1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】『メタルスラッグ1』ミリタリーアクションの名作 16年の歳月を経てiOS版で復活!

【注目アプリレビュー】『メタルスラッグ1』ミリタリーアクションの名作 16年の歳月を経てiOS版で復活!

2013-01-10 12:50 投稿

●人気シリーズの原点を完全再現!?

1996年にネオジオ用ソフトとして販売され、数多くの続編タイトルが作られた『メタルスラッグ』シリーズ。そんな人気シリーズの原点となる初代『メタルスラッグ』が、いよいよiOS移植版として登場! コアなタイトルだけに再現性は気になるポイントだが、以前に記事で取り上げたことのあるDotEmu(ドットエミュ)が移植を担当。和製レトロゲームを愛する開発スタッフの手によって、オヤジゲーマーも納得の移植度となっている。

[関連記事]
【海外メーカーインタビュー第1回】30代以上は必見!! 和製ゲームの“魂の移植”を手掛ける仏DotEmu(ドットエム)社の創立メンバーを直撃!

 

【ファミ通Appのアプリができました!】
iPhone版はこちら
Android版はこちら

▲職人芸の域に達した美麗なドット絵に加え、ストーリー展開を感じさせる演出だけでも一見の価値アリ!? おなじみのシステムではあるが、それだけゲーム性の完成度も高く遊びごたえ十分。まさに往年の名作と呼ぶにふさわしい出来栄え。

●敵地に潜入して反乱軍を壊滅せよ!

反乱軍を率いるモーデン総帥の軍事クーデターで、窮地に追い込まれた正規軍の特殊工作員マルコ(1P)とターマ(2P)が本作の主人公。反乱軍に奪取された高機動戦車“メタルスラッグ”の奪還に加え、反乱軍の壊滅とモーデン撃破が最終目的となる。システム関係はオーソドックスなベルトアクションゲームで、仮想スティックで左右&しゃがみ移動、これにショット・ジャンプ・ボムの3ボタンによるアクションを組み合わせる。各種のアイテムや乗り物などを駆使し、ステージ最深部のボスキャラを倒せばクリアーだ。こうして見ると“銃を撃ちながらガンガン突き進む”ゲームに思えるかもしれないが、そこはアーケードらしさ満点のアクションゲーム。敵キャラの攻撃に加え、足場から落ちても1ミスとなるシビアなゲーム制なので、先を急いでもいいことはない。確実に敵キャラを撃破し、安全を確保して進むのがセオリーと覚えておこう。

▲ゲームスタート時の初期装備は、ハンドガン(使用回数は無制限)と手榴弾10発のみ。敵キャラに密着してショットボタンを押すと、高得点のナイフ攻撃に変化。使いこなすには慣れも必要だが、重火器類の弾数を節約できる。

 

ハンドガンの使い勝手はいまいちだが、フィールドに配置された木箱や捕虜(後述)、敵キャラ(カーキー色の兵士)などから全4種類の武器アイテムを入手できる。いずれの武器も残弾制で、同種アイテムを重ねて取ると残り弾数が増加。攻撃性能は一長一短があって、取りわけ斜め方向へと射撃可能な“ヘビーマシンガン(H)”の汎用性が高い。また、特定のポイントでは、手榴弾やキャノン砲(後述)の残弾が増える補給アイテムも出現。威力の高い手榴弾は貯め込まず、敵戦車などにドンドン使っていこう。このほかにも多彩な得点アイテムがあり、ステージ上のあちらこちらで手に入れられる。

▲武器アイテムの中では、連射性能に優れたヘビーマシンガンが扱いやすい。数発が連続発射されるため、射撃方向を変えることで斜め方向にも射撃可能。各種アイテムの出現位置は固定なので、敢えて取らずに進むといった選択もアリだ。

●頼れる相棒をうまく乗りこなそう

そして忘れてはならないのが、本作のタイトルでもある高機動戦車メタルスラッグの存在。各ステージのフィールド上に出現し、いつでもジャンプで重なって搭乗できる。メタルスラッグ搭乗中は攻撃方法が変化し、方向指定可能なバルカンと強力なキャノン砲を使用可能。さらに一撃必殺のメタスラアタック(ショット+ジャンプ同時押し)で、ボスなどに対して大ダメージを与えられる。また、搭乗中は“スラッグゲージ(耐久力)”が画面上に表示され、数回なら敵キャラの攻撃に当たって大丈夫。専用アイテムの燃料缶アイテムを回収できれば、ダメージを受けたスラッグゲージも回復可能だ。

▲使用回数が無制限なバルカンは、スティックの入力方向に向かって連射可能。手榴弾代わりとなるキャノン砲は、残弾制だが個別に残弾数がカウントされる。また、生身の場合と同様、ジャンプやしゃがみなどの回避動作もとっていける。

▲メタルスラッグ搭乗中のしゃがみ状態で、手榴弾を連射可能な隠し操作まで忠実に再現! 1回限りのメタスラアタックよりも強力な攻撃なので、生身の間に手榴弾を温存。耐久力が高いボス戦などで、積極的に使ってクリアーしていこう。

 

緊急時に役立つ無敵テクニック
 ▲回避行動がとれるとはいえ、搭乗中は車体が大きくて攻撃を避けづらい。そんな時に役立つのが、通称“鬼避け”と呼ばれる回避テクニック。下方向+ジャンプの降車中は無敵時間があるため、回避不能な敵の攻撃だってやり過ごせるぞ!

 

●捕虜を助けてアイテムをゲット!

フィールド上には捕虜を装った工作員がおり、彼らを助け出すことで各種アイテムを入手可能。射撃攻撃やナイフ攻撃で解放した後、接触すれば救出となってアイテムを残して走り去っていく。ただし、解放した後に放っておくと、画面外に歩き去ってしまう捕虜がいるので要注意! 解放したら即座に接触し、アイテムを回収しておきたい。ちなみに捕らわれている人数は、いずれのステージも10人以上。救出後にミスなしでクリアーすれば、捕虜の人数に応じた救出ボーナスを得られる。また、メタルスラッグがステージクリアー時に残っていれば、さらに特別ボーナスまで加算されていく。

▲捕虜に向かって攻撃することで解放し、接触するだけで救出達成! 救出人数が足りないステージは、ステージ背景を撃つことで“隠し捕虜”が出現する。また、例外的にステージ3では、ボス戦闘の時間経過に応じて捕虜が出現するぞ!!

▲慣れない内は破壊されやすいメタルスラッグだが、ボス戦まで残しておけるといろいろ便利。さらに破壊されずに残せれば、クリアーボーナスのオマケ付き。搭乗している必要はないので、耐久力が少なくなったら乗り捨てておくといい。

●レトロだけど色褪せないゲーム性

アーケード移植とあって難易度は高いが、難所さえ覚えれば誰でもオールクリアーがねらえるレベル。初代ということで基本操作やルールも覚えやすいので、先に移植された『メタルスラッグ3』よりもプレイしやすい。また、コンティニュー回数もネオジオ版より多い20回に増え、練習用の“MISSION MODE”や難易度設定まで完備した本作。アクションゲーム好きなユーザーであれば、シリーズ初心者でも楽しめる作りとなっているので、意外と万人向けな1本。昨今のゲームではあまり見られない2Dドット絵で描きこまれたアクションは本当に味があるので、ぜひ自分で動かしてみてほしい。

▲“VIDEO OPTION”でウィンドウモードにすれば、画面が隠れずにプレイ可能。さらに“SCANLINE”の設定をオンにすれば、低解像度の走査線も完全再現! 操作性に若干の不満点こそ残るが、再現度では十分に満足できる出来映えだ。

※現在はAndroid版も配信されています。

METAL SLUG 1(メタルスラッグ1)

メーカー
SNKプレイモア
配信日
配信中
価格
350円[税込]
対応機種
iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧