1. サイトTOP>
  2. 『ガンダムエリアウォーズ』MS部隊を編成し新たなる戦場へ向けて出撃せよ!

『ガンダムエリアウォーズ』MS部隊を編成し新たなる戦場へ向けて出撃せよ!

2013-01-24 18:27 投稿

大規模アップデートが行われ、さらなる人気を獲得した『ガンダムエリアウォーズ』。今回は、その人気の秘密を明かすとともに、新情報をお届けするぞ。『ガンダム』ファンなら押さえておきたい本作。まだ遊んだことがない人はもちろん、すでに遊んでいる人も要チェックだ!

●ずっと思い描いていた夢の部隊が作れちゃう

あの戦争のときに、あんな部隊で戦っていたら、どんな結果になっていただろう? あのモビルスーツとあのモビルスーツが共闘したら、きっとすごく強いに違いない! 『ガンダム』のファンなら、一度はそんな妄想をしたことがあるだろう。本作は、その”if”を再現できる夢のゲーム。ミッションを進めることでモビルスーツを獲得し、自分だけの部隊を率いて戦えるという点が、大きな魅力となっているのだ。本作で、自分の妄想を爆発させてみよう!

 

▲自分の思うがままの最強の部隊を作り上げろ!

●ミッションをこなして、一年戦争を追体験しよう

本作は、『機動戦士ガンダム』の作中でくり広げられた大戦、一年戦争をモチーフにしている。ストーリーの解説とともに一年戦争が語られるため、アニメを見たことがない人でも楽しめるぞ。アニメを知っている人であれば、懐かしさを覚えるだろう。一年戦争を追体験し、『ガンダム』の魅力を再確認しよう。

 
▲ガルマ・ザビとの戦い。シャアの「坊やだからさ」のセリフを胸の内に用意しながら、のちのギレン・ザビの演説を心して迎えよう。

 

ミッション中にハプニングが起きることも!?

ミッション進行中には、エースパイロットに急襲されるという突発イベントが発生することもある。相手は総じて強敵だが、制限時間以内に倒せれば、新たにモビルスーツをゲットできるぞ! しかも、運がよければ、レアなモビルスーツが手に入ることも!! 原作のストーリーには存在しないイベントだが、自分の部隊を強化するまたとないチャンスなので、積極的に参加していこう!

▲迫り来る青い巨星を返り討ちにするのだ!

●パイロットも鍛えよう! 新要素パイロットシステム

これまで、モビルスーツが主役となっていた本作だが、ついにパイロットにも焦点が当てられる! それが、パイロットシステムだ。モビルスーツのスキルとは別に、パイロットにもスキルが実装され、バトルはより戦略性の高いものへと昇華。また、パイロットのスキルは、ほかのパイロットから能力を継承することで強化可能となっている。さらに、スキルそのものを継承して、パイロットが所有するスキルの数を増やすこともできるぞ。これにより、部隊編成とはまた違った、スキル編成の楽しみも追加されるというわけだ。

 
▲パイロットの実力も戦況を左右する要素に!!

 

ファーストインプレッション

●王道の安心感と重厚な世界観が魅力!

本作は、Mobageの『ガンダムロワイヤル』、グリーの『ガンダムマスターズ』に続いて、2011年11月に配信されたiOS向けのソーシャルゲーム。複数のゲームモードが用意されているが、今回重点的にプレイしたのは、時間経過で回復するENを消費しながら進行度を高め、物語を進める”ミッション”、コンプリートでレアなモビルスーツ(以下、MS)の設計図を奪い合う対人戦”バトル”、ゲーム内通貨などで回すMSベンダー機”ガシャ”、ベースと素材をかけ合わせてベースを育成する”強化”の4つ。一昨年のゲームということもあり、システムはフィーチャーフォンがベースになっているが、シンプルに楽しめる手堅い作りは、どこか安心感がある。それでいて、同種のMSを入手した際の自動合成、レイドボス的な存在の”エースパイロット”など、昨今のソーシャルゲームのトレンドもしっかりと取り入れられており、全体的に完成度の高い仕上がりを見せている。そしていちばんの特徴は、SDキャラクターの『ガンダムロワイヤル』、アニメタッチの『ガンダムマスターズ』などとは大きく異なる、ハイクオリティーで重量感のあるMSのグラフィックだ。ガンダム好きなら誰もが安心して楽しめるアプリとなっているので、本作の重厚な世界観が琴線に触れた人は、ぜひプレイしてほしい!(バロンマサール)

[関連記事]
※【アイテム付き】『デジモンクルセイダー』みんなも知ってるあのデジモンたちも一挙参戦中!
※【アイテム付き】『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』迫力のバトルと本格TCGが熱い!
※【アイテム付き】『ウィザードリィ~戦乱の魔塔~』激化する戦乱を生き延びろ!

ガンダムエリアウォーズ

メーカー
バンダイナムコゲームス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5 ※iOS4.2 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧