1. サイトTOP>
  2. 『デジモンクルセイダー』みんなも知ってるあのデジモンたちも一挙参戦中!

『デジモンクルセイダー』みんなも知ってるあのデジモンたちも一挙参戦中!

2013-01-24 18:37 投稿

 1997年に発売されたモンスター育成ゲーム『デジモン』が、ソーシャルゲームになって、スマートフォンに登場だ! 『デジモン』が持つ魅力をこれでもかと詰め込んだカードゲーム『デジモンクルセイダー』を紹介しよう。

●みんなも知ってるあのデジモンたちも一挙参戦中!

本作に登場するデジモンは、全部でなんと100種類以上! ファンにはおなじみのガルダモンやエンジェモン、デビモンなども、もちろん参戦している。自分のお気に入りのデジモンを集めるのもいいが、これまで知らずにいたデジモンとの新しい出会いを求めて旅をするのも、刺激的で楽しいぞ。

  
アンデットデジモンの王
ヴァンデモン
東方を守護するもの
チンロンモン
草花の女王
ロゼモン

●今度のデジモンバトルは知略カードバトル!?

『デジモン』と言えば、フィールド上でのモンスターどうしのバトルが醍醐味。しかし、本作は打って変わってのカードバトル! これまでのタイトルで求められてきた判断力に加え、知力も必要になるぞ。状況に応じた適切な判断と、勝つための知謀を巡らし、己のすべての力を指先に込めて、戦い抜くのだ!

<シンプルながら奥深い戦略性!>
プレイ開始直後は、”とりあえず同じ色のカードを出せばいい”と思いがちだが、じつはそうではない。つぎに控えているカードの色や数字を確認しつつ、先を見越しながらのプレイが、キモとなっているのだ。

▲同じ色のエナジーカードを出して攻撃!

 

●デジモンは進化でより強くなる!!

『デジモン』の最大の魅力は、進化を重ねるごとにモンスターがどんどん強くなっていくところにある。この魅力は、カードゲームになった本作でももちろん健在だ。さらに本作では、デジモンそのものの強さのほかに、技の強さを鍛えることも可能! 愛情を込めて育ててきたモンスターをあらゆる角度から鍛え上げ、友だちにも自慢できるデジモンを作り出そう。目指せ、最強のデジモンマスター!

▲成長期のデジモンは、まだあまり強くないため、コストも低め。進化後の活躍に期待して、育てていくべし。▲強さの片鱗を見せ始める成熟期。コストも上がるが、それに見合う活躍をしてくれるだろう。
▲そして完全体へと進化! 見た目の期待を裏切らず、その強さは折り紙つきなのだ!!

 

新シナリオ”赤き騎士”が登場!

主役キャラクター”デュークモン”が登場する新シナリオ”赤き騎士”が、近日公開予定! ギルモンやグラウモン、メガログラウモン、そしてデュークモンといった、デュークモン系統のデジモンが使用可能になる。このシナリオでは、一定確率でギルモンとグラウモンがドロップするぞ。

 

コンボ重視のデジモン×カードバトルが激アツ!

『デジモンクルセイダー』でいちばんハマるポイントは、やっぱりコンボ重視のカードバトル。同色のカードを3枚揃えるだけという単純明快なルールで、”NEXT”札を絡めた”CHAIN(チェーン)”がお手軽に成立! NEXT札を先読みする要素は、パズルゲームに通じたおもしろさもあって好感触だ。直感的にカードを出すだけで、スタート直後から誰でも気持ちよく遊べる。それでいながら奥深さをもたらしているのが、”TURN(ターン)”制による手札の仕込み。いらない手札をファンブルさせる(流す)ことで、ある程度狙ってコンボを発生させられる。コンボがふた桁の大台に乗ったときは、ハイテンションになること間違いなし! とはいえ、コンボの仕込みに夢中になりすぎると、いつの間にかダメージを受けているという本末転倒な場面も増えるが……。

さて、もうひとつ忘れてはならないのが、デジモンたちが持っている多彩な”スキル”の存在。その中でも、”手札やNEXT札を操作する”といった、いわゆるカード操作系のスキルが個人的なお気に入り。ダメージ系のスキルやパラメータ強化系のスキルに比べると、扱いづらい効果も多いのだが、それだけにスキルどうしを組み合わせたときの効果が絶大! 手札を”ワイルドカード”一色にできたりするので、ぜひとも一度はお試しあれ!!(伊勢猫)

[関連記事]
※【アイテム付き】『デジモンクルセイダー』みんなも知ってるあのデジモンたちも一挙参戦中!
※【アイテム付き】『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』迫力のバトルと本格TCGが熱い!
※【アイテム付き】『ウィザードリィ~戦乱の魔塔~』激化する戦乱を生き延びろ!
※【アイテム付き】『ガンダムエリアウォーズ』MS部隊を編成し新たなる戦場へ向けて出撃せよ!

デジモンクルセイダー

メーカー
バンダイナムコゲームス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5 ※iOS4.3 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧