1. サイトTOP>
  2. 『ポケモンGO』横須賀に地域限定ポケモン出現!!初日のサファリゾーン体験リポート

『ポケモンGO』横須賀に地域限定ポケモン出現!!初日のサファリゾーン体験リポート

2018-08-30 15:10 投稿

全国のトレーナーが横須賀に大集合

2017年に横浜みなとみらいで実施されたポケモンとナイアンティックによる『ポケモンGO』イベント“Pokemon GOPARK”や“Pokemon GO STADIUM”は、200万人以上のトレーナーが集結。1億2000万匹以上のポケモンを捕まえる大規模なイベントになった。

そして2018年の今年は舞台を横須賀に移し、事前応募抽選制のイベント“Pokemon GO Safari Zone in YOKOSUKA”として8月29日から9月2日に開催されることになった。

本記事では初日の様子をライターの深津庵がリポートするぞ!!

pokegoyoko00

イベントの見どころ
●散策しやすくお手軽なヴェルニー公園
●巨大戦艦が停泊している三笠公園
●ホットスポットなくりはま花の国

散策しやすくお手軽なヴェルニー公園

横須賀駅から徒歩数分の場所にあるヴェルニー公園は約2000本のバラ(見どころは5月から6月)が植栽された横須賀港を眺めながら散策できる大きな公園だ。

初日の8月29日は園内の特設ステージでピカチュウとイーブイを交えた上地克明市長の挨拶から始まり、その周囲ではチェックインを済ませた多くのトレーナーが、控えめに言ってかわいい彼らの姿に癒された。

pokegoyoko01書き込み
pokegoyoko02書き込み

今回のイベントはサファリゾーンと呼ばれる3つの会場に分かれ、ゾーンに応じて出現するポケモンの傾向が異なることが告知。このヴェルニー公園ではラルトル、キャモメ、ナマケロ、アチャモが多く、それに加えてアンノーン、アフリカ大陸限定のトロピウスがそこら中に出現していた。

pokegoyoko03書き込みpokegoyoko04書き込み

さらに、当イベントに合わせてスペシャルリサーチも発生。サファリゾーンに多数出現するダンバルやラルトスなどを捕獲するタスクをこなし、すべてを達成したら10万個の”ほしのすな”を獲得することができた。

ぜひ、それに気づかずふつうに獲得してしまった筆者の分まで、“ほしのかけら”を使って1.5倍に増やしてガッツリいただいちゃおう!!

pokegoyoko05書き込みpokegoyoko06書き込み

待望のトロピウスに大興奮の筆者はこの日のためにポケモンボックスを500ほど確保。先ほど例にあげたレアポケモンたちを片っ端から捕獲してやろうと貪欲に歩き回る。

もちろん取材で来ているので周囲の様子も撮影しながらなのだが、もうそんな暇を与えてくれないくらいつぎつぎと現れるトロピウスたち(最終的に80匹以上捕獲)。

仕事モード全開のはずが周囲の盛り上がりもあって、開始数分後にはトレーナーモードにシフトチェンジしていた。

pokegoyoko07書き込み
pokegoyoko08書き込み

横須賀港に沿って歩く直線的なルートなので散策もしやすく、ポケモンも絶え間なく出現するので駆けまわったりする必要もない。のんびり周囲の景色を楽しみながらサファリゾーンに挑むことができた。

歩きスマホで迷惑をかけるトレーナーの姿もほとんどなく、各自適当な場所に座るか、自然にできていた人の流れに合わせて周回するトレーナーが多くてとてもよかったぞ。

pokegoyoko09書き込み
pokegoyoko10書き込み

巨大戦艦が停泊している三笠公園

サファリゾーンのひとつ三笠公園は、日本の都市公園100選にも選ばれている場所で、大日本帝国海軍の戦艦”三笠”が保存公開されている。

ここではトロピウスやアンノーンのほか、おもにダンバルやナマケロの姿が多くみられた。

pokegoyoko11書き込みpokegoyoko12書き込み
pokegoyoko13書き込み

ヴェルニー公園から徒歩圏内ということでスカジャン発祥の地として有名な“どぶ板通り”を歩いてきたのだが、その道中を含む多くの場面でヒンバスやキバニア、キャモメも大量に出現していたのが印象的だった。

これは当イベント期間中全国で多く出現している対象のポケモンなのだが、その数の多さは海に面した横須賀だからなのか、それとも全国的にそうなのか気になるところ。

横須賀に訪れるトレーナーは周囲に気をつけながら、3つのサファリゾーンを結ぶ導線にも注目してみるといいぞ。

pokegoyoko14書き込み
pokegoyoko15書き込み
pokegoyoko16書き込み

ホットスポットなくりはま花の国

今回のイベント中もっとも遠い場所にあるサファリゾーン“くりはま花の国”は、色とりどりの花が咲く庭園やスポーツ施設、ハーブ園などを完備した横須賀市立の都市公園。

きっと多くのトレーナーがいくべきか悩んでしまうだろうが、ここは全国に大量発生している対象のポケモンすべてを狙うことができる魅惑のゾーン。施設内を巡回しているフラワートレイン&バス(大人210円・子ども100円)を使って大自然に囲まれた施設を行き来することもできる見どころが詰まった最高の場所なのだ。

pokegoyoko17書き込みpokegoyoko18書き込み
pokegoyoko19書き込み
pokegoyoko20書き込み

また、冒険ランドというスポットに設営されている巨大なゴジラの滑り台にはおもしろいエピソードがある。

これはもともと1作目において最初に上陸したのが久里浜から近い観音崎のたたら浜にあったのだが老朽化によって1973年に撤去。その後、復活を望む声を受けてさまざまな運動が行われ、1999年現在の場所に誕生したものなのだ。

pokegoyoko21書き込み
pokegoyoko22書き込み
pokegoyoko23書き込み

なお、今回のサファリゾーンにあるポケストップには、起動時に表示されてきた歴代のイラストが描かれているものが多数存在している。

それを見て懐かしむのもいいのだが、イラストのついたギフトが入手できる点もうれしいポイント。ぜひ、サファリゾーンに訪れた記念にひとつでも多く集めてフレンドに送ってほしい

pokegoyoko24書き込みpokegoyoko25書き込み
pokegoyoko26書き込みpokegoyoko27書き込み
pokegoyoko28書き込みpokegoyoko29書き込み

“Pokemon GO Safari Zone in YOKOSUKA”は9月2日まで開催。限定ポケモンに関しては事前に配布済みのチケットが必要だが、サファリゾーンを訪れて全国に大量発生しているポケモンを捕獲することはできる。

現地のトレーナーに相談して交換したり、ここでしか入手できるない絵柄のギフトを集めたりするのもいいだろう。

当日は撮影できなかったが夜になると横須賀港をはじめとする各所がライトアップされ、昼間とは違った表情を楽しむこともできるのでぜひ、現地を訪れてもらいたい!!

pokegoyoko30書き込み
pokegoyoko31書き込み

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

ポケモンGO

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルその他
メーカーナイアンティック
公式サイトhttp://www.pokemongo.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧