数々の賞を獲得したタイトルがついに今冬配信決定!『RPGタイム~ライトの伝説~』試遊リポート【TGS2021】

2021-09-30 20:42 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

RPGタイム! ~ライトの伝説~

鉛筆で描かれる懐かしくも新しいゲームの世界!

2021年9月30日から10月3日にかけ、オンライン開催されている“東京ゲームショウ2021 オンライン”。

2度目のオンライン開催となった本イベントでは、新たに幕張メッセ会場が用意され、プレス・インフルエンサーを対象としたブース展示が行われている。

本稿ではそこで出展されていたタイトルのうち、DESKWORKSが開発を、アニプレックスがパブリッシングを手掛ける『RPGタイム! ~ライトの冒険~』(以下、『RPGタイム!』)の試遊リポートをお届けする。

00001

なお本作は、Xbox Series X|S、Xbox One、Windowsにて今冬のリリースが決定している。

今回はWindows版での試遊となったが、ファミ通Appでも何度か紹介している作品ということもあり、将来的なアプリ展開への期待も込めて紹介させていただく。


ゲームの流れとプレイ内容

まずはゲームの流れや各所のプレイフィールについて、画面写真とともにお伝えしていこう。

本作の舞台は、放課後の教室。ゲームがスタートすると、プレイヤーのもとにケンタ君がやってきて、一冊のノートを差し出してくる。

00001

このノートこそ、ゲーム大好き少年・ケンタ君が作ったゲーム。本作の副題である“ライトの冒険”とは、ケンタ君によりこのノートの中に作られたゲームのタイトルなのだ。

00002

このノートの各ページには、街やダンジョン、モンスターとの戦闘シーンなど、さまざまな情報、そしてシーンが鉛筆で描かれている。

そしてプレイヤーはゲームマスターであるケンタ君の指示のもと、各場面ごとに勇者を操作しながらゲームを進行していくことになる。

00022

求められる操作は十字キーで勇者を動かしたり、勇者の剣(に見立てた鉛筆)で敵を斬りつけたりと、場面ごとに変化。

ときには格闘ゲーム風のコマンド入力を要求されたりと、RPGというジャンルにとらわれない多様なアイデアが詰め込まれていた。ゲームを進めるほどに、ケンタ君の尽きない遊び心に感心してしまうこと請け合いだ。

00003

“小学生の放課後”を完璧に再現したグラフィック

本作の魅力のひとつは、そのグラフィックが作り出す世界観だろう。

まずゲーム内ゲームである“ライトの冒険”は、キャラクターから背景にいたるまで、すべて鉛筆描き。実写と見まごうほどの3Dグラフィックで作られたリッチなゲームでありつつも、アナログ感溢れるデザインとなっている。

このアナログ感こそが、“ゲームが好きな小学生が情熱を込めて作り上げたノート”としてこれ以上ない存在感を出している要素となっているので、ぜひとも細部まで見てほしいところだ。

00017

さらにノートの外にあるUIも見どころ。十字キーは段ボール製だし、体力ゲージはよく見ると巻き尺。行動で得た経験値はふせんに書かれていたりと、すべて小学生が調達できそうな、身の回りのもので固められている。

00024

ここまでならノスタルジックな光景にも見えそうなものだが、音楽はスマートフォンから再生されているのがおもしろいところ。

身の回りのものを利用して自作のゲームをとことん楽しもうとする、小学生としてのリアリティを追求した描写がなされている。

ケンタ君との対話が生み出す没入感

ゲームマスターであるケンタ君と対話する形で進行するゲームシステムも、没入感を高めるための雰囲気作りにひと役買っている。

たとえば“はじまりのどうくつ”というページでは、2段になった上の階層にゴールがあるのだが、最初の時点では上層にたどり着く手段が用意されていない。ゲームとしてはただ洞窟内を移動できるだけで何のイベントも起きず、先へも進まない状態。

00014

しかしここでケンタ君が消しゴムで道を消したり、鉛筆でハシゴを追加したりと、ノートの中を描き換えることでプレイヤーにゲーム的演出を提供してくれるのだ。ゲームの進捗を見つつ声をかけてくれるので、本当に対話がなされているような感覚すら覚えた。

ちなみに、このときケンタ君はハシゴについて「かっこいいのがいいか、かわいいのがいいか」とプレイヤーに尋ねてくるのだが、この回答次第で、実際に描かれるハシゴの見た目も変化するという演出も。

00026

こうしてケンタ君はノート内の状況を説明しつつ、ときにはゲームの中を描き換えながら、プレイヤーとの対話をくり返してプレイヤーを誘ってくれる。ビデオゲームでありながらも、テーブルトークRPG的なインタラクティブ性を感じさせる作りになっているのだ。

“放課後の教室で自作のゲームを遊ぶ小学生”になりきることで、“ライトの冒険”というゲーム内ゲームも、より楽しく、先の気になるゲームとなっていく。『RPGタイム!』は、そんな変わった構造の作品となっていた。

また本作をプレイした際に、童心に返るかのような、もしくは幼いころに感じたワクワクが蘇ってくるような不思議な感覚が呼び起こされたという点も印象的だった。本作で得られる、ファンタジー世界を冒険するのとはまた異なるワクワクは、ぜひ読者諸兄にも味わってもらいたい。

アプリ版の展開にも期待!

今回はわずか15分の試遊だったが、それでもかなり熱中してゲームをプレイすることができた。これはやはり細部まで作り込まれた独自のビジュアルと、ケンタ君のキャラクター性の強さによるところが大きいだろう。

冒頭に述べたとおり、現時点ではアプリ版のリリースに関するアナウンスはない。しかし当初はタブレット端末でのリリースを前提に開発されていたということもあり、タッチパネルで遊べばまた少し違ったプレイ体験が得られるはず。アプリ版のリリースも楽しみに待ちたいところだ。

⇒DESKWORKS公式サイト

RPGタイム! ~ライトの伝説~

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
公式サイトhttp://deskworks.jp/
配信日配信日未定

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧