1. サイトTOP>
  2. 【TGS2014】『ワンピース ダンスバトル』ルフィとチョッパーのキレキレダンスに注目!

【TGS2014】『ワンピース ダンスバトル』ルフィとチョッパーのキレキレダンスに注目!

2014-09-18 11:24 投稿

ルフィVSチョッパー、ダンスバトルの行方は?

東京ゲームショウ2014、ビジネスデイ初日。バンダイナムコゲームスでは、2014年配信予定のリズムゲーム『ONE PIECE DANCE BATTLE(ワンピース ダンスバトル)』がプレイアブル出展。タイトル名の通り、3Dで描かれた麦わらの一味どうしが1対1のダンスでバトルをくり広げる。

ゲームのルールは至ってシンプル。相手キャラクターが押した譜面を覚えて、リズムに合わせてその譜面通りに画面をタップするだけ。すると敵にダメージを与えることができ、これをくり返して相手の体力をゼロにすれば勝利。

▲まずは相手のターン。相手が押したボタン(譜面)を覚えて、自分のターンに備えよう。
 
▲相手が押した譜面通りにボタンをタップ! 成功すれば相手にダメージを与えられる。

プレイアブル出展されていたバージョンでは、プレイヤーはルフィを操作してチョッパーと戦うことになるのだが、譜面をタップするたびにルフィが取るキメポーズがいちいちカッコいい! チョッパーの動きもいちいちかわいい! 3Dキャラクターの動きも滑らかで、いろいろなキャラクターのダンスを見たくなる。まさに、魅せるダンス!

また、リズムと譜面のタップ順を覚えたほうが、圧倒的に気持ちいいプレイ感覚を得られるが、完全な覚えゲーというわけではなく、押すべき譜面を青い波紋で知らせてくれるため、相手の動きをうっかり見逃してしまっても何もできずに終わることがない。この辺はリズムゲーム初心者にはありがたいところ。

実際、リズムゲーが苦手な記者でもコンボを決めることができ、見事チョッパーに勝つことができた(ひと安心w)。

コンボを決めていくと、キャラクターアイコンの下にあるゲージが上昇。最大まで溜まったところでアイコンをタップするとキャラクター固有の必殺技を発動できる。しかも、この必殺技、なんと相手も使ってくるのだ。今回遊べるバージョンではルフィは攻撃、チョッパーは回復の必殺技となっており、その種類も複数あるようだ。

プロディーサーに聞いたところ、今回のバージョンは簡単な難易度で、難しくなってくると譜面を同時押ししたり、覚える譜面の数が増えていくとのこと。リリース時のプレイアブルキャラクターは10人以上を予定している。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧