1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 東京ゲームショウ2015>
  4. 【TGS2015】諏訪彩花さんが生アテレコ!『フィンガーナイツ』スペシャルイベント

【TGS2015】諏訪彩花さんが生アテレコ!『フィンガーナイツ』スペシャルイベント

2015-09-17 21:16 投稿

ぜんぶよかった!

IMG_9343

東京ゲームショウ2015のビジネスデイ初日、サイバーZが提供する動画撮影SDK“OPENREC”ブースにて、ゲームオンから配信予定の『フィンガーナイツ』のイベントが実施された。

登壇したゲームオン 日本運営プロデューサーの池亀泰宣氏は、「今回のために用意しました」という『フィンガーナイツ』アニメPVをいきなり披露。手がけたのは、『異能バトルは日常系のなかで』の監督を務め、本作のストーリー監修を行っている高橋正典氏。

IMG_9359

王道ファンタジー感漂う映像が終了すると、池亀氏から「どうでしたか? 冒頭に何かかがあったほうがいいと思いませんでしたか?」と謎の問いかけが。完全にPVに魅了されていた来場者の頭には「?」が浮かんでいたが、「それはナレーションです!」と言われて納得。確かにアニメPVでありながら、誰の声も入っていないというのは違和感がある。

そこで登場したのが、人気声優の諏訪彩花さん。池亀氏が用意したエリーシュ、ヴェルダンディー、ブリュンヒルデの3パターンのナレーションを生アテレコし、その場で採用するパターンを決定して、本日9月17日中に公式サイトで公開するという、思い切った試みだ。

IMG_9365

エリーシュ、べルダンディー、ブリュンヒルデの3人にはそれぞれにキャラクター設定があり、エリーシュはプレイヤーを補佐する参謀役で頼れる存在だが、つねにお腹が空いているというかわいい一面を持つ。べルダンディーは「僕的には長女のイメージです」と池亀氏が語るようにしっかりもので大人の女性、ブリュンヒルデは斧を携えた天真爛漫な女の子。好みのタイプは「べルダンディー」(池亀氏)とのこと。

IMG_9369

生アテレコでは、ひとりで演じているとは思えない、三者三様のナレーションを披露してプロの貫禄を見せつけた。どれも魅力的なナレーションだっただけに、この中からひとつを選ぶのは相当悩ましかったようだが、「いちばん最初のインパクトが大きかった」(池亀氏)ということで、エリーシュバージョンが採用されることに。

IMG_9373
IMG_9383
IMG_9392
▲諏訪彩花さんのナレーションに完全に魅了された表情の池亀氏。

ちなみに、そのアニメPVがこちら。

続いて池亀氏はゲームの内容を解説。『フィンガーナイツ』は、1.ファンタジー、2.スリング、3.RPGの要素を持つタイトルで、前述の通り、高橋正典氏が監修する壮大なストーリー、キャラクターをひっぱり敵にぶつけて倒すアクション性の高いスリングショットバトル、キャラクターの装備やスキルを強化するRPG的な育成要素と、誰もが親しみやすい王道のゲーム性が魅力になっている。

イベントでは実際のバトルシーンを使って遊び方が解説された。バトルではキャラクターを引っ張るとキャラクターごと狙った方向へ突撃していく。さらに、キャラクターのクラスについても紹介され、アクション部分の爽快感だけでなく、クラスごとの特徴を活かした戦略性も併せ持つことが明らかに。

IMG_9399
IMG_9400

本作ではフレンドの1体を含めた最大7体のパーティでバトルに挑む。バトル前にはキャラの配置変更が可能だ。この配置はクラスの持つ特性を活かす上でも重要になってくる。イベントで明らかになったクラスは以下の通り。

キャスター:引っ張った方向にいる敵を貫通して攻撃できる。
シューター:自身が突撃するではなく、敵に向かって矢を放つ。レベルに応じて最大4本を同時に発射可能。
ウィザード:ぶつかった敵の周辺に範囲魔法を放つ
ガーディアン:敵に狙われやすいが、そのぶん防御力も高いパーティの盾役

例えば、定石と言える戦略ではあるが、バトル前にガーディアンの後ろにシューターを配置して、ガーディアンが敵の攻撃を防いでいるあいだに、シューターで倒すといった具合。キャラクターの行動順も任意で決められるので、うまくガーディアンのところに敵が集まったらウィザードをぶつけて一網打尽になるなど、配置、行動順、クラスの特性の3つを考慮した幅広い戦略を取ることができる。

もちろん、OPENRECを搭載しているので、誰も簡単にプレイ動画や実況動画を撮影、アップすることが可能だ。

IMG_9410

気になる配信日については、「2015年秋には出したいです」(池亀氏)とのこと。現在事前登録を受付中で、登録すればウィザードクラスのキャラクター“カシオペア”をゲットできる。

【事前登録はこちら】

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧