1. サイトTOP>
  2. スクエニの『デッドマンズ・クルス』マルチプレイを先行体験!テンション上がり過ぎて髪が逆立った(実話)

スクエニの『デッドマンズ・クルス』マルチプレイを先行体験!テンション上がり過ぎて髪が逆立った(実話)

2016-07-20 17:08 投稿

思わずハイテンションになっちまった!

2014年に配信開始されて以降、とくに海外において根強い人気を誇るスクウェア・エニックスの『デッドマンズ・クルス』。

配信から約2年経った2016年7月21日、そんな本作で大型アップデートが実施される。そのアップデート以後は、『デッドマンズ・クルス』の魅力のひとつである“ハント”にまつわる新機能が登場するようだ。なにやらハントを最大4人のマルチプレイで楽しめるようになるのだという。

その情報を聞いた直後、『デッドマンズ・クルス』宣伝担当の方から「さながらゾンビのような『デッドマンズ・クルス』が、地獄から舞い戻るためにマルチプレイを導入しました! ぜひ遊んでみてください!」と言われたファミ通Appの面々。「(地獄とはいったいどこのことなのだろうか……?)」といった野暮な発言は胸の奥に押し留め、さっそくスクウェア・エニックスさんのオフィスに赴いてきた。

新機能”マルチプレイ”とは?

従来までの”ハント”は、デッドマンズコイン(課金アイテム)かハントチケットを消費して、FPS(ファーストパーソン・シューター)ライクなゲームに挑戦することで、ゲーム内で使用する“カード”を集めるコンテンツ。迫り来るデッドマンを打ち倒した数だけ、デッドマンのカードを入手することができた。

今回新たに実装されたマルチプレイは、基本となる遊びは従来のそれを踏襲しつつも、複数人で遊べる点に加え、挑戦するために必要な条件や報酬も変化。

プレイヤーは一定時間経つと回復する”弾薬”を消費し、報酬としてデッドマンの装備アイテム“デッドマンズギア”や強化素材の“チック”などを入手できる。

ロビー
▲最大4人の仲間といっしょにハントに挑戦する。曜日限定のマルチプレイなども存在するようだ。

マルチプレイのバトルは複数のwaveに分かれており、作戦時間内に画面右にあるゲージがなくなるまでゾンビを倒し続けていく。

ダメージを受けると作戦時間が減ってしまうため、仲間と協力して敵が近づいてこないようにするのが重要となる。

作戦中_山場示唆文言
▲ハント中は参加者全員のスコープが画面上に表示される。また、定型文でのチャットも可能。
リザルト画面_ドロップ報酬3
▲デッドマンズギアやチックなどの報酬が入手できる。

なお、マルチプレイの弾薬消費はリーダープレイヤーが消費するだけでオーケー。そのためパーティーに参加したほか3人のプレイヤーは、弾薬消費なしでハントを楽しめるのだ。ちなみにリーダー専用の報酬もあるので、パーティーを開いたら損というわけではないぞ。

▼マルチプレイのプレイ動画はこちら

体験プレイの会場がゾンビの宴に!

今回は、ファミ通Appのスクウェア・エニックス担当である小宮元年が現地入り。

到着するやいなや、この表情である。

デッドマン5

「いまさらアプデとか言われてもねぇ? しかもマルチっすか?」とでも言わんばかりの表情。

今回お誘いしてもらった体験会は、スクエニ社内のミーティングルームで行われていた。さっそく部屋に入る小宮元年。

 デッドマン4
デッドマン1
デッドマン2

なんかすげー盛り上がってるーー!!! しかもテレビに出力してみんなでワイワイ遊ぶの楽しそう!!

また、よーく見ると、テンションが上がり過ぎているからなのか、スタッフの方の髪も心なしか逆立っているではないか!

 デッドマン3

当初想定していた以上におもしろそうなマルチプレイ。この光景に、思わず苦虫をかみ殺すような表情の小宮元年。

デッドマン6

なんと、そこに救世主が現われた!! 『デッドマンズ・クルス』プロデューサーの大槻林太郎氏である!

 デッドマン7

まるでやらせのような展開だが、ダンジテヤラセデハナイ。台本など存在しない!

そんなわけで、スクエニさんのスタッフの方々といっしょに、マルチプレイを体験することに!

 デッドマン8
 デッドマン9

た、たんのしぃーーーー!!

 デッドマン10

あひゃひゃひゃーーー!!!

デッドマン11




デッドマン12

一周まわって最後は冷静になってしまったが、マルチプレイのおもしろさにびっくり。顔を突き合わせて遊ぶことで「俺が前方の敵倒します!」、「私は上空を狙います!」といった連携を取りながら戦う様子は、まるでサバイバルゲームのよう。

またマルチプレイには“ヘッドショット”の概念もあり、ゾンビの頭を狙って攻撃すると、ダメージが増加して効率よく敵を倒すことも可能。好きなときにリロードできる機能も導入されているため、単純にみんなで遊べるだけでなく、”FPSらしさ”のエッセンスも強固になった印象を受けた。

大槻Pにマルチプレイ実装までの経緯を訊く!

マルチプレイの実装に関して大槻氏に話を聞いたところ「2年半経って新鮮味が薄れてきたので、新しいお客さんにも入ってきてもらいと思い、マルチプレイを導入しました」と、新規層を狙った試みなのだとか。また、マルチプレイの企画は2016年2月に立ち上がったようで、わずか5ヶ月で完成させたというから驚きだ。

ただ配信から2年経った現在、「新規が入ってもベテラン層との差が激しいのでは?」とも感じるところ。その点について大槻氏は「新規で入った人がベテランの方々に圧倒されないように、マルチプレイはいままでの流れからは独立したコンテンツにしてあります。なので新規もベテランも分け隔てなく遊べるようになっています。マルチを遊んでいただければ強化アイテムやデッドマンズコインなどが手に入るので、小まめにプレイしていればカードバトルのベテラン層にも追いつけますよ」と、新規への気配りも万全。

また「ゾンビゲームを求める層は、ワラワラやってくるゾンビを銃で一気に倒すことも期待されていると思います。これまでのハントは1体ずつ敵を倒すものでしたが、マルチプレイによって、そうした銃を乱射するような遊びも提供できていると思います」(大槻氏)と、ゾンビゲームファンへの思いについても明かしてくれた。

今後はユーザーのニーズに合せて、小まめに調整していく予定とのこと。7月21日のアップデートから実装されるマルチプレイ。海外版でも同時に実装されるようなので、実装された暁にはぜひプレイしてみてもらいたい。

追加記念キャンペーン開催

新たなマルチプレイ追加を記念して、多彩なキャンペーンが7月21日よりスタートする。これからはじめる人にもうれしい内容となっているので、積極的に参加してみよう。

マルチプレイ記念作戦イベント

[期間]
7月21日~8月4日

バージョンアップを記念したマルチプレイ用イベント。”イベント専用ギア”や”便利な育成アイテム”をゲットできる。

マルチプレイ記念ハントクエスト

[期間]
7月21日~8月4日

期間中、1日ひとつずつ限定のハントクエストが解放される。初心者用の育成アイテムも報酬として用意されているぞ。

コインパックおまけ

[期間]
7月21日~7月28日

デッドマンズコインを購入すると、購入金額に応じて回復薬などのアイテムがオマケでプレゼントされる。

カムバックキャンペーン

[期間]
7月21日~8月15日

[対象者]
6月18日23時59分以前にアカウント登録を完了し、6月20日午前0時~7月18日23時59分まで、一度もログインしていない人。

『デッドマンズ・クルス』にログインしていなかったユーザーがキャンペーン期間中にログインすると、特別なアイテムがプレゼントされる。

記念ログインボーナス

[期間]
7月21日~8月3日

通常のログインボーナスに加え、期間限定で追加のログインボーナスがプレゼントされる。

水着イベント”デッドサマーバケーション”開催

[期間]
(前半)7月21日~7月28日
(後半)7月28日~8月4日

イベント期間限定で、レアな水着デッドマンが登場するイベントが開催される。

▼『デッドマンズ・クルス』関連記事

『デッドマンズ・クルス』はソンビ好きにとって至極のパラダイスだった

【新作】狂気の沙汰ほどおもしろい!? ゾンビ育成RPG『デッドマンズ・クルス』

デッドマンズ・クルス

ジャンル
ゾンビカードバトルRPG
メーカー
スクウェア・エニックス
公式サイト
http://www.jp.square-enix.com/dc/
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 5.0 以降。iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPad 2 Wi-Fi、iPad 2 Wi-Fi + 3G、iPad Wi-Fi(第3世代)、iPad Wi-Fi + Cellular(第3世代)、iPad Wi-Fi (第 4 世代)、iPad Wi-Fi + Cellular (第 4 世代)、iPad mini Wi-Fi、iPad mini Wi-Fi + Cellular、iPad Air、iPad Air Wi-Fi + Cellular、iPad mini Retinaディスプレイモデル、およびiPad mini Retinaディスプレイモデル Wi-Fi + Cellular に対応。 iPhone 5 用に最適化済み  Android 要件 3.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧