1. サイトTOP>
  2. 【新作】バクバク食べて音を奏でる『パックマン』ステージ&楽曲制作アプリ『パックチューン』

【新作】バクバク食べて音を奏でる『パックマン』ステージ&楽曲制作アプリ『パックチューン』

2016-07-12 13:05 投稿

『パックマン』のステージと音楽を思いのままに!

エンキューは2016年7月12日、スマホアプリ『PAC-TUNE(パックチューン)』iPhone版の配信を開始した。価格は通常360円[税込]。リリース後1ヵ月間は120円[税込]で購入可能。なお、Android版については8月下旬の配信を予定している。

パックチューン

本作は、バンダイナムコエンターテインメントが実施する”カタログIPオープン化プロジェクト”の関連作品で、『パックマン』のオリジナルステージを作ったりて遊ぶことができるゲームだ。

“カタログIPオープン化プロジェクト”で懐かしい作品が蘇る

ステージには食べると音が鳴る“クッキー”と呼ばれるアイテムを配置可能。さまざまな音階のクッキーを作曲するようにステージに配置することで、プレイが上手くいけばひとつの曲になるというようなステージが作れるのが最大の特徴。

パックチューン (2)

つくるモードでは誰でも手軽に曲を作れるシステムを搭載しているほか、“アクセントメロディ”や“ピアノロール”など、専門知識が実力に繋がるかなり奥深い8bit音楽の作り込みも可能になっている。

本作に使用されている8bit音源は、1980年代当時のサウンドデザイナー禎清宏氏監修のもとに作られたPSGサウンドだというところもポイントだ。

パックチューン
パックチューン (2)
パックチューン (4)

ステージ数・曲数は、無限大!

作ったステージは、facebookやtwitterなどのSNSにボタンひとつで公開することが可能。プレイ動画も簡単に撮影できるので、プレイの様子をYouTubeやSNSにアップすることもできます。

自分のステージをお披露目したり、ほかのユーザーが作ったステージで遊んだり、楽しみかたはプレイヤーしだい!

パックチューン (3)
パックチューン (5)
パックチューン (6)

▼カタログIPオープン化プロジェクト関連記事
バンダイナムコゲームスが全17のIPをオープン化
名作シューティングが復活『ゼビウス ガンプの謎はすべて解けた!?』
ファミコン時代のクリエイターが作る『タッチ・ザ・マッピー』
『ワギャン しりとりで勝負だ!』家族で楽しめる“裏読み”システムも
『Mega Run meets パックマン』横スクロールランアクションでゴールを目指そう

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日更新午後3時
に更新中

編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

PAC-TUNE(パックチューン)

ジャンル
ゲーム型8bitサウンドメーカー
メーカー
エンキュー(enqueue)
価格
360円[税込](リリースより1ヵ月間は120円[税込])
対応機種
iOS、Android(8月下旬配信予定)
備考
「カタログIPオープン化プロジェクト」とは、バンダイ・ナムコ統合10周年記念企画として、株式会社バンダイナムコエンターテインメントが実施している、ネットワークエンターテインメントのさらなる事業領域の拡大を目的とした取り組みです。クリエイター登録することで、カタログIP(同社保有のオリジナルIP)21タイトルを使った二次創作が、デジタルコンテンツの領域において可能となります。参加には、クリエイター登録が必要です。作品の公開は日本国内のみとなります。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧