1. サイトTOP>
  2. ことば発見RPG『ことこと』が化けた! 大型アップデートで進化したポイント総まとめ

ことば発見RPG『ことこと』が化けた! 大型アップデートで進化したポイント総まとめ

2015-02-28 01:05 投稿

バージョンアップで『ことこと』が変化

2015年2月26日、『ことこと-ラセツとコトダマの国-』(以下、『ことこと』)のアップデートが開始された。今回のバージョンアップでは、“式神”やスキル部分に大幅な変更が施された。この記事では、その変更点を3つの視点から紹介していく。

[関連記事]
※ことば発見RPG『ことこと』が大型アップデートを実施

ポイント1.今度の『ことこと』は総力戦!? 6体の式神がお供に

まずは今回のバージョンアップにおいていちばんの目玉である、“式神”関連の変更について。おもな変更点は以下のとおり。

・バトルに連れて行ける“式神”が1体から5体に(+フレンドの式神1体)
・“式神”の攻撃が毎ターン行われる
・バトル中に“式神”の入れ替えが可能
・新たな“式神”の追加

1のコピー

クエストは、従来どおり“筆頭式神”1体に加えて、変化のみ使える“式神”4体の計5体で挑戦。フレンドの“式神”を連れていけるのは従来どおりで、最大6体の“式神”を手札に持つことになった。

注意すべきは、“式神”変化による効果が単純に全体攻撃ではなくなったこと。というのもスキルが刷新され、主に攻撃系or状態異常系という区分になった。よって、中盤Waveを無傷で乗り切るために“式神”変化で雑魚を一掃する、といった使いかたができなくなった。

代わりに、毎ターンお供の“式神”が攻撃してくれるので、1ターンごとの安定したダメージ量が見込めるようになっている。また、“式神”が増えたことによって、多角的な対処が可能に。

ポイント2.待望の“桃文字”が追加

つぎに、バトル面での変更点は以下のとおり。

・全体攻撃用の“桃文字パネル”が追加
・状態異常関連の追加と変更
・パネル内から最多文字を選んでくれるヒント機能の追加

キャプチャ001
キャプチャ002 - コピー4

全体攻撃になる“桃文字”のおかげで、例え2文字でも全体攻撃が出せるようになった。これによって5文字以上の言葉による全体攻撃、そして3文字以上の言葉での自動連鎖が廃止となった点は注意しよう。

さらに大幅に変更となった状態異常関連について。

凍結 ⇒ 一部の文字が凍って使用不可になる
混乱 ⇒ 一定の確率で攻撃ができなくなる
暗闇 ⇒ 一定の確率で攻撃がミスになる
ド根性 ⇒ 攻撃を受けて体力が0になる際、稀に体力1で踏ん張ることができる

エフェクトや効果が刷新され、且つそれぞれの状態異常に耐性の項目が追加された。“式神”が増えたこと、それにあわせてスキルが増えたことで、バトル面ではいままでより状態異常や属性を有効に使え、多彩な組み合わせで戦うことができる。

また、ヒント機能の追加は、各クエストで最低1回はノーリスクで使えるため、迷ったときやコンボの時間制限が迫っているときなどに役立つ。

ポイント3.まさに変化! あの“式神”があんな姿に!?

ユニット関連でも以下のような変更点が。

・パラメーターに防御の項目が追加(ダメージ減少効果)
・“式神”にレアリティが付与
・キャラクター、武器、“式神”の強化アイテムが差別化

56

なかでも、“式神”に付与されたレアリティはかなり重要だ。というのも、レアリティに比例してスキルの有用性が増し、一部の“式神”はビジュアル面のみならず、なんとボイスまで追加! お気に入りのキャラ、武器、“式神”でユニットを組んでいるプレイヤーにとって、かなりモチベーションが上がる変更と言える。

さらに独立した強化アイテムとして“おにぎり”、“鉱石”が追加。“式神”は従来どおり“結晶”、キャラクターは“おにぎり”、武器は“鉱石”での強化となる。

ポイント4.新“式神”のオススメを紹介

また、追加された新“式神”でオススメしたいのが以下の2体。スキル紹介を見るだけで、かなり使えるのがわかるかとおもう。どちらもレアリティが高いため、入手したら積極的に使っていこう。

・麒麟(☆5)……桃文字を1~3個生み出し、5ターンの間自身の体力を2000回復

麒麟_Spirit63のコピー麒麟_Spirit63_Avatarのコピー
▲新システムの桃文字パネルを自発的に生み出すことができ、全体攻撃を使ったプレイスタイルを強力にサポートしてくれるスキル。5ターンの間の回復もつき、瀕死の局面で一機逆転が狙えそうだ。

・鶴姫(☆5)……すべての状態異常を解除し、さらに2ターンの間状態異常にかからなくする

鶴姫_Spirit95のコピー鶴姫_Spirit95_Avatarのコピー
▲状態異常に関する攻防戦が増えたアップデート版において、状況を一変できる有効なスキルだ。

つい5文字を探すクセ

今回のアップデートでの変更点を紹介するため、新旧両バージョンを同時にプレイして思ったことがふたつあった。

まずひとつ。今回のアップデートの内容がかなり大胆ながら、痒いところに手が届く調整だったこと。

手持ち無沙汰だった“式神”たちにようやく日の目が……と、1.5軍ぐらいの“式神”にたいして老婆心のような気持ちを抱いた(笑)。いろいろ研究していくと、スキルが刷新されたために、いままで邪険にしていた“式神”にお世話になるかもしれないという、うれしい誤算が待っているかもしれない。

もうひとつは、攻撃面。“桃文字パネル”の登場で手軽に全体攻撃ができるようになった結果、なんとか5文字以上の言葉を作って一掃しなければやられてしまう……という、いい意味での緊張感は薄らいだように思える。しかしながら、“桃文字パネル”が画面になければ全体攻撃を使用できないため、使いどころを見極める必要も出てきた。さらに連鎖が廃止されてしまったので、運による数字のインフレになれてしまった人には、逆に厳しい戦いが待っているかもしれない。

結論、諸々の変更にともない、Waveごとの戦略性が増したことは確かである。“奥義ことば”の使用頻度も格段に増えてくるに違いない。今回のアップデートでは、10秒の狭間で言葉のやりくりをする『ことこと』ならではのプレイ体験を、プレイヤーにより戦略的に(てんやわんや)させてくれる変更となっている。

しかし便利な“桃文字”が増えても、5文字を探すクセはなかなか抜けそうにない……。

ことこと-ラセツとコトダマの国-

ジャンル
ことば発見RPG
メーカー
フィールズ
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone、Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧