1. サイトTOP>
  2. 『スパロボ』×『恐竜戦隊ジュウレンジャー』参戦秘話をキーマンが語る!【『スパクロ』インタビュー】

『スパロボ』×『恐竜戦隊ジュウレンジャー』参戦秘話をキーマンが語る!【『スパクロ』インタビュー】

2017-04-25 21:40 投稿

スーパー戦隊シリーズから初参戦!

バンダイナムコエンターテインメントの人気アプリ『スーパーロボット大戦X-Ω』(以下『スパクロ』)。本作に、期間限定でスーパー戦隊シリーズの『恐竜戦隊ジュウレンジャー』が参戦決定! 『スーパーロボット大戦』(以下『スパロボ』)シリーズにスーパー戦隊シリーズが参戦するのは今回が初めてとなる。そこで、キーマンへのインタビューを実施したぞ。

KO6_9778

●(右)バンダイナムコエンターテインメント
『スパクロ』プロデューサー
オオチヒロアキ(文中:オオチ

●(中)B.B.スタジオ
『スパロボ』シリーズプロデューサー
寺田貴信(文中:寺田

●(左)バンダイ
コレクターズ事業部
寺野彰(文中:寺野

きっかけは超合金魂20周年!?

――『スパクロ』に『恐竜戦隊ジュウレンジャー』が登場することになった経緯を教えていただけますか?

寺田 バンダイ コレクターズ事業部とは、ロボット物を扱ってるということで以前からご縁がありまして。彼らが扱っている”超合金魂”というブランドが20周年なので、「『スパロボ』と何かしら連動企画をしたいですね」という話を寺野さんともしていたんです。ただ、連動企画をするのであれば、超合金の発売タイミングに併せて実施したいなと。
⇒超合金魂公式サイト

寺野 タイミングとしては、2017年4月29日に発売するGX-72大獣神がバッチリだったんですよね。

オオチ ただ、スーパー戦隊シリーズは『スパロボ』シリーズで扱わせていただいたことがなかったんです。そこで、改めてオオチからも超合金魂と『スパロボ』との連動企画として進めることはできないかと寺野さんに相談させていただき、いろいろとご協力いただいた結果、実施することができました。

――超合金魂との連動企画が先に上がり、その結果として『恐竜戦隊ジュウレンジャー』の参戦が実現したというわけなんですね。

寺田 超合金魂の大獣神が発売されることと、今年の夏に劇場版『パワーレンジャー』()の新作が公開されることも大きいです。あと僕は昔、最初の劇場版『パワーレンジャー』の海外版のゲームを作っていたこともあって、そういった意味でも何かとご縁があったんですよね。

『パワーレンジャー』は、日本のスーパー戦隊シリーズをベースに、アメリカで制作・放送されている特撮ヒーロー番組。『パワーレンジャー』の第1作は、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』が基になっている。

――ちなみに、超合金魂の大獣神が今年発売されるのは、なにか理由があるのでしょうか?

寺野 超合金魂は、20年前に大人向けの玩具として登場したんです。この超合金魂を作り上げたのが野中剛さんという方で、じつは『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のメカデザイナーでもあるんです。

――なるほど、そんな繋がりがあったんですね。

寺野 そうなんです。そこで、野中さんに20周年というアニバーサリーのタイミングで超合金魂の大獣神を制作するにあたっていろいろと相談していました。その中で、「20周年で何かしたいことありますか?」と伺ったら、「そろそろ『スパロボ』と連動企画しない?」という提案が野中さんからもありまして。くしくもほぼ同じタイミングで連動企画の話が出ていたんです(笑)。そういったこともあって、超合金魂と『スパロボ』との連動企画を実現させていただいた、という流れです。

KO6_9719

『スパクロ』での大獣神

――先ほどのお話にもありましたが、今回は超合金魂とのコラボということで、『スパクロ』のゲーム内に出てくるのは、大獣神になるのですか?

オオチ そうです。ゲームには大獣神が登場します。

――大獣神は、そもそも5体が合体したロボットで、原作では戦車形態もあるんですよね。

寺野 守護獣のティラノザウルス、ジュウマンモス、トリケラトプス、サーベルタイガー、プテラノドンの5体が合体して、獣戦車ダイノタンカーになります。そして、ダイノタンカーが変形すると大獣神になるんです。それまでの戦隊ロボで、合体してロボットになるというのはあったんですが、その手前のモードがあるというが新しかったんです。

寺田 変形するのが当時の特撮ロボとしては画期的で、放映時はそこそこいい歳だったんですが「すげえ!」って喜んで見てました(笑)。

 KO6_9704

――本日お持ちいただいている超合金魂の大獣神は、合体・変形ができると?

寺野 そうですね。5体それぞれの守護獣の状態で箱に入っていて、合体させてダイノタンカーモード、ダイノタンカーから大獣神への変形も行えます。

――最近の超合金はスゴイですね……。

寺田 結構前からこんな感じですよ(笑)。

寺野 ちなみに、合体玩具を作るのは、死ぬほどたいへんでして。合体前と合体後、どちらもカッコよくしなくてはいけなかったり、キチンと合体の手順を踏まないといけなかったりするんです。

――それは、ロボットをデザインする段階である程度考えられていたりするものではないんですか?

寺野 当時のデザインなので、当時の玩具をそのまま作るならいけるんですが、映像中のスーツデザインなども取り入れて各所をリファインするんですよね。20年経つと、お客様の頭の中でデザインもさらに美化されていたりするので(笑)。

――となると、こちらの商品もかなり変わっていると。

寺田 そもそも映像中のロボットは特撮スーツなので、合体も変形もしないんです。分離のメカと着ぐるみのロボットがあるので、その整合性を取るのがじつはたいへんなんですよね。

寺野 どこを取るかですね。特撮スーツが正解と思う方もいれば、玩具が正解だと思う方もいる。どちらも正解なんですが、両方のイメージを守りつつ、現代ナイズしたデザインを作り上げる必要があると。

――今回、大獣神が『スパクロ』に出る際には、どういったデザインを参考にされたのでしょう?

寺田 基本は特撮スーツですね。わからない細かい部分は超合金魂の試作版を見ながら調整しています。ゲームとして出てくる大獣神もモデルとして作るので、超合金魂はとても参考になりましたね。半分、趣味で遊んでましたが(笑)。

 KO6_9741

ゲーム中での大獣神は?

――実際のゲーム中での動きはどのようになるのでしょうか?

オオチ まずデザインがSDなので、かわいらしくもカッコいいデザインになっています。あと、3Dのモデルになった大獣神が、通常攻撃や必殺技のモーションを行うんです。

――必殺技の使用時にはカットイン演出が入りますが、そちらはどのようになっているのでしょう?

オオチ 通常は、1ロボットに対して基本1キャラクターなんですが、今回は戦隊なので5人出したいなと。パイロットの画像が5人分まとめて出てきます。ひとりだと戦隊感がないということで、開発チームががんばってくれました。

寺田 シナリオにも出てきます。変身前は実写だから出せないのですが、変身後なら出せるんです。そこで、変身した後から話を始めるように指示を出しました。『恐竜戦隊』なので、恐竜に縁があるロボットと、超合金魂で商品化されているロボットで行こうと。

――大獣神はどういった形で手に入るのでしょうか?

オオチ 降臨と呼ばれるタイプのイベントで、最近始められた方でも必ず手に入れられるようにイベントシナリオの1話目の報酬で1体は手に入るようにしました。さらに限界突破で強くしたい方は、ミッション報酬やイベント期間限定の交換所で、さらに手に入れて強化していただければと思います。

 KO6_9731

――制作の際に苦労された点は?

オオチ 原作が実写なので、そこをどう『スパロボ』に入れ込むか、がいちばん苦労しました。

寺田 シナリオ面では先ほど言った通り、変身後だけで成立する形にしたかったので、バトルのシチュエーションだけ切り取れば綺麗にハマるなと。これは『スパクロ』だからこそ実現した参戦と言えるでしょうね。

――最後にそれぞれコメントをお願いいたします。

寺野 今回はいいタイミングで「皆で盛り上げましょう」という方向性になった結果、『スパロボ』と『恐竜戦隊ジュウレンジャー』、超合金魂との連動企画が実現したので、これを機に映像を見たことがない方も『ジュウレンジャー』に興味を持っていただきたいです。また、『スパロボ』の参戦作品を皆さんが楽しみにしているように、超合金魂での次の商品化も楽しみにしていたければと思います。これからもいいものを作り続けますので、応援をよろしくお願いします!

寺田 『恐竜戦隊ジュウレンジャー』は、『スパロボ』で初となるスーパー戦隊シリーズの参戦になります。いろいろな方々の協力で今回実現できましたので、ぜひ『スパクロ』をプレイしていただき、超合金魂も買っていただければと。

オオチ 『スパクロ』はサービス開始から1年以上経ちますが、定期的な期間限定参戦を含めて、お客様にサプライズをお届けしたいと思っています。今回皆様のご協力もあって『恐竜戦隊ジュウレンジャー』というサプライズをお届けできたかなと。引き続き驚きや楽しみをご用意していきますので、今後もよろしくお願いいたします!

KO6_9766

スーパーロボット大戦X-Ω

ジャンル
ロボットアクションRPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone、Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧