1. サイトTOP>
  2. 【TGS2014】『ヱヴァンゲリヲン バトルミッション』の詳細がついに判明! ”ブシモラインナップ発表会”リポート

【TGS2014】『ヱヴァンゲリヲン バトルミッション』の詳細がついに判明! ”ブシモラインナップ発表会”リポート

2014-09-18 23:00 投稿

略して『バトエヴァ』!

東京ゲームショウ2014ビジネスデー初日の9月18日、14時からブシロードブースにて、”ブシモラインナップ発表会”と銘打って2014年秋の最新情報が公開された。

この中では、2013年の東京ゲームショウで発表され話題となった、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を題材としたパズルRPG『ヱヴァンゲリヲン バトルミッション』(以下『バトエヴァ』)の詳細が長い沈黙を破ってついに公開! 本稿では『バトエヴァ』の情報と新発表があったタイトルを中心に、発表 会の模様をダイジェストでお届けしよう。

『バトエヴァ』公式サイト:http://eva.bushimo.jp

▲司会は声優の森嶋秀太さんが担当。また、”こども店長”(略して”こどてん”)の愛称でファンが急増中の、ブシロード取締役兼事業開発本部長の広瀬和彦氏が各タイトルの紹介を行った。

3Dモデルの使徒と戦え!『ヱヴァンゲリヲン バトルミッション』いよいよロールアウト!

『バトエヴァ』については本日公開されたゲームPVに続き、ゲームの概要に関する説明が行われた。ゲームの紹介にあたり、共同開発を行っている株式会社Donutsの平山和人氏が登壇。謎に包まれていたゲームシステムについての解説を行った。

『バトエヴァ』の事前登録はこちらから

 
 
▲株式会社Donuts平山和人氏。新劇場版『エヴァ』の第6使徒ラミエルのかぶり物を装着して登場!
 
▲平山氏のラミエルを森嶋さんがいじっている間に、広瀬氏も昨年装着していたTV版第7使徒イスラフェルのかぶり物で登場。ちなみにどちらも声優の徳井青空さんの手作りだそうだ。

本作『バトエヴァ』は、3Dで緻密に再現された使徒と戦うバトルRPG。シンジやアスカ、レイ、マリ、カヲル、ゲンドウ(!)などのカードでチームを編成し てミッションに挑み、タッチ操作で同色のブロックをなぞって消していくパズルアクションだ。

戦闘はリアルタイムに進行、戦闘中使徒がぐりぐりと滑らかに動 くのが特徴。その見た目とリアルタイムバトルのテンポ感は、アニメの戦闘シーンを彷彿とさせる手に汗握るものとなっている。

 
▲同じ色のブロックをなぞって消し、使徒にダメージを与えていく。テンポのよさを重視しているようでアクション性が高く、一気にたくさんのブロックを消せると爽快感抜群。

このブロックには周囲のブロックを一度に消すボムのようなもののほか、なぞることでは消すことができず隣接するブロックを消すことで同時に消せるものや、体力を回復させるものなど、さまざまなバリエーションがある。

展開のスピーディーさと相まって一瞬の判断力がかなり試されるゲーム性になっているようだ。

なお、ブロックを消 すごとに画面左下のシンクロ率が上がっていき、これがユニットのスキル発動などに影響する。TGSバージョンでは未実装だったのでどのような効果が発揮されるかは確認できなかったが、パワーアップしたりブロックの色を変えたりするものがあるとのこと。

 
 
 
 
 
 
 
 

▲ここで、森嶋さんが東京ゲームショウ2014特別バージョンをプレイ。

 

ゲームなのでもちろん前述の戦闘システムは重要なファクターだが、『エヴァ』というとやはりシナリオ面も気になるところ。本作のシナリオは、『ヱヴァン ゲリヲン新劇場版』をベースに、『バトエヴァ』オリジナルのストーリーが展開する。

 
▲画面には”違和感”、”あるはずのない機体”など意味深なワードが並べられており期待が高まる。
 
▲本作に登場する150枚のカードイラストはすべて描き下ろし! エヴァファンにはたまらないものとなっている。カヲルくん……(森嶋さんは右端のマリのイラストに釘付けでした)。

最後に、近日の配信に向けて“配信直前4大キャンペーン”が実施されることが発表された。ここだけの限定カードを入手するチャンスなので、忘れないように!

〈第1弾〉事前登録を行うと限定描き下ろしSRカードをプレゼント。

 

『バトエヴァ』の事前登録はこちらから

〈第2弾〉ブシモに登録しておくと、キービジュアルの限定SRカードをプレゼント。

 

〈第3弾〉11月8日発売の月刊ブシロード12月号に、レイ、アスカ、マリの描き下ろしポスターとシリアルコードが付属。

 

〈第4弾〉11月20日発売のコミック『新世紀エヴァンゲリオン』第14巻(初版のみ)にレイ&アスカの描き下ろし限定SRカードが手に入るシリアルコードが封入される。

 

ちなみに発表会中に森嶋さんがプレイした特別バージョンは、東京ゲームショウパブリックデーの20日、21日にブシロードブースで試遊することができる。プレイすると先着でオリジナルシールがもらえるとのことなので、当日はブシロードブースに足を運んでみよう。

 
▲こちらが試遊をするともらえるオリジナルステッカー。もっともサイズの大きいシールがゲンドウなところもポイントw

『バトエヴァ』公式サイト:http://eva.bushimo.jp

『バトエヴァ』公式ツイッターアカウント:@eva_bmission

『バトエヴァ』の事前登録はこちらから

既存タイトルの最新情報を一挙にチェック

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!!』

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!!』は、8月15日に300万ユーザーを達成。次期アップデートで、ブシモタイトルとして初となる2人同時プレイが実装されることが発表された。9月20日(土)の12時からブシロードブースで開催される”ブシモ放送局”にて、通信プレイが初公開されるとのこと。

また、さらなる追加情報も今月末に公開されるそうなので期待して待とう。

 
 

『カードファイト!! ヴァンガード 惑星大戦』

『カードファイト!! ヴァンガード 惑星大戦』は、今後の新展開について10月4日に発表される。「年内に大きな新展開を予定している」(広瀬氏)とのことだ。劇場版が現在公開中なだけに、どのような新展開が待ちかまえているのか気になるところ。

『禁断召喚!サモンマスター』

『禁断召喚!サモンマスター』の新シーズン”時空交錯の章”では、現在の”魔王顕現の章”でコラボ中の『戦国†恋姫』に続き、『恋姫†英雄譚』と『真・恋姫†夢想』とのコラボが決定!

 
 

『ドラゴンストライク』

『ドラゴンストライク』では、9月19日より新カード”破壊神オーガ”が登場。また、10月には新しいギルドイベントが開催される。破壊神オーガを見た森嶋さんは「非常に禍々しいですね」とコメントした。

 
 

『しろくろジョーカー』

続いて『しろくろジョーカー』の発表では、開発を担当しているプロデューサーの高橋暁広氏が登壇。簡単なタッチ操作で自分だけの城下町を作成したり、GPSの位置登録によって各地の名産品や有名建造物をゲット、さらには育てた武将を使って全国のプレイヤーと合戦が行える本作のシステムを紹介した。司会の森嶋さんはかなりのヘビーユーザーとのことなので、合戦で遭遇することができるかも?

“しろくろフェス2014″で行われた位置情報ゲームのリポートはこちらの記事で

 
▲『しろくろジョーカー』プロデューサー・高橋暁広氏。
 
▲東京ゲームショウ開催記念として、会場の幕張メッセで位置情報を登録することで、「しろくろ城」がゲットできるイベントが開催される(9月30日まで)。

“しろくろフェス2014″で行われた位置情報ゲームのリポートはこちらの記事で

▲『しろくろジョーカー』は、ブシロードブース内に作品をイメージしたコーナーが用意されている。週末遊びに来る人はチェックしてみよう。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧