1. サイトTOP>
  2. スマホMOBA『Vainglory(ベイングローリー)』配信から1年、日本ユーザーの平均プレイ時間は世界最長

スマホMOBA『Vainglory(ベイングローリー)』配信から1年、日本ユーザーの平均プレイ時間は世界最長

2016-04-08 13:08 投稿

4月10日、1周年。

スマホアプリ『Vainglory(ベイングローリー)』を開発・運営するSuper Evil Megacorpは、同作が2016年4月10日に日本サービス開始から1周年を迎えるにあたり、約1年の統計データを一部公開した。

vainglory-logo_Japanese
SuperEvilMegacorp

日本ユーザーの平均プレイ時間は世界最長

日本国内ユーザーの『Vainglory』の平均プレイ時間は、世界最長の1日平均125分。ゲーム実況配信の成長もめざましく、配信サイトTwitchを用いた今年2月の月間合計視聴時間は、昨年4月時点の24倍である9万時間を記録。1年間の総合計視聴時間は62万時間にもなるとのこと。

Japan infographic
▲“キャサリン”、“リンゴ”、“アーダン”が人気。

また、2016年1月にCyberZが主催した『Vainglory』のe-Sports大会“RAGE”は、“OPENREC.tv”内での過去最高視聴者数を記録した。

賞金総額200万!次世代型e-Sports“RAGE”第1回大会『ベイングローリー』頂上決戦

RAGE
▲e-Sports大会“RAGE”の様子。

ユーザーへの後押し

こうした影響を受け、同社では実況配信者を対象としたコンテストや、一般ユーザー主催のオフ会応援プログラムを実施している。

春の『Vainglory』配信コンテスト

開催期間
2016年4月8日~22日まで

ニコニコ生放送、Twitch、Kamcord、Openrec、Mirrativほかを対象に、『Vainglory』を実況配信することでエントリー。協賛ヘッドフォンやTシャツ、サングラスなど、豪華賞品が用意されている。

“はじめての『Vainglory』配信”を対象とした賞もあり、今から始めても遅くない。

コンテスト詳細をチェック

オフ会支援プログラム

この1年で、東京をはじめ大阪、愛知、福岡、福井など、日本全国でユーザー主催のオフ会が開催されている。これを後押しするため、ディー・エヌ・エーが配信するゲーム配信アプリ『Mirrativ』協力のもと、『Vainglory』×『Mirrativ』オフ会支援プログラムが実施される。

オフ会主催者はフォームに沿って事前にオフ会の予定を知らせ、運営事務局より抽選で支援が決定する。

当選したオフ会は、Tシャツやステッカー、ここでしか手に入らない特別グッズが贈られるほか、両公式Twitterがオフ会を告知、主催者は一定期間『Mirrativ』アプリ内にて公認アイコンが付与される。

オフ会支援プログラムに今すぐ応募

tumblr_inline_o22ebwrQ6e1te8ihc_1280
▲『Vainglory』×『Mirrativ』コラボTシャツゲットのチャンス。

ユン・テウォン氏よりコメント

Super Evil Megacorpのアジア太平洋ジェネラル・マネージャーのユン・テウォン氏よりコメントが届いている。

私を含め、Super Evil Megacorpの社員の多くは日本のゲームやアニメに慣れ親しんでおり、リンゴやタカといった日本文化に影響を受けたヒーローがゲーム内にも登場します。この度、Vaingloryが日本で一周年を迎え、活発なコミュニティが成長し続けていることはとても光栄です。Vaingloryは配信開始当初から世界中のコミュニティとともに成長し続けてきましたし、これからも皆さまと歩み続けたいと思っています。
リリース文より抜粋。

[関連記事]
『ベイングローリー』のSEMC社ジェネラル・マネージャーに訊くe-Sports“RAGE”
【TGS2015】スタンスミスによる『ベイングローリー』で勃発した美女6人のガチバトル
本格MOBAアプリ『ベイングローリー』がAppleデザインアワードを受賞

Vainglory

メーカー
Super Evil Megacorp
配信日
配信中
価格
無料(アイテム課金あり)
対応機種
iOS、Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧