1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 東京ゲームショウ2014>
  4. 【TGS2014】復興支援を目的とする福島Game Jamに注目

【TGS2014】復興支援を目的とする福島Game Jamに注目

2014-09-20 02:43 投稿

マトリョーシカ(?)が空を飛ぶ!

IGDA日本と呼ばれる特定非営利活動法人の国際ゲーム開発者協会が今年、3つの国と地域、13会場に288人が参加して“30時間で50作品以上”のゲームを製作に挑戦。今回はそのなかから数タイトルが会場に出展されている。

なかでも注目したのは、マトリョーシカ風の物体を目的地まで飛ばすシンプルなゲーム『孫量子化(まごりょうしか)』。

このネーミングセンス!

画面のどこでもいいからタップすると、“孫量子化”が分裂して飛んでいく。
ただそれだけのことなんだけど、どんどん小さくなったり、障害物にぶつかることで予想外の動きを見せる、シュールな世界観がジワジワと楽しくなってくるのだ。

▲タップするごとに小さくなっていく。まさに量子化!? その都度、世代が変わっていくのが物悲しくもある。
▲頭の向いているほうに飛んでいくようだ。ゴールポイントとなる光りの渦を目指して舞い上がぁ〜れ!

本イベントで製作されたゲームは公式サイトに掲載されていて、自由にプレイすることが可能。PCブラウザだけじゃなく、スマホやタブレットで遊べるタイトルも多いので、自分好みの作品を探してみてほしい。IGDA日本は、インディーゲームコーナーの”3-C1-28″にて出展中。

P.N.深津庵

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧