1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 逆鱗日和ワールド>
  4. 【逆鱗日和ワールド】第23回:覚えられないヤツら

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

【逆鱗日和ワールド】第23回:覚えられないヤツら

2018-03-12 15:35 投稿

名前を覚えるのが苦手な人の話

同僚の美人ドSゲーマー・たっちーが、何気にコツコツと『モンハン:ワールド』を進めている。無事に上位ハンターにもなっていて、いよいよ、ヤバい連中との生存競争が始まるスタートラインに立ったところのようだ。

そんなある日のこと。

「上位になったんだから素材集めをがんばって、早めに着替えたほうがいいぜ」

と俺が忠告したところ、「じゃあ手伝え」(たっちー)ってことになって、いっしょにクエストに出ることになった。作りたい武具の方向性が決まっていなかったので、

「では未クリアーのクエストをやりつつ、方針を決めていこう」

と話して、まずは古代樹の森に出向くことにしたのでありました。

古代樹の森で出会う大型モンスターは、ドスジャグラス、アンジャナフ、プケプケ、トビカガチ、レウスレイア夫婦、そして神出鬼没の爆撃機・バゼルギウスってところか。そいつらを相手にしつつ石でも掘って、ぼちぼち武具の絞り込みを計っていこうと思っていた。

確か、討伐目標がアンジャナフのクエストだったと思うが、森の奥地に進んでいくとさっそく、バッサバッサとリオレイアが飛んできた。その姿を見た途端、たっちーがわめく。

「レイヤアアアァァァアアアア!!!!」

俺、シラケた口調で吐き捨てた。

「どこの聖闘士だよ。レイアだレイア。リオレイア。おめーいい加減、モンスターの名前を覚えろや」

これまでさんざん狩ってきたリオレイアですらコレなのだ。たっちーが『モンハン:ワールド』から新登場のモンスターの名前を覚えられるわけがない。クエストを進めるうちに何種類かの大型モンスターに遭遇したのだが、ものの見事に1匹も、名前を認識していなった。

ドスジャグラスとすれ違うと、「あw レゲエさん、どっか行っちゃったwww」

トビカガチが遠くに見えると、「トブハナビいる!! あいつの素材欲しいねん!!」

プケプケに至ってはひと言、「毒虫」。あまりにもあんまりなので再度、「キサマ、モンスターの名前覚える気ないだろ!!」と突っ込んだところ、意外な返しをされてしまったではないか。たっちーは俺に対し、こんなことを言ったのだ。

「確かに、わしはモンスターの名前を覚えられん。しかしそれを……おめーにだけは指摘されたくない」

な、なんだと? その言い草だと、まるで……俺も固有名詞を覚えられない人間みたいではないか。こう見えても俺は、へっぽこ3人組シーズン3の仲間、バキに、「大塚さん、モンハン用語をほぼほぼ完璧に覚えてて、若干引くレベルです。……“ファストトラベル”とか」と感心(呆れ?)されるくらいの男である(ファストトラベルを覚えられないバキもどうかと思うが)。その俺に向かって、なんたる暴言だろうか。なので、俺は怒った。

「なに言ってやがる。俺は、モンスターの名前は完璧だぞ。ナカグロ(“・”これのことな)がどこに入るのかすら、完全に頭に入っているからな!!」

するとたっちー、思いもよらないことを言った。

「モンスターの名前を知っているのは、ある意味当然やろ。それがおめーの仕事なんだからな! そうじゃないねん。キミはもっと日常レベルの固有名詞を、ぜんぜん覚えていないんや」

??? と、頭の上からクエスチョンマークを放出していると、たっちーはつぎのように続けた。

「……キミ、わしが社員食堂でいっしょにご飯食べてた女性社員の名前、憶えてる?」

「え」

と俺は絶句した。な、なにを言っているんだコイツは……。戸惑う俺を他所に、たっちーは畳みかける。

「ちなみに、毎週キミが出ていた会議にも出ていたで」

俺はうなだれて、白旗を上げた「い、いや……。名前までは、ちょっと……」

たっちーは頷き、さらに言葉の双剣を振り回した。

「じゃあ、以前おめーの部署を担当をしていた●●部の男性、お名前は?」

俺、しばし考えたのち、脂汗をダラダラと流した。

「す、すません……。ここまで、出かかって、いるん、ですが……」

たっちーの舌鋒は鈍らない。

「じゃあ最後。××を仕切ったりしていた△△部の男性、名前はなんでしたっけ?」

俺は完全なる敗北を認め、頭を抱えてのたうち回った。

「うわああああ!!! わからねええええよぉぉおおお!!!」

たっちーは勝利者の顔になって、地上50メートルの高台から俺のことを見下した。

「モンスターの名前を覚えられないわしより、キサマのほうが遥かに致命的なんや!!! さあ謝れ!!! すべての同僚にな!!!」

「わああああああん!!! ごめんなさいぃぃいいいい!!! 名前覚えるの苦手で、すんませんでしたぁぁあああ!!!><」

言葉の刃の痛みに震えながら、俺はただただ謝り続けた。

おしまい……。

【逆鱗日和ワールド 番外編(その2)】オトモアイルー3D!(←NEW!)

【逆鱗日和ワールド 番外編(その1)】“るーさんアイルー”を作れ!

第22回第24回

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧