1. サイトTOP>
  2. 【新作レビュー】『ゴッド オブ スフィア』爽快アクション&育成の妙がどストライクな感じ

【新作レビュー】『ゴッド オブ スフィア』爽快アクション&育成の妙がどストライクな感じ

2014-02-21 17:41 投稿

安定のビジュアルとシステム、そして進化の余地

e-Dragon Powerより、2013年12月配信開始のiOS版に引き続いてリリースされた、Android版『ゴッド オブ スフィア(G.O.S)~千年少女と七つ首のオオドラゴン~』。細かい改良を重ね、iOS版リリース当初から大きく生まれ変わった、この作品のプレイインプレッションをお届けしよう。

[関連記事]
※【攻略】『ゴッド オブ スフィア』レイドボスイベントは強化&進化素材がヤバすぎる
※【新作】『ゴッド オブ スフィア』Android版リリース 爽快すぎるスラッシュアクションにのめり込む
※【攻略】『ゴッド オブ スフィア』骨太なアクションを紐解く鍵は”スキル”にあった
※【新作レビュー】『ゴッド オブ スフィア』評判のスラッシュアクションを試してみる
※【新作情報】『ゴッド オブ スフィア』iOS版リリース スラッシュアクションがクセになるRPG

クセのないビジュアルと、決してヌルくはない難度、そして爽快アクションにハイリターンが期待できるやり込み要素と、まるで昔の8ビット、16ビットの家庭用ゲーム機のゲームみたいな特徴を持つ本作。現在30~40代のナウなヤングたちにはビビッとくる要素が随所に散りばめられており、さながらオッサンホイホイのよう。

▲“萌え!”でも“燃え!”でもない、中性的なキャラクター。これを見るとなぜか安心感が湧いてくる。

ゲーム内容は先行して配信を開始したiOS版とまったく同じ。ゲームの詳細はこちらを参照してほしい。激しく画面をこすり続けることになるため、瞬く間にスマホ本体が熱くなり、画面をこする指にダメージが出る(!?)可能性もあるが、スラッシュアクションはやはり気持ちいい。プレイを重ねれば、きっと指の皮も鍛えられる! ……といいなぁ。

 
▲画面上に出現する“スフィア(球体)”をスラッシュで斬ることで、敵を攻撃していくというシンプルなルールのアクションゲーム。敵味方の属性の相性と、正確なスラッシュがカギを握るのだ。

ゲーム内容については、じつはiOS版と同じどころか、データも同期されている。そのため、iOS版で鍛え上げているプレイヤーのキャラクターをクエストに連れて行けば、圧倒的な戦力アップが見込めるのだ。ついでにフレンドになってもらえれば、しばらく安泰である。

自分も「この恩は後で返すからね。たぶん返すからね。忘れなかったら返すからね」と、だんだんと適当になってはいるが感謝の意を示しつつ、まずは他人の力を借りて一気にシナリオを進めることができた

▲序盤のクエストでも、強力なプレイヤーが出てくることも多い。強いユニットがいたら、いっしょにクエストに連れていこう!

iOS版のリリース直後は、一撃で全滅もあるガチすぎる難度設定に心折れたユーザーもいたようだが、現在は改良が重ねられ、そこそこの戦力でも戦術次第でかなり進めるようになっている(※)。いくらアクションが爽快と言えども、勝てなければ台無しなので、この調整は大歓迎だ。オンラインでの良ゲーの条件は、運営の対応力にあると言われているが、その意味では本作の対応の頻度、内容は評価されていいものだと言える。

※何やらぼかしまくった言いかたになってしまったが、イベントにもふつうに参加できる。具体的には、HRのユニットを1体手に入れてある程度レベルを上げておけば、それだけでイベントの“初級”ステージがクリアーできるほど。

▲ゲーム開始から約2週間。現在オープンされているエリアの3分の2くらいクリアーできた。ストーリーもかなり読み応えある内容になっているので、プレイするモチベーションには事欠かない。

爽快なスラッシュアクションと並ぶ本作の柱が、ユニット育成である。通常の強化に関しては一般的なシステムで行われるのだが、レア度と能力を上昇させる“進化”が特徴的。ユニットが進化することで使用コストも上昇し、使いにくくなるというのはよくある話だが、本作では進化後もコストが据え置きになっているのだ。

進化に必要なアイテム集めは、確かになかなかたいへんだ。しかし、このコスト据え置きのおトク感を考えれば、俄然やる気が出るというもの。増税前に駆け込み消費しようと思っても、そもそもその予算がない庶民の鑑のような存在の自分にとって、“据え置き”という要素そのものが神だと思える。

▲進化は基本的な能力が底上げされるだけで、マイナス成長の要素がないのがうれしい。

ちなみに、進化用のアイテムはふだんのクエストではなかなか出ないが、期間限定イベントに参加すればけっこうアッサリ手に入ったりする。「課金以外どうしようもない!」と、“詰み”状態にはならず、どこかに手段が用意されているのはうれしいところ。

▲進化用のアイテムは、曜日クエストでも入手可能。ただし、けっこうハードルが高いので、ある程度回復アイテムをつぎ込む覚悟を決めて臨むことが必要だ。

リリースから間もないため、大イベントの同時開催など、大規模な仕掛けはまだまだこれからというところ。現状、すべてがシンプルにまとまっているだけに、これからどうとでも展開することが可能な本作、どのように進化していくのか楽しみである。

ゴッド オブ スフィア(G.O.S)~千年少女と七つ首のオオドラゴン~

ジャンル
アクションRPG
メーカー
e-Dragon Power
配信日
配信中
価格
基本無料(アイテム課金あり)
対応機種
iOS 4.3 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み Android 要件 4.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧