1. サイトTOP>
  2. この頭の使いかたはクセになる! 脳トレ感覚なことば発見RPG『ことこと』

この頭の使いかたはクセになる! 脳トレ感覚なことば発見RPG『ことこと』

2014-10-18 00:00 投稿

「ことば」を武器に“モノノケ”に立ち向かおう!

フィールズとフューチャースコープが送る『ことこと-ラセツとコトダマの国-』(以下、『ことこと』)』がiPhone、Androidで配信中。

これから4回にわたり、ゲームの攻略をしていこうと思うが、その前に『ことこと』の基本的なシステムの紹介と、実際にゲームをプレイしてみた所感をプレイリポートとしてお届け!

img_50215_1

[関連記事]
※ことば発見RPG『ことこと-ラセツとコトダマの国-』 iPhone版も配信開始

『ことこと』 ゲーム概要 ~“言魂師”になれちゃいます~

『ことこと』は、パネルに散りばめられた文字を使って言葉を作り“モノノケ”を退治していくことば発見RPGゲーム。

本作の舞台となる“コトノハの国”に住む主人公“天草ラセツ”は、ひょんなことから“コトノハの国”の皇族“東御院ムラサキ”と出会う。彼女との出会いをきっかけに“言魂”の使い方を学び、“言魂師”としての成長を描く物語だ。

ゲームの特長は、文字をひと文字ずつタッチして選択しながら単語を作り、その文字数に比例して攻撃力が高くなるというバトルシステムだ。

『ことこと』プロモーションビデオ

キャラクターにはそれぞれ“奥義ことば”という専用アクションが用意されている点にも注目。レベルが上がっていくと、“奥義ことば”の種類が増え、キャラクターごとに個性的な成長を遂げる。

img_50215_3ことことSS_202_いばら.jpg
▲”あわ”や”いばら”など、キャラごとに持つ特定のことばを入力すると奥義ことばが発動。

武器には属性や効果の要素が存在する。クエストに合わせてキャラクター、武器、式神を組み合わせ、自分好みのユニットで“モノノケ”を退治しよう!

ヒラメキと知識が“言魂”に!

『ことこと』の魅力はなんといっても4×6マスの文字パネルの中から2文字以上を選び言葉を作って戦うところ。与えるダメージや回復、追加効果に至るまでが単語の文字数によって決まるため、その場のヒラメキと知識が強さになる。以下、バトルの基本ルール。

2
3のコピー

~『ことこと』バトルルール~
・パネルの中の文字をひとつずつタッチして、2文字以上の言葉を作る。
・作った言葉の文字数に応じて敵にダメージを与える。
・10秒以内に言葉を入力するとコンボが繋がり基礎的な攻撃力や回復量が上がる。
・色つきの文字を使って言葉を作ると、さまざまな効果が追加発動。
赤・・・コンボ数の増加
黄・・・文字数がひと文字分加算された効果
紫・・・“式神”の変化ゲージ増加
緑・・・回復

▼上記のルールを踏まえて▼

通常、言葉にしやすい4文字以下の言葉と、思いついても揃えにくい5文字以上の言葉では効果が段違い。5文字以上の単語だと全体攻撃になるうえに与えるダメージも格段に伸びるので、発想力&テクニックを磨くことが必要になってくる。

文字数とは関係なく10秒以内に言葉を入力するとコンボが繋がり、基礎的な攻撃力や回復量が上がるという要素も重要。10秒以内に5文字以上の言葉を作れば起死回生の一打になることも。

色つきの文字については、例えばHPを大きく回復したい場面では文字数の多い単語に緑文字を使たり、ボス戦への準備として赤文字でコンボ数を稼いでおく、といった風に自分なりに作戦を立てたうえで使うといい。

4
6
▲余談だが、ふあみつう (ファミ通) と入力したが認識されなかった(笑)。公式サイトから言葉追加希望で送ることができるので、今度送ってみよう。

バトルにおいてもうひとつの重要な要素“式神”

通常、式神はプレイヤーの行動に合わせて追加攻撃をするのみだが、変化ゲージが溜まると“式神”を変化させることが可能に。全体攻撃だけでなく、“式神”ごとに特殊な効果を持っており、戦闘の手助けになる。「全体攻撃で敵を一掃したいのに言葉が作れない!」といった場面や、“式神”が持つ効果を狙いたい場合は積極的に使おう!

78
9のコピー

“式神”、そして武器には属性が付与されている。その相性は以下の通り。

zokuのコピー
▲火は樹に強く、樹は雷に強く、雷は水に強く、水は火に強い。光と闇はお互いが弱点。

“式神”の変化は属性にちなんだものが多く、とくに樹属性の“式神”は回復の効果が期待できるものが多いので、序盤から終盤まで重宝するハズ。

クエストにはフレンドの“式神”も連れて行くことができ、最大で2体の“式神”を操ることができる。しかし、まだフレンドになっていない人の“式神”は連れて行っても変化させられないので注意。フレンド申請をするにはクエストが終わってからになる。

じっくり“ことこと”派? ぱぱっとコンボ派?

クエストはwave制。画面上にいる“モノノケ”を倒すと次の場面に進んでいく。“モノノケ”にはそれぞれ行動するまでのターン数が設定されており、個々でターン数は異なる

攻撃対象は任意で選ぶことができるので、基本的には行動が早い敵から狙うといい。ただしボス戦の雑魚や、苦手なアクションを使ってくる敵は先に倒す、といった選択も大事になってくる。戦況に応じて次のwaveを意識しつつ“モノノケ”を倒していこう!

10の
▲画面左上に全体のwave数といまのwave数が表示されている。コンボが消えかかっているが、つぎのwaveを見越した戦いかたが重要。
11
▲4文字以上の単語を入力できると、新しく振ってきた文字が並んで連鎖することがある。連鎖次第では強敵ですら1撃のもとに沈めることも!

“モノノケ”を倒すと金、銀、銅3種類の宝箱を入手することがあり、クエストを完了させるとアイテムがもらえる。中身はガチャを回せる“銭”、キャラクターや武器、“式神”、“式神”を強化するための素材“言魂の結晶”など。

高難易度クエストでは強力なユニットのドロップ率が上がり、手持ちのものと重複した場合は、上限レベルが引き上げられる限界突破が自動で起こる。新しいクエストが難しいと感じたら、少し戻ってアイテムを獲得しユニットを強化するといい。

アタマを使った後は甘いものが食べたくなります!

ここからは、ファミ通App『ことこと』担当ライターによる、プレイインプレッションをお届けする。

『ことこと』というやわらかい言葉から連想できるぐらい、本作の物語を通して漂う世界観は国内外問わず古き良き「京」をイメージさせてくれる和風ファンタジー

タイトル曲や戦闘中のハードな曲、さらには効果音に至るまで、すべての音が“和”の雰囲気になっていて、作品の持つ世界観にどっぷり引き込まれる&ハマれる

そんな雰囲気の中でくり広げられる戦闘は、文字パネルの中から言葉を作るというシステムで、考えを巡らせているうちにあっという間に時間がすぎていることもしばしば。ふだん何気なく使っている言葉や、いま見ている物などをヒントにして、言葉をひねり出すのがおもしろい

“言葉を作る”というゲーム性に加えて、キャラクターや装備、“式神”を成長させていく要素もあるので、自分のユニットを構築する楽しみも魅力的。コンボを積み上げていくバトルもクセになる。

(個人的な感想だけど)クエストが終わった後は、結構「アタマを使ったなぁ~」と思うので、無意識に「まっちゃ」や「まんじゅう」などの甘味系の言葉を入力してしまい、そして無性に食べたくなってしまう……これって『ことこと』のせいなのかも!?

ことこと-ラセツとコトダマの国-

ジャンル
ことば発見RPG
メーカー
フィールズ
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone、Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧