1. サイトTOP>
  2. 【BitSummit2015】ボードゲーム制作も行うインディーメーカーの新作がイラストから良作感あふれまくり

【BitSummit2015】ボードゲーム制作も行うインディーメーカーの新作がイラストから良作感あふれまくり

2015-07-11 21:33 投稿

切なかわいいイラスト

2015年7月11日(土)〜12日(日)の二日間に京都で開催中のBitSummit 2015。同イベントのOink Gamesのブースでは、新作タイトル『伝説の旅団』がプレイアブル出展された。

Bitsummit用画像5

まるで絵本のような優しいタッチで描かれたイラストの数々。BitSummit 2015の会場でプレイアブル出展されている本作を見た瞬間、記者は完全に心奪われてしまった。

本作の世界では、ある夜突然100体の眼が襲ってきてすべての街から火を奪われてしまった。プレイヤーはさまざまな動物の戦士たちとともに、火を取り戻す旅に向かう。

プレイヤーがステージをクリアーすると、そのステージに新たな”火を灯す”ことができ、そうして火を灯していく(=ステージを進めていく)と”新たな街が見えるようになる”といった憎い演出も用意されている。

この独特の世界観が気になり、Oink Gamesの佐々木 隼CEOに話を聞いたところ、「主人公たちが旅をするにあたって、僕らにとっても身近な理由が欲しいなと考えていました。世界が征服されてしまうとかだと、いまいちリアリティがないなと思っていたので。そんなときに”火を奪われてしまう”というアイディアが思い浮かびました。僕らは火がなくなってしまうと一大事ですし、太陽の象徴とも言える火がなくなると死活問題に繋がります。火を奪われてしまい、それを取り戻す旅なら、その危機感をより身近に感じられるかなと」とのこと。

スクリーンショット 2015-07-11 20.52.24
▲リージョンマップを見てもらえばわかるように、クリアーしたステージに火が灯っている。

一見するとストラテジーゲームのようにも見えるが、バトルは基本オートで進行。ただし、フルオートというわけではなく、スキル発動の際にユーザーも介入する場面がある。このスキル発動がステージ攻略の肝となるため、「放置するだけで遊ぶポイントがないのでは?」と懸念する人もご安心を。

 スクリーンショット 2015-07-11 20.51.29
▲バトルがはじまるとキャラクターの横に”GO”のアイコンが出てくる。これをタップするとバトルがスタートする。
 スクリーンショット 2015-07-11 20.51.38
▲戦闘中にゲージ貯まるとスキルが発動可能になる。

登場する敵や動物たちには近接、弓、飛行、といった3種の攻撃タイプがあり、それぞれが近接>飛行>弓>近接といったような3すくみになっている。

バトルに連れて行けるキャラクターは3体までとなっているため、敵の攻撃タイプを意識して連れて行くキャラクターを選択することになる。

 スクリーンショット 2015-07-11 20.51.53

▼プレイ動画はこちら

儚い物語、繊細なタッチで描かれるイラスト。スマートフォンゲームのみならず、ボードゲーム制作なども行っているOink Gamesの『伝説の旅団』は「絶賛開発中」(佐々木氏)とのこと。配信が楽しみな一作だ。

※Oink Gamesの公式サイトはこちら

 IMG_6858
 IMG_6847

伝説の旅団

メーカー
Oink Games

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧