1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 『スパロボ』×『サクラ大戦』実現までの軌跡【『スパクロ』インタビュー】

『スパロボ』×『サクラ大戦』実現までの軌跡【『スパクロ』インタビュー】

2017-03-08 11:00 投稿

『スパロボ』×『サクラ大戦』の裏話!?

バンダイナムコエンターテインメントの人気アプリ『スーパーロボット大戦X-Ω』(以下『スパクロ』)。本作に、期間限定で『サクラ大戦』が参戦する。大きな話題となった『サクラ大戦』の参戦についてインタビューを実施。ここでしか見られない貴重な内容をチェック!

01
(右)バンダイナムコエンターテインメント
『スパクロ』プロデューサー
オオチヒロアキ氏(文中:オオチ
(中)セガゲームス
『サクラ大戦』シリーズプロデューサー
寺田貴治氏(文中:貴治
(左)B.B.スタジオ
『スパロボ』シリーズプロデューサー
寺田貴信氏(文中:貴信

『サクラ大戦』参戦の経緯

――今回、どういった経緯で『スパクロ』に『サクラ大戦』が参戦する運びになったのでしょうか?

オオチ 『スパロボ』ファンからも、『サクラ大戦』の参戦を希望する声は非常に多かったんです。とは言え、参戦させるとなるとシナリオの整合性や世界観の調整が必要になります。そんな中で運営型アプリの『スパクロ』は、いろいろな作品を参戦させやすい土壌があったことが大きいです。

貴治 わりとブッ飛んだ作品でも入れるってことですかね?(笑)

オオチ 運営型ならではの作りをしているということです(笑)。

貴信 今年の4月まで『スパロボ』25周年なので、春に何かやりたいと思っていまして。以前、寺田貴治さんと対談したことがあって、貴治さんから「『サクラ大戦』を『スパロボ』に出してください!」と言われたんですが、当時の『スパロボ』だと難しかったですね。

――『スパクロ』があって実現できたものだと。

貴信 そうですね。『スパクロ』は、いろいろな作品を参戦させられるように作っているので。そういった意味では、“『スパクロ』は『スパロボ』の可能性を広げた作品“なんじゃないかと思っています。

――ちなみに、貴治氏は『スパロボ』シリーズをプレイされたことはありますか?

貴治 『オリジナルジェネレーション』のキョウスケとエクセレンが物凄く好きで、アルトアイゼンとヴァイスリッターが『スパクロ』に実装されないかな、と待っているくらいです。

――そんな『スパロボ』に『サクラ大戦』が参戦するというのは、どんなお気持ちでしょう?

貴治 どんな精神スキルが付くのが気になっています(笑)。

オオチ キャラクター性にあった精神スキルを設定しています。また、『サクラ大戦』の期間限定参戦から登場する特別な必殺スキルも用意していますので、そちらも楽しみにしていただければと!

貴治 ありがとうございます。しかし、本当に光武の出来が素晴らしいです。「スマホでここまでできるんだ」と思いました。

オオチ 開発チームが力を込めているので、作り込みに期待して欲しいです。

02

『スパクロ』×『サクラ大戦』の見どころ

――実際のゲーム内容についてですが、シナリオ関連についてお聞かせいただけますか。

オオチ 『サクラ大戦』のキャラクターたちがいろいろな名作のキャラクターと共演するので、ぜひ注目していただきたいです。当然シナリオプロットのチェックは寺田貴治さんにお願いしたのですが、思ったよりもだいぶボリュームが多くなりました。

貴治 いやー、かなりのボリュームでしたね(笑)。最初のミーティングの時は、そんなの言われてなかったのでびっくりしました。その分、とても熱いストーリーが展開していましたね。

オオチ 『スパクロ』の期間限定参戦は、ある種の”お祭り”だと思って取り組んでいるので、内容がシリアスな方向に行かないように、と最初に決めて作りました。

貴治 今回はほかの作品ともひと味違う、太正浪漫という独自の世界を楽しんでいただければと。また、メカ好きとしては『サクラ大戦』ならではの光武を見ていただけるのでうれしいです。「こんなところまで再現するの!?」というくらい細部までこだわっていて、私の手掛けたタイトルと同じように動いたりするんですよ。

――原作再現のこだわりがスゴイと。

貴治 そうなんです。『サクラ大戦』はキャラクターが光武に乗っていますが、光武もキャラクターだと思っています。今回はドリームキャスト版の3Dモデルを渡して作ってもらったのですが、ロボットが出すキャラクター性もしっかり表現していただいいているなと思いました。かなり見応えがありますよ。

――『サクラ大戦』ですと、やはりキャラクターがフィーチャーされることが多いと思いますが、ロボットにも目が向くのは『スパロボ』ならではかもしれませんね。ロボットと呼んでいいのかはわかりませんが……。

貴治 霊子甲冑って言われてますけど、ロボットでいいと思いますよ(笑)。本当はさくらとか6人で合体ロボットとかに乗せたいんですが(笑)。

貴信 しかし、光武に羽根が生えたり変形するデザインをみたときは、すごいなと思いました。

貴治 蒸気と霊力でなんでもしますからね(笑)。

0304

――ちなみに、今回のイベント全体の立て付けはどのような形になっているのでしょうか?

オオチ ひとつが事前登録キャンペーンですね。事前にサイトで登録してもらうと、プレイヤー全員にプレゼントがあって、中にはSR 光武二式(さくら機)も含まれています。

事前登録2000-800

――それはうれしいです。

オオチ イベントそのものは”進撃イベント”という、クエストをクリアしていくとポイントが溜まるタイプの内容になっています。フィーバータイムになると、おなじみのあの曲が流れます!

――胸熱ですね。しかし、いまから『スパクロ』を始めたい、という人でもイベントはプレイできるのでしょうか?

オオチ 事前登録で配布されるSR 光武二式(さくら機)などを活用すれば、すぐにでも楽しめるようになっています。またSSRの光武は、かなり強力なユニットになるような仕組みを考えています。手に入れられれば育てがいもあると思いますよ。

05

『サクラ大戦』参戦の反響は?

――今回『サクラ大戦』参戦を発表した後の、ユーザーの反応はいかがでしたか?

オオチ めちゃくちゃよかったです。SNSやゲーム内の盛り上がりは過去最高クラスです。せっかくなのでサプライズ的にお披露目したくて、生放送で何も告知せずにショートPVを出してみたりしました。

貴信 あのショートPV、始まった瞬間にネタバレしているんですよね(笑)。サクラの花びらが舞ったあとすぐに『檄!帝国華撃団』が流れるので。

――曲の出だしだけでわかりますからね(笑)。

貴信 それだけBGMが定着しているというのも、『サクラ大戦』の魅力や人気の表れですよね。

貴治 とてもありがたいです。僕も『ファンタシースター』シリーズで、いろいろな作品と共演したことがあるのですが、土台の作品がしっかりしているとそういった施策もしっくりくると実感しています。

オオチ 25年間やってきたという『スパロボ』シリーズの強みのひとつですね。

貴治 ロボットという接点で、ここまでできるのは本当に凄いと思います。

――それでは、最後にコメントをお願いいたします。

オオチ 期間限定ながらも開発陣がホンキで作ったイベントを楽しんでいただければと思います。まだ『スパクロ』を遊んだことがない人も、この機会に始めると本当にお得です!

貴治 貴信さんと対談できてうれしかったです。今回の『サクラ大戦』のイベントは、キャラクター性や世界観を感じてもらえるのはもちろん、オンリーワンのサプライズも用意していますので、ぜひ楽しみにしてください。私としては『スパクロ』も当然好きなんですが、つぎはコンシューマ版にもぜひ出していただければと思っています!(笑)

貴信 10数年前に寺田貴治さんとお会いして、言われたことを実現できてよかったです。
『スーパーロボット大戦』と『サクラ大戦』は同じ「大戦」という文字を冠したタイトルということもあり、両作品のファンの方が受け入れてくだされば、嬉しいですね。

TAK_0647
【関連記事】
⇒『スパクロ』に『サクラ大戦』が期間限定参戦!真宮寺さくらや光武が手に入る

(C)GAINAX・中島かずき/劇場版グレンラガン製作委員会
(C)賀東招二・四季童子/ミスリル
(C)カラー
(C)サンライズ
(C)SUNRISE・BV・WOWOW
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design (C)2006 CLAMP・ST
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design (C)2006-2008 CLAMP・ST
(C)サンライズ・プロジェクトゼーガ
(C)創通・サンライズ
(C)ダイナミック企画
(C)東映
(C)BANDAIVISUAL・FlyingDog・GAINAX
(C)PRODUCTION REED 1981
(C)PRODUCTION REED 1983
(C)PRODUCTION REED 1985
(C)PRODUCTION REED 1986
(C)BONES/STAR DRIVER THE MOVIE 製作委員会
(C)BONES/STAR DRIVER製作委員会・MBS
(C)1998 賀東招二・四季童子/KADOKAWA 富士見書房・刊
(C)2001永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所
(C)2003 GAINAX/TOP2委員会
(C)2004 河森正治・サテライト/Project AQUARION
(C)2005 BONES/Project EUREKA

(C)サンライズ・バンダイビジュアル
(C)SUNRISE/PROJECT G-AKITO Character Design (C)2006-2011 CLAMP・ST
(C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
TM&(C)TOHO CO., LTD. (C)カラー
(C)SEGA
(C)創通・フィールズ/MJP製作委員会
(C)BNEI/PROJECT iM@S

スーパーロボット大戦X-Ω

ジャンル
ロボットアクションRPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone、Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧