1. サイトTOP>
  2. 【神アプリ】2013年ファミ通App編集部的BESTゲーム20 暫定版

【神アプリ】2013年ファミ通App編集部的BESTゲーム20 暫定版

2014-01-01 12:00 投稿

激選した至高の20タイトルを紹介

さて、本記事では、ファミ通App編集部が選んだ2013年のBESTゲーム20(暫定版)をお送りします。昨年リリースされたタイトル(海外作品の日本語版化も含む)の中から、編集者やライターが実際に激ハマりした20本をお届け。誰もが知っている人気タイトルから、ちょっとマニアックなものまで取り揃っています。気になる作品があったら、これを機会にぜひどうぞ。では、さっそくいってみましょう!(※価格は、2013年12月30日時点でのものです)

[2012年のベストゲームはこちら]
※2012年ファミ通App編集部的BESTGAME 暫定版(1位~5位&神アプリ)

※2012年ファミ通App編集部的BESTGAME 暫定版(6位~10位)

ベストゲーその1
ブレイブ フロンティア

Android/iOS
メーカー:エイリム
価格:無料(アプリ内課金あり)

緻密に描かれたドット絵が動きまくり!

特筆したいのは、バトルのお手軽さと奥深。本作は画面をタップして攻撃するのだが、攻撃タイミングを合わせることでダメージがアップする“SPARK”が加えられている。

つまり、“タップ”という単純作業の中に“タイミングを計る”という戦略性が同居しているってこと。同じユニットと配置でも、タップするタイミングを少し変えるだけで倒せなかった敵が倒せたりするから、けっこう大事なんだよねぇ。新しく追加されたユニットをパーティーに加えたりすると、ベストなタイミングがまた変わってくるし。

王道RPGらしいストーリーや壮大なBGMも気分を盛り上げてくれるけど、新しいパーティーでSPARKのベストタイミングを探すのも、ひとつの楽しみかただと思う。

[関連サイトはこちら]
※『ブレイブ フロンティア』攻略まとめ

ベストゲーその2
チェインクロニクル

Android/iOS
メーカー:セガ
価格:無料(アプリ内課金あり)

魅力はキャラの見た目や声優だけでなく……

本作はタワーディフェンスだが、よく挙げられる特徴は“キャラクター200人以上”“豪華声優陣”“ボリュームのあるシナリオ”……などの世界観や演出まわりだ。

個人的にはキャラの見た目にこだわりはなく、この手のゲームではひたすら強さを求めるので関係ない、はずだったのだが……。始めて間もなく引いた、レア度SRの盲目僧侶ノエル。兄に寵愛され育ったけど、じつは外の世界に憧れていて……的なを後で知ってヤラれ、いまもメインで活躍中。

もっとも、こうしたキャラまわりだけでなく、テンポよく進むバトル、スキルやアビリティを踏まえたパーティ構成の戦略性など、ゲームシステムもしっかりした作品だからこそ、楽しく続けられるのだろう。

[関連サイトはこちら]
※『チェインクロニクル』攻略まとめ

ベストゲーその3
ドラゴンポーカー

Android / iOS
メーカー:アソビズム
価格:無料(アプリ内課金あり)

リアルタイムのつながりはやはり最強

第1報が飛び込んできたのは2012年夏。ファミ通Appでは、配信前から激推しを決めていたほどの超注目作である。それから、クオリティーアップのための幾度かの配信延期を経て、まさに満を持して、今年5月にiPhone版がリリース。正直、長かった。

しかし、この開発期間もプレイをして納得。ゲーム性は、これまでにあったゲームの何にもない独創的なもので、たちまち多くのプレイヤーを魅了した。とくにポーカーのシステムが採用されたバトルシステムが秀逸で、リアルタイムでつながった5人が協力して手役を完成させ戦う一体感は、ガッチガチのPCオンラインRPGで味わえるそれに通じるものがある。

硬派なカードイラストも本作が異彩を放つ理由のひとつである。

[関連サイトはこちら]
※『ドラポ』攻略&最新情報総合ページ

ベストゲーその4
クラッシュ・オブ・クラン

Android / iOS
メーカー:Supercell
価格:無料(アプリ内課金あり)

スマゲをバカにしている人がチビるレベル

もともとストラテジー系好きってのもあってほぼ一目ぼれ。ゲームをひとことで表現すると、自分の村を拡大していって、兵士を強化し、ほかのユーザーの村を襲って村拡大の資源を奪い取る……。

村を大きくするためにはほかの人を襲う必要があり、全プレイヤーがほぼほぼ敵! 資源を10万単位で奪われると一日落ち込み、逆に襲いに行って全滅させられると、スマホを道路に叩きつけて壊したくなるくらいの怒りがこみ上げてくる。あれ、これじゃストレスだらけのクソゲーみたいじゃないか!

いや、それ以上に村の成長を眺めているだけで超幸せな気分になれるから不思議。スマゲをバカにしてる人にぜひ体験してほしい。この神レベルのゲームバランスを。

[関連サイトはこちら]
※『クラッシュ・オブ・クラン』攻略まとめ

ベストゲーその5
騎士とドラゴン

Android / iOS
メーカー:リプレーション
価格:無料(アプリ内課金あり)

次世代にも受け継がれたドット絵の魅力

“ゲームのおもしろさの本質は、そのゲーム性にある”。ゲーム好きなら誰もがわかっている真理だけど、ハードの進化や技術の向上で“ゲーム性<見栄え”という風潮が生まれたことは否定できないと思う。

でもそれって、悪いことではない。見た瞬間に心奪われる映像美や作り込まれたキャラの動きなどは、ひとつの方向性として絶対に“アリ”だから。そんな中、あえて昭和の匂いがするドット絵で画面を覆い、そのゲーム性だけで勝負をしてきたアプリが存在する。たった6人の若者が作り上げたRPG『騎士とドラゴン』だ。

ゲームの説明はしない。とにかく、やってみてほしいおもしろさのバトンは確実に次世代にも手渡されたと、確信できると思うから。

[関連サイトはこちら]
※『騎士とドラゴン』攻略情報まとめ

ベストゲーその6
ヘイ・デイ(Hay Day)

Android / iOS
メーカー:Supercell Oy
価格:無料(アプリ内課金あり)

ザシューッと刈って、バーッと種まき♪ クセになる!

農園シミュレーションの『ヘイ・デイ』は、スライドを中心とした直感的な操作が遊びやすい! 鎌で作物を一気に刈り取ったり、種を畑一面に蒔くのもスルスルーっと指一本。農作業だけど、作業的にならないところがミソなんですね。

しっかりと日本語ローカライズされているのもポイント。飼育しているニワトリがタマゴを生んだら「おまたせー!」、収穫後には「ごはんまだー?」と空腹を訴えたりと、セリフもほのぼのとさせてくれます。酪農に留まらず、魚釣りや鉱山発掘までできて、のめり込んだらノンストップですよ。

また、ほかのプレイヤーの農場を覗くと、皆思い思いにレイアウトを工夫して楽しんでいる様子。愛されている作品だと実感します。

[関連サイトはこちら]
※【注目アプリレビュー】キング・オブ・農場シミュレーション『ヘイ・デイ』上陸!

ベストゲーその7
ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル

Android / iOS
メーカー:KLab,ブシロード
価格:無料(アプリ内課金あり)

このアプリのおかげでμ’sに出会えました

カードゲームの育成要素に、スマホと音ゲーの相性のよさを発揮したのがこのアプリ。一見、ただのキャラ推しリズムゲームかと思いきや、本格音楽ゲームに負けないくらいのやり応えが十分ある。

最高難易度を誇るEXPERTをプレイすれば、息もつかせぬテンポで押し寄せてくるリズムアイコン! 正直、μ’sのメンバーのカワイイ表情や、特技が発生したときの掛け声とカットインを楽しむヒマなんてない。これは純粋に音ゲーとして、僕がスコアアップを目指しているからだ。

また、部員育成要素によって少しずつではあるが、スコアアップしていって自分の成長を感じられる。僕は、このアプリをきっかけに、TVアニメも見始めました(笑)

[関連サイトはこちら]
※【ブシモまとめ】『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』関連記事一覧ページ

ベストゲーその8
キャンディークラッシュ

Android / iOS
メーカー:King.com
価格:無料(アプリ内課金あり)

アメとムチと中毒性

人としてダメになるのではないかと思うくらいの強い中毒性を持った、シンプルパズル。ゲームルールは、同じキャンディーを揃えて消すというだけの、よくあるものだ。

しかし、通常のパズルゲームとは異なり、このゲームには運要素が大きく絡んでくる。もちろん、運が悪くクリアーできないという場合も多々あるのだが、運よく凄まじいコンボが決まったときの気持ちよさが、それまでの苦難すべてを塗り替えてしまう。それほど強烈な快感を味わえるのだ。幸運と不運により生み出されるアメとムチシステムが、ここまでガッツリとマッチすることも珍しいだろう。

ボリュームも遊びきれないほど用意されており、ハマったらなかなか抜け出せない作品だ。

[関連サイトはこちら]
※『キャンディークラッシュ』攻略まとめ

ベストゲーその9
サウザンドメモリーズ

Android / iOS
メーカー:アカツキ
価格:無料(アプリ内課金あり)

ちびキャラのかわいさでとにかくがんばれる!

9体で編成したちびキャラをつなぎ合わせて戦っていく本作。戦闘難易度は中の上と、自分なりの戦略をいくつか持って戦いに挑まないと返り討ちにあうこともたびたび。そんな濃い戦いや、重厚なストーリーが楽しめる本作は、RPG好きにはたまらない作りとなっている。

しかし、RPG好きじゃないユーザーにもオススメしたい点がある。それはちびキャラのかわいさ。筆者的にはまさに“癒し”と言っても過言では無い。そんなかわいいちびキャラをコレクションするという楽しみかたも本作ならできてしまうのだ。ですので、戦闘に詰まってしまい挫折しそうになっても、かわいいちびキャラたちのためならめげません……という精神も持って、本作を楽しんでくれたらと思う。

[関連サイトはこちら]
※好発進の注目RPG『サウザンドメモリーズ』の基本をまとめてみた

ベストゲーその10
モンスターストライク

Android / iOS
メーカー:ミクシィ
価格:無料(アプリ内課金あり)

ピンボール型アクションに激ハマり!

“球”になったモンスターを弾いて飛ばして、敵をやっつけていく。テキトーに弾いても十分遊べる直感的な操作に加え、敵と壁の位置関係を見極めて連続HITを狙って弾く“ピンボール”のような戦略性も楽しめる。子どもから大人まで楽しくプレイできる間口の広さが、『モンスターストライク』の大きな魅力。

とくに盛り上がるのが、最大4人のプレイヤーが参加可能なマルチプレイ!! シングルプレイで行き詰まってしまった人でも、友だちや家族と協力してクエストを進めることもできて、さらにマルチプレイではアイテム出現率が高くなるところもオイシイ。友だちと顔を突き合わせながらワイワイ遊べるのが本作の醍醐味と言える。

[関連サイトはこちら]
※【新作情報】言うなれば“ひっぱりハンティング” 『モンスターストライク』は最大4人同時プレイが熱い

ベストゲーその11
ガンダムコンクエスト

Android / iOS
メーカー:バンダイナムコゲームス
価格:無料(アプリ内課金あり)

ガンダムをとことん楽しめ!

『機動戦士ガンダム』『キングダムコンクエスト』のコラボタイトル、『ガンダムコンクエスト』。コラボの相性は抜群で、自分のコロニーを発展させたり、好きな機体でユニットを組んで戦争に挑んだり、機体を自分で操作して遊べるアクション要素があったりと、2作品の魅力が見事に融合。街づくり系や戦闘系のシミュレーションが好きな人から、アクションゲームが好きな人まで、さまざまな人が楽しめる一本となっている。

戦争もアクションもひとりだけではなく、ほかのプレイヤーや友だちといっしょに遊ぶことができ、最高に盛り上がる。原作を知っている人はもちろん、あまり詳しくないという人でも、ついつい続けて遊んでしまうような一本だ。

[関連サイトはこちら]
※『ガンダムコンクエスト』まとめページ

ベストゲーその12
ギャングスター ベガス

Android / iOS
メーカー:ゲームロフト
価格:Android版は99円、iOS版は100円

拳銃片手に旅行気分を満喫!?(笑)

『ギャングスターリオ』に激ハマりした身としては、プレイしないわけにはいかない! ということで、配信直後からさっそくプレイ。前作とは打って変わって華やかな繁華街が舞台でありながらも、ギャングスターシリーズ特有の“ひりひりした危なさ”は顕在

拳銃でドンパチ、路上の一般人も関係なくナタで殴打など、やりたい放題な要素に加えて、ゲーム内最強の武器との噂も高い“乗り物”のバリエーションが増えている点も大きなポイント。

また、ラスベガスの街並みをモチーフにしていることもあり、実際に現地へ足を運んだことのある人ならば、「ここってあそこだよね?」と、ゲーム内の景観を見て、旅行の思い出にも浸れますよ!(笑)

[関連サイトはこちら]
※【動画あり】激ヤバの『ギャングスターべガス』を先行プレイ

ベストゲーその13
Plague Inc.‐伝染病株式会社‐

Android / iOS
メーカー:Ndemic Creations
価格:Android版は無料、iOS版は100円

伝染病を進化させて人類に戦いを挑め!

伝染病を進化させていき、人類を滅亡させるのが目的の異色のシミュレーションゲーム『Plague Inc.‐伝染病株式会社‐』。スマホのアプリらしく手軽にプレイできますが、攻略性が非常に高いのが本作のポイント。感染をスタートさせる国選びや、“DNAポイント”を使って伝染病をどのように進化させるかなど、さまざまな戦略を練ってゲームを進めることができます。

“伝染病を広めて人類を滅亡させる”というゲーム内容は、かなり過激ですが、食わず嫌いをするにはもったいないデキ。また、前よりも強力な伝染病を作ろうと意気込んで、何度もプレイしたくなるなど、いろいろな意味で中毒性(笑)があるので、これはぜひ遊んでみてください!

[関連サイトはこちら]
※『Plague Inc.‐伝染病株式会社‐』攻略まとめ

ベストゲーその14
謎解き・脱出ゲーム:マヂヤミ彼女 ~リアルホラー系ゲーム~

iOS
メーカー:MIOYAMAZAKI, beArk
価格:無料

身近で起こりうる恐怖がジワジワと……

本作の“彼女”は、彼氏を想うがゆえに心を病んでしまいます。そして彼の携帯をチェックし、浮気の痕跡を探る……。脱出ゲームはいろいろプレイしていますが、そんな行動をゲームとして取り入れている作品は初めてでした。

背徳感を感じつつも、メールや通話履歴を漁っているときは妙にドキドキ。そうして浮気の証拠をつかむと、彼女はついに暴走し、彼氏を閉じ込めてしまうのです。ここから彼氏サイドとなり、部屋から脱出を図るわけですが、仕掛けもなかなか凝っています。ふたりの思い出を題材にしたギミックもあったりと、物語と密接なところにもゾクッ……。

最後は予想通りの後味の悪さ、そして……。意外な展開に天晴としか言いようがありません。

[関連サイトはこちら]
※【個人開発ゲームを斬る】『マヂヤミ彼女』本年度最高の謎解きゲーム

ベストゲーその15
インフレーションRPGクエスト

Android / iOS
メーカー:Tatsuki Sasaki
価格:無料

注目はインフレなレベルアップだけじゃない件

RPGと言っても、どこぞの魔王を倒すのが目的ではない。限られた戦闘回数のなかで、いかにレベルを上げられるかを競う。

装備品を持ち越しできる周回プレイが前提なゲーム性ゆえ、最初は苦戦していた強敵を低レベルで倒せるようになるのがポイント。結果、1回の戦闘で数百以上ものレベルが上がることになる。

この爽快感が本作の醍醐味なわけだが、やり込むうちにふと気が付いた。どのステータスを成長させるか? どの装備の組み合わせがいいのか? どの敵をどのルートで倒すか? など、高レベルを出すことを突き詰めると、奥深い戦略も要求されるのだ。冒険を効率化させる多数のレアな装備品の存在ともあいまって、ついついプレイしてしまった作品。

[関連サイトはこちら]
※【注目アプリレビュー】『インフレーションRPGクエスト』で10000レベル越えの快感を

ベストゲーその16
Deer Hunter 2014

Android / iOS
メーカー:Glu Games
価格:無料(アプリ内課金あり)

身を潜め引き金を引く手のひらサイズの臨場感

野生の王国は毎日が弱肉強食。生きとし生けるものたちが、大自然を舞台に戦っている。そんな彼らの世界に忍び込み、獲物を仕留めて賞金を稼ごうと企むのがプレイヤーの立ち位置。

一歩間違えば喰われる危険な環境で、仮想空間ながらリアルな感覚やスリルを味わえるのは、美麗なグラフィックと動物たちの描写ゆえだ。対象に応じて銃を替え、心臓を1発で撃ち抜いたり、一定時間で規定数を仕留めたりと、ミッションは多彩。射抜いた動物の断末魔がじつに物悲しく、達成の喜びと同時に罪悪感まで感じてしまう。

銃のカスタマイズ、世界中のハンターと協力するクラブハントなど、お手軽だけど奥深いハンティングワールドは今日も手のひらに広がっている!

[関連サイトはこちら]
※【注目アプリレビュー】狩猟本能を研ぎ澄ませ!隠れた名作『Deer Hunter 2014』

ベストゲーその17
オーシャンホーン – 未知の海にひそむかい物

iOS
メーカー:FDG Entertainment
価格:900円

子どものころに遊んだゲームらしいゲームがここに

『ゼルダ』インスパイアともとれるゲームデザインを見ると、僕らが子どものころに遊んだ“ゲーム”が帰ってきた、そんな印象の一作。”ゲームっぽいままキレイになった”という言葉がふさわしい、非常に美しいグラフィックは一見の価値ありです。

また、単純にリアルというわけではない、四角いパーツを組み合わせましたという形のフィールドは、ゲーマーなら逆にテンションアップでしょう!

それから、ファンタジーRPGのベタすぎる展開でありながら、植松伸夫氏と伊藤賢治氏の手がけた音楽や演出のうまさでグッとくるものに仕上げているのはすごいですよ。ちなみに僕は、父親が旅に出るオープニングのシーンで涙が出そうになりました。

[関連サイトはこちら]
※【新作情報】ノビヨ&イトケンが楽曲提供した『オーシャンホーン』は名作の予感 900円の価値あり!

ベストゲーその18
Dokuro

Android / iOS
メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
価格:Android版は105円、iOS版は100円

温かみのあるチョークイラストとストーリーに引き込まれる~!

もともと、タッチパネル操作も組み込まれているプレイステーションVita向けで発売された本作。魔王に囚われた姫の見張り番を務めていたドクロが、姫をかわいそうに思い魔王城から逃がしてあげるという最初のストーリーの時点で、涙腺が……

素朴なチョークアートで描かれたグラフィックは地味ながら、味わい深く、字幕と静止画で描かれるストーリーも引き込まれます。タッチパネルを活かした独特のアクションや登場する敵との戦闘など、ゲームとしての完成度も非常に高いです。

複雑怪奇なパズルを、試行錯誤して解いた瞬間の快感はひとしお。ほのぼの気分のときとは段違いの気持ちよさが、『Dokuro』の中にはあるんです!

[関連サイトはこちら]
※【新作情報】『Dokuro』PS Vitaの名作がスマホに ただいま100円!

ベストゲーその19
Anomaly 2

Android / iOS
メーカー:Chillingo
価格:Android版は520円、iOS版は100円

戦略性が高くユニット変形もアツい!

リアルタイムストラテジーゲーム。部隊を編成して目標地点までのルートを選択。ルート上に待ち受けるエイリアンを撃破しつつ、目標地点への到達を目指す。基本的にはこれだけだが、突如、敵の増援が出現するお約束の展開もあるため、戦況に応じて部隊の補充・強化や進行ルートの再設定を行う必要がある。

また、画面左に表示されるアビリティも超重要。部隊の耐久力を回復したり、デコイで敵の攻撃を誘導し、その間に一気に殲滅したりと、アビリティの使いかたが戦局を大きく左右する。

……と戦略性の高さをアピールしてみたが、個人的にいちばんツボだったのが、ユニットが変形できること! 形態によって射程や攻撃力が変化するため、戦術にも変形の要素が影響する。難易度はカジュアル、ノーマル、ハードコア、ナイトメアの4段階あるが、ノーマルでもかなりの歯応え。全編英語のため、ストーリーを楽しみたいならご注意を。

ベストゲーその20
パズドラチャレンジ

Android / iOS
メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
価格:無料

タイムアタックに一喜一憂したあの日々

あの『パズドラ』が競技になるとは誰が想像できたでしょうか? 2013年4月に行われたパズドラ感謝祭で『パズドラチャレンジ』の全国大会まで開かれたことも記憶に新しいよね。決勝まであがってきたのはなんと全員小中学生! やはり動体視力がものをいうのか……と、この時ばかりは自分の老いを恨みましたよ。

『パズチャレ』は独特の中毒性があって、大会後もたまに立ち上げてタイムアタックしちゃうんだよね。しかもファミ通App、AppBankのコラボダンジョンも追加されたもんだから、さらにモチベーションもアップ! 来年も全国大会があるだろうから、いまからコソ練じゃ! ゲーム中に全国ランキングが実装されたらさらに熱いだろうなあ。

[関連サイトはこちら]
※【パズドラチャレンジ:攻略】2分以内を目指すためのオキテと練習法

※2013年12月30日時点では配信停止となっています。

2012年リリースタイトルもまだまだ人気!

ここからはちょっと番外編。2013年にリリースされたわけではないけれど、2013年も編集者やライターがやり込んでいた注目タイトルのインプレを紹介。これらのタイトルは今年もまだまだ盛り上がりそうです。

パズル&ドラゴンズ
Android/iOS
メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
価格:無料(アプリ内課金あり)

育てても育てても育て足りない!

もう語り尽くされているタイトルだし、みんな遊んだことあるでしょ? なので、ここでは自分の『パズドラ』の近況でも書こうかと

最近、いろいろなモンスターの究極進化が恐ろしいペースで追加されているのだが、正直、モンスター育成がまったく追いつかない。とくに究極進化って、ミスリットや番人を使いまくるから、たくさん集めてもすぐに使い切ってしまう。

最近の悩みは、ダブトパリットがなかなか出ないってこと。金曜ダンジョンに行きまくっても、バトル5(ダブトパリット、ダブミスリット、ダブアメリットが出てくる)でなぜかダブトパリットのタマゴは落ちないで、ほかの2体が余りまくり……。BOXに“究極進化待ち”モンスターが溢れているよ!

[関連サイトはこちら]
※パズル&ドラゴンズ(パズドラ)攻略まとめwiki

ドラゴンリーグX(ドラゴンリーグA)
iOS(Android)
メーカー:アソビズム
価格:無料(アプリ内課金あり)

人生の縮図。それが『ドラリー』だ!

2013年10月30日に1周年を迎えてなお、モチベーション高く遊び続けている『ドラリーX』。もう何度書いたかわからないが、本作の魅力は”仲間たちとのコミュニケーション”だと思う。

当然ドラゴンリーグ優勝、ドラゴンバトル勝利といった目標はあるが、それはあくまでこのゲームの表面的な要素でしかない。部活動感覚で、仲間たちと勝利のために作戦を立てたり、内輪話に興じたり、時には真剣に喧嘩したり、人の数だけドラマがある。まさに人生の縮図のようなゲームなのだ。

遊び始めた時期がいっしょの人たちと遊べるシステムなので、いま遊び始めてもまったく問題なし。もしわからないことがあれば、僕に聞いてください!(笑)

[関連サイトはこちら]
※『ドラゴンリーグ』シリーズ攻略まとめ

にゃんこ大戦争
Android/iOS
メーカー:ポノス
価格:無料(アプリ内課金あり)

オリジナルにゃんこで楽しさが倍増したよ!

正直なところ、第3章のラストまで到達した時点でプレイはひと段落って感じだったのだけど、今年の夏に行われたアップデートでにゃんこ熱が再来。猛暑だった今年の夏が、さらに熱くなったんだからいい迷惑……いや、ポノスさんありがとう。

もともとキモカワにゃんこたちが魅力のアプリだけど、アップデート後はタガが外れたというか、クリエイターの升田さんの中で何かが壊れたよう。もはや原型のねこを止めないブッ飛びキャラたちがさらに魅力を増しています。日本を制圧して満足しちゃってる人も、もう一度プレイを再開してみよう。にゃんこたちのパワーアップ加減にビックリさせられるよ。オリジナルにゃんこを同梱した単行本もよろしくね!

[関連サイトはこちら]
※『にゃんこ大戦争』攻略&最新情報まとめ

ケリ姫スイーツ
Android/iOS
メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
価格:無料(アプリ内課金あり)

単純に見えて奥深い、大空に放物線を描く爽快感

左端に並んだメンバー(姫さまの家来たち)を指でタッチして、そのまま左下に引っ張って放すと、ビヨーンと放物線を描いて飛んで行く。まずはそのアクションの気持よさ

メンバーそれぞれのスキルが異なり、画面をタップすると発動するのだが、そのタイミングと狙いの定め方が射幸心をくすぐる。どのメンバーから蹴るか、どの敵から倒すかという部分に戦略性があって、頭脳プレイも楽しめちゃう

いろいろなゲームのやり込み要素を盛り込んでいるから飽きないというわけだ。姫さまがイケメンを探して冒険するというストーリー部分や、戦いに失敗した時に姫さまが怒る様子もおもしろい。最近の女子の”激おこ”ってこういう感じですか(笑)。かわいいなあ

[関連サイトはこちら]
※『ケリ姫スイーツ』攻略&最新情報まとめ

2013年ファミ通App編集部的BESTゲーム20(+α)暫定版はいかがだったでしょうか? お気に入りの1本が見つかれば幸いです。それではよいお正月を! ……と締める前に、もう1本大事なアプリをおススメしておきます。

ファミ通App-アプリ情報-
Android / iOS
メーカー:エンターブレイン
価格:無料

ファミ通Appの記事をアプリで見やすく! あ、手前味噌でどうもすみません。が、今年は冒頭でも述べた【お年玉企画】もやっているので、まだ手に入れてない人はぜひこの機会にどうぞ。

※価格は2013年12月30日時点のものです。
(C)2013 Alim Co., Ltd. All Rights Reserved.(C)SEGA /(C)SEGA Networks (C) 2013 Asobism Co., Ltd. All Rights Reserved. (C) 2012 Supercell  (C)Ripplation Inc.. (c)2012 Supercell (C)2013 プロジェクトラブライブ! C)KLabGames (C)bushiroad All Rights Reserved.  (C) King.com Limited 2011-13. All rights reserved. (C)Akatsuki Inc. (C)mixi, Inc. All rights reserved. (C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS (C)2013 Gameloft. All Rights Reserved. Gameloft and the logo Gameloft are trademarks of Gameloft in the US and/or other countries. (C) 2011, Ndemic Creations LTD (C) MIOYAMAZAKI, beArk (C)Tatsuki (C)Glu Mobile (C)2013 Cornfox & Bros. Ltd. and FDG Entertainment GmbH & Co KG (C)GungHo Online Entertainment (C) 11 Bit Studios (C)2013 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. (C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. (C)2012 Asobism,co.ltd.(C)2013 Asobism,co.ltd. (C) PONOS Corp. (C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧