1. サイトTOP>
  2. 『ウィザードリィ~戦乱の魔塔~』激化する戦乱を生き延びろ!

『ウィザードリィ~戦乱の魔塔~』激化する戦乱を生き延びろ!

2013-01-24 18:32 投稿

世界的な名作に数えられる『ウィザードリィ』がソーシャルゲーム化! 多くのゲームファンの注目を集めるその作品の中身は、果たしてどういったものになっているのだろうか!? 往年の『ウィザードリィ』らしさはどう再現されているのかなど、ファンには気になるアレコレについて迫っていこう。

●個性豊かな冒険者たちと旅に出よう

本作には、ヒューマンやエルフ、ドワーフ、ノーム、ポークルなど、個性溢れるさまざまな種族が仲間として登場する。種族の違いでステータスが大きく異なることはないが、種族と相性のいい職業に就いた冒険者は、スキルを持っているケースが多いようだ。編成時の参考にしよう。

 
ヒューマン
人間とほぼ同じ容姿をしている種族。ほかの種族と比べて外見上の特徴はないが、そのぶん感情移入しやすい。登場する機会も多いので、容易に仲間にできる種族と言える。
エルフ
魔術師や僧侶などの職業に適性がある種族。美麗なファンタジー世界とマッチしたその風貌は、ただ見ているだけでもプレイヤーを虜にしてしまう!?

 

●襲い来る凶悪なモンスターたち

本作の目的は、古代から存在する”堕天の塔”と呼ばれる塔を攻略し、そこに眠る至宝を手に入れること。もちろん、その道中は険しく、さまざまなモンスターが冒険者をいまかいまかと待ち受けている。モンスターの中には、仲間となって共闘してくれる者もいるが、その多くは問答無用で襲いかかって来る強敵ばかりだ。そうしたモンスターの一部を紹介するので、これを見て冒険の心構えをしておくといいだろう。

レッサーデーモン

伝説の書を祀った祭壇に現れる悪魔。4本の腕で、冒険者たちを恐怖のドン底へと叩き落とす。恐怖に打ち勝ち、悪魔を打倒せよ!

サッキュバス

妖艶な女性の姿をした夢魔。夢の中に現れる中級悪魔とも言われるが、悪魔の一員であることに変わりはなく、その力は強大だ。

ダークライダー

凛々しい姿から、人と見紛うこともあるが、その中身はれっきとした悪魔。槍を使っての一撃は、恐怖を与えるのに十分すぎるほど。

●2大勢力が全面衝突!!

プレイヤーは、ゲーム開始時に”聖姫軍”か”黒帝軍”のどちらかに所属することになる。両軍は、”堕天の塔”の覇権を巡って対立しており、プレイヤーもその戦乱に巻き込まれていく。両軍の総力戦となるこの争いは、毎週末に行われる予定だ。大戦でより多くの戦果を上げるためにも、日ごろから己の力を磨き上げておこう。大戦の鍵を握っているのは、キミの力かもしれない!?

ファーストインプレッション

●これからの展開にワクワクドキドキ!

ゲームのシステムは、”本家”とは違って初心者でも手軽に楽しめる作り。それでも、原作のファンだからなのか、『ウィザードリィ』らしさに溢れたイラストがあるだけで緊迫感が増す。とくに、ボス敵と遭遇したときの恐怖感は、ほかの作品とは段違い。「うわ、コイツ絶対強い。戦ったらダメなヤツだ!」と強い絶望を覚える瞬間もあり、バトルで一喜一憂を味わえるような作品となっている。ボスとの戦いはマニュアル操作となるため、プレイヤーの戦略が問われるというのもプラスポイントだ。ちなみに、ザコ敵との戦いは完全にオートで、しかも負けることもないのでサクサク。

また、ダンジョン内にトラップはなく、扉の開錠も自動で行われる親切設計になっている。ただ、”鬼の難度”としても名高い『ウィザードリィ』がモチーフであるだけに、ゲーマー出身のプレイヤーにはやさしすぎる難度という気がしないでもない。もちろん、誰でも簡単に遊べることは大事だが、ダンジョンパートでのトラップ解除イベントや、ザコ敵との命を懸けた戦いなど、あの心を折られた記憶を呼び覚ましてくれるような緊張感のある冒険が、今後のアップデートで実現されるとうれしい限り。世界的ビッグタイトルのソーシャルゲーム進出なので、これからの展開を楽しみにしておこう。(ヒゲメガネ長谷部)

[関連記事]
※【アイテム付き】『デジモンクルセイダー』みんなも知ってるあのデジモンたちも一挙参戦中!
※【アイテム付き】『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』迫力のバトルと本格TCGが熱い!
※【アイテム付き】『ガンダムエリアウォーズ』MS部隊を編成し新たなる戦場へ向けて出撃せよ!

ウィザードリィ ~戦乱の魔塔~

メーカー
バンダイナムコゲームス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4,iPhone 4S,iPhone 5, iPod touch(第3 世代と第4 世代)※iOS5.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧