1. サイトTOP>
  2. 【TGS2014】声優・高橋未奈美&井澤詩織も出演! アソビモ新作『クロスワールド』がきそうな予感

【TGS2014】声優・高橋未奈美&井澤詩織も出演! アソビモ新作『クロスワールド』がきそうな予感

2014-09-21 13:38 投稿

“MOBAライク三人称視点アクション”という新解釈オンラインゲーム登場!

東京ゲームショウ最終日。スマートフォンプラットフォームでオンラインゲームを発信し続けるアソビモが、イベントブースで最新タイトル『クロスワールド』を発表した。

発表イベントには、本作のキャラクター“えりあ・セラフィン”役を務める高橋未奈美さん“ミネルヴァ”役を務める声優の井澤詩織さんが登場し、会場を大きくにぎわせた。

[関連記事]

【TGS2014】オンラインRPGの雄アソビモがラノベ『ワルブレ』の公式ゲームなど4タイトルを発表

▲写真最前列右側の女の子が”えりあ・セラフィン”。

最新タイトル『クロスワールド』は5対5のチーム型対戦アクションゲーム。味方と協力して、敵陣にあるメインタワーの破壊に成功したほうが勝利となる。戦闘中にレベルが上がる要素や、タワー破壊がメインミッションとなっている点からみると、MOBAに近いゲームシステムのようだ。

MOBAと大きく異なる点は、MOBAが俯瞰視点なのに対し、本作は三人称視点であるという点。この視点の変更という切り口は、これまでにありそうだったが、なかなか出てこなかったもの。三人称視点だからこそできる、派手なアクション、状況把握はゲームを大きく盛り上げてくれるだろう。

MOBAライクなゲームシステムというと、やはり気になるのがユニットの種類。今回の紹介ステージを見る限りでは、ライバックアイリーンガラティアシラユキカザキリクローリククーファンギルベルトえりあ・セラフィンミネルヴァという9種のユニットがいるようだ。

それぞれ使う武器も攻撃手段も戦闘スタイルも大きく異なるようなので、ユニットの特性把握が非常に重要になりそうだ。

キャストも自分が演じたキャラがお気に入り!

『クロスワールド』への参加が決定したときのことについて聞かれると、えりあ役を務めた高橋未奈美さんは、「えりあは、魔法少女アイドルという、女の子の夢を詰め込んだようなキャラクターなんですけど、私は小さいころから魔法使いにあこがれて、魔法使いになりたかったんです!」とコメント。

キャラクターイラストについても「イラストを最初見たら、メチャクチャかわいくてビックリしました! 正直、私でええんか? ええのんか? って、ちょっと興奮しちゃいました(笑)」と本作への参加に対する喜びを見せていた。

続いて井澤詩織さんも、自身が演じたミネルヴァについて「ミネルヴァは、すごく見た目がかっこいい軍人さんなんですけど、実はまだ10代なんですよ! 私がそれを聞いたのは収録中で、もうびっくりしちゃいました!」と述べ、「それまで彼女は、かっこいいお姉さんだと思っていたので、声を低くして演じていました。ですが、ディレクターの仲宗根さんから“彼女はキリッとした10代の 女の子だから、高い声のままキリッとした雰囲気でいいよ”と言われてしまいまして。私には“キリッとした10代”という期間がなかったので、そこを演じる のはちょっと難しかったですね(笑)」と収録中の裏話を語ってくれた。

高橋さん、井澤さんおふたりによるデモプレイが終わり、最後に本作に関するコメントが寄せられた。

「えりあは、ゲーム中にすごくよくしゃべるので、ぜひみなさんに使っていただいて、魔法少女アイドルのかわいさに触れていただけたらと思います!」(高橋)

「ミネルヴァ」はすごくかっこよくて強いお姉さんなので、ゲームが配信されたら、みなさんにもぜひミネルヴァを使っていただきたいです!」(井澤)

リリースが気になる本作だが、2015年のリリースに向けて現在絶賛開発中とのこと。ボイスドラマの収録も行われているそうなので、そちらもゲーム本編と合わせてチェックしていきたい。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧