1. サイトTOP>
  2. 『少女☆歌劇 レヴュースタァライト −Re LIVE−』新衣裳情報に実機プレイ紹介! スペシャルステージ①リポート【TGS2018】

『少女☆歌劇 レヴュースタァライト −Re LIVE−』新衣裳情報に実機プレイ紹介! スペシャルステージ①リポート【TGS2018】

2018-09-21 17:30 投稿

『スタリラ』ホカホカ情報お披露目!

sr_30

2018年9月20日~9月23日の4日間、千葉・幕張メッセで開催中のイベント“東京ゲームショウ 2018”。本イベントのブシロードブースにて実施された“少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE- TGS2018 スペシャルステージ①”の模様をお届けしていく。

【ステージ登壇者】
・野本ほたる(雪代晶役)
・尾崎由香(鳳ミチル役)
・尾関高志(『スタリラ』プロデューサー)

sr_25sr_26

▲左:野本ほたるさん。右:尾崎由香さん

sr_02

ステージが始まると改めて『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』のこれまでの歩み(ミュージカル、アニメなど)について紹介された。その後、尾関氏の進行および野本さん、尾崎さんの実機プレイを交えた『スタリラ』の紹介へ。

ホーム画面から舞台少女たちと触れ合える

sr_06

まずはホーム画面について。本作のホームには、設定した舞台少女たちがはLive2Dで映し出され、特定の間隔ならびにタップすることで話始めてくれる。

本作から新たに登場する凛明館女学校、フロンティア芸術学校、そして、登壇したふたりが演じる舞台少女の所属校、シークフェルト音楽学院の3校に関しては、ホーム画面のトークで各舞台少女の一面が垣間見れることだろう。

なお、Live2Dはストーリーパートや育成画面などでも採用されているので、ヌルヌル動き、反応する彼女たちが楽しめそうだ。

レヴューパートのフィニッシュACTに出演者大興奮

sr_07

続いて、本作のバトル要素“レヴューパート”の説明へ。レヴューパートへはホーム画面の“ステージ”から進むことが可能。ちなみに、ステージで進めていく物語はメインとスクールの2種類が用意されていることが明らかとなった。

・メイン:舞台少女たちが歩み『スタリラ』ならではの完全新作ストーリー。

・スクール:各学校をピックアップして描かれる物語。こちらも完全新作のものとなっている。

■属性に気を付けて編成

本作には属性が7種類(花、風、雪、月、宙、雲、夢)用意されている。属性が優位に働くと敵に与えるダメージ量が増加したり、敵から受けるダメージ量の減少につながるのでしっかり見極めていきたい。

sr_09
sr_27sr_28

▲バトルにも興味津々のふたり。尾関氏のアドバイスを耳に入れながらも黙々とバトルを進めていた。

■クライマックスレヴューとフィニッシュACTで戦いを決めよう

レヴューパートの切り札として用意されているクライマックスレヴューとフィニッシュACT。クライマックスレヴューは各舞台少女のキラめきゲージが満タンになると使用可能となっており、編成時に設定した楽曲がBGMとして流れる中、各々の“クライマックスACT”が発動。

敵にダメージを与えたり、仲間にバフを付与したりといった効果が発揮される。対してフィニッシュACTとは、クライマックスレヴューをふたり以上で発動するときのみ発動する切り札のような攻撃となっている。

sr_11
sr_12

ステージ上では、クライマックスレヴュー時の画面変化、さらにはフィニッシュACTを見て、そのド派手な演出に野本さんも尾崎さんも驚きを顕わにしていた。

sr_29

▼関連記事

絆レベルを上げて舞台少女たちと仲良くなろう

sr_13

本作ではスライドに記載されている通り、現段階で4種類の育成要素が用意されている。ステージ上ではこの中から“絆ストーリー”についての紹介が行われた。絆を上昇させるにはアイテムをプレゼントする必要があるという尾関氏に従い、野本さんと尾崎さんは効果最大と思われる花束をプレゼントすることに……。

すると会釈とともに絆レベルが一定量上昇。この絆レベルが一定値に達すると限定ストーリーやLive2Dによる反応に変化が生じると語る尾関氏。どのように変化するかについては、リリース後にその目で確認してもらいたい。

マイシアターで楽曲チェックが可能!

sr_14

自分好みにカスタマイズして着飾ることができる“マイシアター”という要素についても紹介された。このとき、マイシアター内に設置されていたピアノをタップすると本作に収録されている楽曲が映し出されていた。どうやらピアノに触れることで収録楽曲を自由に聴くことができるとのことだ。

しかも、このタイミングで本作に収録されるというシークフェルト音楽学院の新曲“プラチナ・フォルテ”が紹介され、会場は歓声につつまれていた。

sr_15

舞台少女たちの記憶がつまったメモワール

sr_16

編成時に舞台少女に設定できるのが、このメモワール。さまざまな場面を写真に収めたような作りになっており、舞台少女の能力向上にひと役かう。意外な一面がメモワールで描かれているかもしれないので、メモワール収集にも精が出そうだ。

なお、今回のステージでは本作から登場する各学校のメンバーたちが描かれたメモワールも、以下のように紹介されていた。これらのメモワールに野本さん、尾関さんは「あるると晶がセクシー」とコメント。

sr_17

【最新情報】舞台少女たちはさまざまな衣裳を身にまとう!

sr_18
sr_19

ステージ終盤では本作の最新情報が明らかに。愛城華恋、神楽ひかり、雪代晶、鳳ミチルの4人の通常とは異なる衣裳(華恋とひかりは騎士Ver.、晶とミチルは女神Ver.)のイラストが映し出された。尾関氏曰く、アニメ版やすでに発表済みの彼女たちの衣裳以外にも舞台で役を演じる彼女たちの衣裳は多数用意されるという。

sr_20
sr_21

さらに、衣裳が変わればホーム画面、レヴューパート、マイシアターなどで映し出される彼女たちの見た目も変化。しかも、ボイス内容まで新規のものが使われるというコレクション魂に火が付きそうな仕様となっている。入手方法などについては、続報に期待してもらえればと思う。

TGS2018にて2回目のステージ実施&『スタリラ』特番放送決定!

最後は今後実施予定のステージ情報および特番について、以下のように発表された。一般デーのほうでは今回のキャストふたりに加え、小山百代さん、生田輝さんも登壇するとのこと。

特番の方では、『スタリラ』の予習と題し、キャストによるゲームプレイに加え、キャストインタビューも放送されるという。両方とも見逃し厳禁だ。

sr_24
sr_23

少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
メーカーブシロード
公式サイトhttps://revuestarlight.bushimo.jp/preregistration/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧