の方たちとも戦ってみたいと思っていますし、RAGE Vol.4で戦うことがなかったファイナリストの方とも戦ってみたいと思っています。

――大会デッキを構築する際、何に重きを置き調整を行いますか?

どんなデッキと戦うことになるのかを考えて、それに対して有利に戦うことのできるように構築します。

――RAGE初の2冠も期待されますが、今大会への意気込みをお願いします!

2連覇できるよう自分の力を出し切って頑張りたいと思います。

――願掛けはありますか?

願掛けは特にありません。ただ勝つことだけを考えています。

――現在ランクマッチで使っているデッキレシピと調整のポイントは?

とにかく“昏き底より出でる者”に直接攻撃させないことが大切だと思っているので、守護を多めに採用してヴァンパイアの猛攻から身を守りつつ、盤面を制圧して勝つように意識した構築にしています。特にグリムリーパーとラハブは横並べし易いコストで、豪拳の用心棒や緋色の剣士、アルカードなどに対して進化権を使うか他のカードと合わせないと突破されない体力なので重宝します。

ウロボロスと咆哮はいちばん数の多いヴァンパアに対してあまり有効ではないのですが、それ以外のデッキに対して有効に働き、2枚は引きたくないカードなので1枚採用にしています。

――現状、ニュートラルヴァンプが猛威を振るっていますが、その対策方法は?

フィニッシャーである昏き底より出でる者の登場ターンまでに盤面を作ったり、守護を立てるなどして昏き底より出でる者に直接攻撃をさせないように立ち回ることが大切だと思います。

Enju選手のドラゴンデッキ

enjuドラゴンデッキ
必要レッドエーテル数:65,150
【デッキコード発行はこちら】

RAGE vol.3 Shadowverse 優勝
ま選手

――大会に優勝して身のまわりで起きた変化はありますか?

特に大きな変化はありません。知人からCM見たとの連絡があった程度です(笑)。

▼ま選手出演CM

――1日のプレイ時間、平均試合数どれくらいですか?

平日1~2時間 10試合ほど。休日3時間前後 20試合ほどです。

――今大会で注目しているクラスとカード、およびその理由

ネクロマンサーと魔将軍・ヘクターです。

前環境のトップメタであった魔将軍・ヘクターを主軸に据えたネクロマンサーですが、今環境では以前の勢いはなりをひそめています。十分なポテンシャルを秘めた旧型のネクロマンサーがどこまで新環境で抗えるか注目しています。

――今回はRAGE、ファミ通CUP上位8名にシード権が与えられますが、戦ってみたい選手は?

どの選手が相手でも自分のベストを尽くせるよう頑張るだけですが、大型大会で2回対戦したことがある屈辱の決闘者選手とは、またいつか対戦する気がします。

――大会デッキを構築する際、何に重きを置き調整を行いますか?

「使いやすさ」を重視しています。自分の中で用途やマリガンの優先度が明確な構成になるよう調整しています。

――RAGE初の2冠も期待されますが、本大会への意気込みをお願いします!

カードゲームで勝ち続けるのは非常に難しいことですが、それゆえに2冠の価値は大きいものです。応援してくださっている方々に応えることができるよう、2冠を目指して頑張ります!

――願掛けはありますか?

願掛けとは少し違いますが、大事な試合前には甘いものを食べるようにしています。

――現在ランクマッチで使っているデッキレシピと調整のポイントは?

ビショップ、エルフ、ヴァンパイア。いずれもトップメタのニュートラルヴァンパイアを意識した調整をしています。

――現状、ニュートラルヴァンプが猛威を振るっていますが、その対策方法は?

対策方法は、構築レベルでは2ターン目に置かれたトーヴに対する回答を複数デッキに用意することで、プレイングレベルでは5ターン目にエンハンスのバフォメットを置けない盤面を作ることです。

ま選手のヴァンパイアデッキ

ま選手ヴァンパイア
必要レッドエーテル数:29,250
【デッキコード発行はこちら】

ま選手のビショップデッキ

ま選手ビショップ
必要レッドエーテル数:29,800
【デッキコード発行はこちら】

シャドウバース

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://shadowverse.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る