1. サイトTOP>
  2. 【新作】手のひらサイズで超本格レース『ニード・フォー・スピード』最新作はココがスゴイ!

【新作】手のひらサイズで超本格レース『ニード・フォー・スピード』最新作はココがスゴイ!

2015-10-02 12:00 投稿

logo

レースゲームの最高峰、来たる

エレクトロニック・アーツ(以下、EA)はiOS/Android向けのカーレースゲーム『Need for Speed No Limits(ニード・フォー・スピード ノーリミッツ)』の配信を開始した。

本作は、オーストラリアのメルボルンを拠点とした“EAファイアモンキーズスタジオ”で開発。EAの人気レーシングゲーム『リアルレーシング3』等の開発で培われた長年の技術によって、ハイクオリティなレーシングアクションが実現している。そんな本作の魅力を3つの項目に分けて、ライターのジャイアント黒田がインプレッション形式でお届けしよう。

■『Need for Speed No Limits』はココがスゴイ!

【1】超快適操作で迫力のデッドヒートを実現
【2】最大250万通りの組み合わせでリアルスーパーカーをカスタマイズ
【3】毎日プレイしたくなるやり込み要素とかゆいところに手の届いた機能
main

公式トレーラー

【1】超快適操作で迫力のデッドヒートを実現

『Need for Speed No Limits』は、とにかく間口が広い! というのも、本作はスマホでの操作に最適化されており、レースゲームが苦手な人でもマシンを華麗に操作できる仕様になっているのだ。

その最大の理由が、アクセルやブレーキなどの操作が不要なこと。レースゲームとしてはかなり大胆なアレンジだが、これがスマホでのプレイするにあたり、いい方向に作用している。

01

レース中は、左右へのハンドル操作とカーブでのドリフト、一時的にマシンを加速させるダッシュ(ゲーム中では“ナイトロ”というエネルギーを使って加速させる)のみ。さらに、これらの操作はタッチやフリックで行えるので、レースゲームが苦手でも、すぐにゲームに慣れるだろう。

02

ここまで読んで、物足りないと思ってしまったカーレースゲームファンの方はご安心を! 本作は、手強いライバルマシンとのデッドヒートや、パトカーとの白熱のカーチェイスなど、シンプル操作でも本格的なレースが体験できる作りになっている。

03

さらに、先述した操作性に加えて、1プレイが1分前後で終わるのも大きな魅力。場所や時間を選ばずに遊べるスマホの利点も、ゲーム内容にうまく活かされている。本作をダウンロードすれば、これまで以上に充実したカーレースライフが体験できるはずだ。

【2】最大250万通りの組み合わせで
リアルスーパーカーをカスタマイズ

新しいマシンは、レースに勝利したときなどに手に入る設計図を一定数集めると獲得できる。TOYOTAやMAZDA、BMW、PORSCHE、LAMBORGHINIなど、国内外のメーカーのマシンが揃っており、これらは集めたパーツで強化可能だ。

04
▲入手したパーツをエンジンやタイヤなどに取り付けることで、マシンの性能を底上げできる。

また、獲得したマシンは、新たに設計図を集め直すことでステージアップできるのも注目ポイント。ステージアップを行うとレアリティが上がり、性能が強化されるうえ、より高性能なパーツを装備できるようになるので、お気に入りのマシンを使い続けられる。手にかけたマシンでレースに勝利できれば、感動もひとしおだろう。

 05
 06
▲ステージアップ前後の比較画像。ステージアップ後は、全体の性能が上昇している。

マシンの性能だけでなく、見た目をカスタマイズできるのも本作の醍醐味。プレイヤーのレベルを表す“REP”を一定まで上げると、モッドショップを利用できるようになり、ここでマシンのカラーやボディパーツを変えられる。

 07
▲“REP”を上げることによって、モッドショップをはじめとしたさまざまな機能が開放されていく。

変更できるカラーやパーツは、じつにバリエーション豊か。Rocket Bunny、Mad Mike、and Vaughn Gittin Jr.などの最新版のボディキットも収録されており、250万通りの組み合わせで自由なカスタマイズが楽しめる。

080
 09
 10
▲カラーやパーツは、ゲーム内通貨のジュアルポイントで購入可能。ジュアルポイントは、レースに勝利したりすると入手できる。

ちなみに、本作に登場するマシンはすべてマンションルームで自由に閲覧可能。外見だけでなく基本的な性能もチェックできるので、今後どのマシンをカスタマイズしていくかなどを考えるのも一興だ。

13
12
▲マンションルームも“REP”を上げると開放される機能のひとつ。美麗なグラフィックを堪能できるので、カーマニアは必見!

【3】毎日プレイしたくなるやり込み要素と
かゆいところに手の届いた機能

本作には、マシンの設計図やパーツを集める楽しみのほかに、いわゆるストーリーモードの“アンダーグラウンド”を進めたり、特定のマシンで“マシンシリーズ”と呼ばれるレースに挑むなど、多彩なやり込み要素やゲームモードが用意されている。

 14
▲“マシンシリーズ”は、限定マシンで多彩なレースに挑むモード。レースに勝つと、設計図やパーツなどの報酬が手に入る。

筆者は体験できなかったが、これらのほかにもトーナメントやスペシャルイベントなど、特別なレースも収録。トーナメントでは、集めたポイントで貴重な設計図やパーツを入手できるので、チャレンジしがいがありそうだ。

15

そしてゲーム全体を通して、マシンの設計図やパーツの入手場所に誘導してくれたりと、かゆいところに手の届いている点も非常に好印象。それにより、短時間でのプレイでも効率よく設計図やパーツが集められる。カーレースゲームファンはもちろん、初心者でもカーライフを堪能できる作りになっているので、興味のある方はぜひプレイしてほしい。

 16
▲“この素材の場所”の項目をタップすると、欲しい設計図やパーツが手に入るところに自動的に案内してくれる。

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日更新午後3時
に更新中

編集長!これ、どうでしょう!?


※YouTubeチャンネル登録はこちら

※Twitterフォローはこちら

Need for Speed No Limits (ニード・フォー・スピード ノーリミッツ)

ジャンル
レース
メーカー
エレクトロニック・アーツ
配信日
配信中
価格
基本無料(アイテム課金制)
対応機種
iOS /Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧