1. サイトTOP>
  2. 【セガネットワークス感謝祭】初コラボは『キャプテンハーロック』!『戦の海賊』ステージイベント

【セガネットワークス感謝祭】初コラボは『キャプテンハーロック』!『戦の海賊』ステージイベント

2015-12-06 17:20 投稿

かわいい海賊姿もお披露目

2015年12月6日、秋葉原のベルサール秋葉原にて、セガネットワークスファン感謝祭2015が開催された。本記事では『戦の海賊』のステージイベント、“戦の海賊~2016冒険への幕開け~”の模様をお伝えしよう。

アナウンサーの大河原あゆみさんが司会進行を努め、開発陣からはプロデューサーの菊池正義氏、ディレクターの奥田禎氏が出演。ゲストとして声優の山下まみさんが登場した。

001
▲左から奥田禎氏、山下まみさん、菊池正義氏。山下さんはかわいい海賊コスプレ姿を披露してくれた。

就任ミッション達成なるか!?

まずは2015年12月6日午後3時まで開催されていた、777万7777隻撃破キャンペーンの進捗状況の報告からスタート。このキャンペーンは、期間中に敵船を撃破した数に応じて豪華プレゼントがもらえるという企画。

午前9時の段階で、なんと641万9111隻まで到達していたと言うが、キャンペーンは本日の午後3時までだったので果たして目標は達成されたのかどうか!?

奥田D曰く「いいペース」とのことだったので大いに期待が持てる。気になる方は、ぜひともゲームの中で確認してもらいたい。

002
003
▲気になる結果はゲーム内のアナウンスを待つべし。

続いては、声優の山下まみさんが“センノカ海賊団見習い”就任ミッションにチャレンジ。これは2015年11月30日にニコニコ生放送およびYouTubeliveで放送された『SEGA APP研究所』にて発表された企画で、山下まみさんが“センノカ海賊団見習い”に就任するべく、与えられた課題に挑戦していくというのもの。

就任条件は、メインストーリーの2-12「計画」を奥田Dが番組でクリアしたタイム(1分45秒)より速くクリアーするという内容だ。舞台上では、山下さんがさっそく2-12「計画」をプレイ開始!

004
005

結果は、助っ人のレベル80ということもあり、相手をほぼフルボッコで勝利! わずか30秒でのクリアーとなった。とは言え、砲撃やスキルを的確に使用しており、事前にかなりやり込んでいたのが窺えた。

もちろん、山下さんは無事“センノカ海賊団見習い”に就任。『戦の海賊』を盛り上げていくことになるのだが、休むヒマもなく、さっそくつぎのミッションが与えられていた。

006
▲つぎの条件は、今回と比較して難度も上がっている様子。

コラボ情報と2016年の予定を発表

お待ちかねのゲームの新情報は、なんと映画『キャプテンハーロック』とのコラボレーション。『キャプテンハーロック』のキャラクターが絡むストーリーが展開するのはもちろん、アルカディア号なども登場するという。

配信時期については詳しく触れられなかったが、奥田D曰く「近いうちに皆様にお届けできるようにがんばっています」とのこと。遊べる日はそう遠くないはずだ。

なお、コラボは“第1弾”ということを強調していたので、第2弾の準備も着々と進められているのが窺い知れた。

007
008
009

続いては今後のコンテンツ情報を解禁。

010

大海戦は、通常は7隻の船団で戦う対人戦が3連戦になるコンテンツ。プレイヤーは21隻の船で3つの船団を用意する必要があり、たくさんの船と海賊を使うことになるのだそう。ハードの海域もクリアーし、より多くの船を入手しておく必要がありそうだ。

ギルド(仮)は、ユーザーどうしでひとつの集団を作り、目標の達成を目指すというもの。ユーザーの結びつきを強めるコンテンツになる模様。ギルドの中でのチャットもできるようになり、ギルドメンバーでポイントを貯めることで何らかの恩恵が得られるとのこと。

“第2章 第1節 盟友、最後の航海(仮)”は、ストーリーの新展開。当然ながら新しい海も追加されるとのことなので、これも非常に楽しみだ。

つぎに、12月中に開催するイベント“カジノ列島(仮)”についての情報。前回のイベントよりもゲーム的な仕掛けを用意してあるとのこと。

011
▲音楽島などと同様の踏破型のイベントになるらしい。
B
A

では最後は、山下まみさん、菊池正義氏、奥田禎氏からのメッセージをご覧いただき、本リポートを締めくくられせていただこう。

山下まみさん
「無事、センノカ海賊団見習いに就任させていただきました。いまプレイしている人はもちろんなんですけど、まだプレイしたことがない人はぜひインストールして1度遊んでみてほしいです。すごく作り込まれていて、やれることもたくさんありますので、みんなで遊んでみてください」。

菊池正義氏
「さらにおもしろくしようと、いろいろと仕込んでおります。2015年はスタートの年になりましたが、2016年は充実の年にしたいと思っておりますので、皆さんいっしょに盛り上げていただければ幸いです」。

奥田禎氏
「我々スタッフもやりたいことがたくさんあり、ユーザーの皆さんからもさまざまな要望をいただいております。それらをできるだけ実現して、いいものをお届けしたいと思っていますので、ぜひプレイしてみてください」。

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧