1. サイトTOP>
  2. ことば発見RPG『ことこと』 攻略のススメ~中級応用編~バトルで役立つ戦法を指南

ことば発見RPG『ことこと』 攻略のススメ~中級応用編~バトルで役立つ戦法を指南

2014-11-01 15:40 投稿

アタマと言葉は使いよう!

img_50215_1

Android、iPhoneで配信中のことば発見RPG『ことこと-ラセツとコトダマの国-』(以下、『ことこと』)。

前回の記事を参考にキャラ、武器、“式神”の3つでユニットを組み、いざクエストへ! ……と意気込んでみたものの、長いWaveに息切れしてしまったり、複数の属性を持つ“モノノケ”相手にクエスト失敗、なんて人もいることだろう。

本作は言葉を作るときだけではなく、戦況に応じて頭を回転させる必要がある。『ことこと』攻略記事第3回目となる今回は、そんな脱・初心者ならぬ脱・初心“言魂師”に向けての具体的な戦いかたを指南!

『ことこと』プロモーションビデオ

[関連記事]
※ことば発見RPG『ことこと』攻略のススメ~初級入門編~ ユニット選びはこれでバッチリ!
※この頭の使いかたはクセになる! 脳トレ感覚なことば発見RPG『ことこと』

当たらなければどうということはない

バトルで重要なのは、Wave数“モノノケ”の数とそれらのターン数、そして体力&回復手段を意識すること。クエストは短いものなら1~3、長いものなら10まである。今回、1クエストをザックリと序盤、中盤、終盤に分類し、それぞれどのような戦略をとるとクリアしやすいのかを紹介していく。

①序盤の戦法~「じっくり“ことこと”」

まだWave数が少ない序盤は、5文字以上の言葉を熟考しよう。色文字(とくに赤、紫)を併用するのはもちろん、欲を言えば長期戦や少し敵が強いクエストでは、後々のことを考えて緑文字、黄文字は残しておきたいところ。

しかし、死んでしまっては元も子もない。コンボを繋げることよりも、まずはなるべく5文字以上の言葉、思いつかなければ黄文字を使って、全体攻撃を狙って一掃することを心掛けよう。

そして、パネルを見渡したときに5文字以上の言葉が作れるとしても、すぐに攻撃はせず一旦止めておく(※ここがポイント!)。一度入力し、攻撃する前につぎに使えそうな言葉を確認しておくことで、さらにつぎの5文字へと繋げやすくなる。ただし、連鎖して狙っていた文字が消えてしまうこともあるので、あくまでも目安程度にとどめておこう。

1
▲相手のターン数に余裕があり、なおかつ敵の数が2体なので、ダメージを受けてもとくに支障がないと思えばリロードボタンを使って2回分の5文字言葉を用意しておく、といった戦いかたもできる。

まとめると、“モノノケ”の数が多くなれば多くなるほど、5文字以上の言葉で殲滅しておくと後々楽になる。

序盤の心得:当たらなければどうということはない。

②中盤の戦法~「ぱぱっとコンボ」

ある程度Wave数を突破すると、コンボや“変化ゲージ”が少し溜まっていることが多いハズ。

しかし、命からがら突破した人はコンボも途切れて瀕死の状態で中盤戦に突入することになる。中盤からはコンボを溜めつつ体力をいかに減らさずに最終Waveにたどり着けるかがクエスト攻略の分かれ目と言っていい。

中盤からは5文字以上の大技を無理に狙うことはせず、“奥義ことば”や“式神”を駆使して敵を攻撃しつつ、回復や防御も意識しながらコンボを溜める戦いかたにシフトしよう。

2
▲Wave3までのコンボを残しつつ、緑文字も使って回復しながら倒していく。敵のターン数に注意しつつ、“奥義ことば”や“式神”で押し切ってもいい場面。

とくに“変化ゲージ”の溜まった“式神”は、残りWave数、効果と相談しながら積極的に使おう。最終Waveでもう一度使えるように紫文字などで調整することで、終盤戦への下ごしらえが出来上がっていく。

3
▲“式神”の通常攻撃も手伝って、緑文字ひとつで凌げた。さらに運良く黄文字が降ってきてくれた。

強敵やいやらしい技を使ってくる“モノノケ”も多い中盤は、敵が攻撃してくる前に“式神”の力を借りよう

中盤の心得:私の“式神”は凶暴です。

③終盤の戦法~「とっておきを見せてやる!」

終盤、とくにボスが控える最終Waveでは、ある程度のコンボ数、もしくは(もう少しで)“変化”可能な“式神”か、黄&緑文字を残しておくのが望ましい。

ただし大前提として、コンボが途切れた場合は5文字以上の効果的な言葉をひねり出そう。ボス戦にたどり着いたらあとはもうありったけの言葉をつぎ込むのみ! ……なのだが、ボスは固いうえに手痛い攻撃を仕掛けてくることがほとんど。

さらに取り巻きとして雑魚がいることも多いので、相手の数とターン数を再度確認し、雑魚から倒すべきかボスから倒すべきかをしっかり見据えよう。敵の頭数を減らし、生存率をあげつつ粘っていけば、自ずと勝利は見えてくるハズ。

4
▲コンボ数、“式神”、色文字全て良好。食べちゃいたいぐらい愛しい言葉。

色文字がまったくなかった場合、ターン数次第では“奥義ことば”を作るために“リロード”を行う勇気も必要。その際、色文字が来ない点は要注意だ。

5
▲運よく全体攻撃に連鎖も乗ってくれたので、かなりのダメージが期待できる。
6
▲連鎖のおかげで一撃で仕留められた。運が窮地を救ってくれることも。

負けてしまう要因の多くは相手の一斉攻撃をもらってしまうこと。頭数を減らせなかったり、HPに自信がなかったら少し前のステージに戻って強化してから再度挑もう!

終盤の心得:まだだ、まだ終わらんよ!

「ちょっと戦いかたを考えるのが大変!」という人は、いっそのことユニットを丸ごと変えてしまうのもあり。『ことこと』は言葉がうまく作れなくても、武器の属性と“式神”の効果を把握しておくだけで、クエスト次第だが勝てることも。

例えば、
■水属性の“モノノケ”が多いクエスト……“エリザベス”+雷属性の武器+“タコロテン”の対水属性用の雷ユニット
■火属性の“モノノケ”が多いクエスト……“ジロー”+“水峰”+“ガマ坊”の火に強い水ユニット

このようなユニットを予め組んでおくといい。変化したときに回復が期待できる便利な“式神”もいるので、ゲットしたら重点的に育てておき、武器だけ変えることでも攻略が楽になるハズ。困ったときに“奥義ことば”や“式神”に頼る戦いかたに変更し、徐々に育成していくというのもひとつの楽しみかたになる。

※『ことこと-ラセツとコトダマの国-』公式サイトはこちら

ことこと-ラセツとコトダマの国-

ジャンル
ことば発見RPG
メーカー
フィールズ
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone、Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧