1. サイトTOP>
  2. 【Androidおすすめアプリ】自由を求めてハイウェイを走り続けるカーレースゲーム『Reckless Getaway』

【Androidおすすめアプリ】自由を求めてハイウェイを走り続けるカーレースゲーム『Reckless Getaway』

2011-09-08 23:30 投稿

●パトカーの執拗な追跡を振り切り、明日に向かって走れ!

 プレイヤーは銀行強盗となり、盗んだ金を持ってクルマで逃走。警察の追跡を逃れて最終検問を突破することが目的のカーレースゲーム。

本作で特徴的なのは、アクセルやブレーキがなく(自動的に加速される)、プレイヤーは左右のハンドリングのみに集中すればよいという点。後述するアイテムを利用する局面はあるものの、基本的にはパトカーの追跡をかわすため、右に左にハンドルを切って道路を走り続ければいいのだ。

ただし、単に無難にゴールするだけでは、高得点は得られない。ポイントゲットのためには、途中の道に落ちている金貨を拾ったり、ジャンプ台を使ってアクションしたり、周囲のクルマをクラッシュさせたりといった行動を積極的にとる必要がある。

また、自車には耐久力が設定されており、パトカーや対向車、障害物などにぶつかると減少していく。耐久力が0になると自車がクラッシュし、強制的にレスキューが呼ばれて、復帰はできるものの大幅に減点になるほか、ポイント評価の上限が1段階下がるなど、さまざまなデメリットがあるので、画面左上の耐久力ゲージにはつねに気を配っておくべきだろう。

 

00
01

▲本作には、セダンでスピーディーな走りを楽しむ”Gateway”と、大型トレーラーで豪快に他のクルマを蹴散らしながら進む”Wreckless”の2モードが用意されている。

02

▲減少した耐久力は、ダメージを受けなければ少しずつ回復していく。ゲージが半分を切ったら、アクションより回避に専念しよう。

●あばよ、とっつぁ〜ん……って、パトカー多過ぎッ!

目からウロコが落ちたッ!

……というのは言い過ぎな感もあるが、原則にあまりレースゲームで良い成績を出したことのない(ゆえに、このジャンルを苦手とする)私が、このゲームをストレスなく楽しめ、またそれなりのポイントでつぎからつぎへとステージを進めることができたのは、間違いない。

そして、その理由の一端が、”レースゲームなのにアクセル&ブレーキが存在しない”という思い切った作りにあることも。

あるいは、本格的なレースシミュレーターファンで、細やかなブレーキングの妙だとかスローインファーストアウトのアクセルの使いかただとかが、本能的に身に着いている人には理解してもらえないかもしれない。

世の中には、「アクセルとブレーキの加減が巧くできる人」と「できない人」がいるのだ──加減速だけに。

…………。

寒いダジャレはさておくとして、少なくともレースゲームにおける2大要素、”ハンドリング”と”加速・減速”について、本作が後者をオミットすることで、プレイヤーの負担を大幅に軽減し、よりゲームに没入できる状況を整えたことは事実だ。

他のゲームにたとえるなら、シューティングゲームにおいて、ボタン連打してビームを連射する部分をオートにしたようなものだ。スマートフォンは、ゲーム機に比べると、専用コントローラーを持たない分、どうしても操作感覚面で劣る面があるので、こういう細かい負担(ストレス)の軽減は、案外響いてくる。

では、本作は「適当にヘラヘラとハンドル切ってるだけでドンドン先に進める、チョロくておもしろみのないゲーム」なのか?

否、否、断じて否。大事なことなので3度否定させてもらおう。

このゲームは、おもしろい。

そもそも、本作における”敵”とも言うべきパトカーの数としつこさがハンパじゃない。いくら主人公が銀行強盗したからって、逃走経路沿いにこれでもかというくらい非常線配備されたパトカーの群れと、ときには仲間(パトカー)や一般車すら巻き込むことすらいとわぬその戦意の高さ(コチラを潰しにかかるという意味で)には、恐れ入る。それらを回避し逃げ続けるのは、到底鼻歌混じりにできることではない。

 

03

▲振り切ろうと、あるいはクラッシュさせようと、つぎからつぎへと湧いてくるパトカー。これも犯罪者の宿命か……。

 

また、プレイをより熱くする要素として、アイテムの存在がある。このゲームにおける自車は、悲観的な言いかたをするなら、モンスターの群れに追い回されて逃げ惑うパックマンみたいなものだ。しかし、パックマンがパワーエサを食べることで逆襲に転じることができるように、このゲームでも、にっくきパトカーどもにひと泡ふかせてやる手段が存在する。それがゲーム中で”?”マークで表現されているパワーアップアイテムなのだ。

アイテムには、”ブースト”、”ジャンプ”、”パルス”の3種類がある。このうちでもっとも攻撃的なのがパルスで、取ると周囲のクルマをはじきとばせる衝撃波を3回まで放つことができのだ。コレなら、パトカーなんてイチコロだぜ、ハニー!

また、ジャンプもなかなか使い勝手がある。その名のとおり、3回までジャンプして前方のクルマを追い越せるので、観念しろとばかりに道を塞ぐパトカーの直前で使用して、「お、俺を踏み台にした!?」というどこかのアニメみたいなシーンを彷彿とさせるような鮮やかなアクションも披露できるのだ。

 

04
05

▲ただし、アイテムは実際にとってみるまで中身が何なのかわからないのが歯がゆいところ。

▲ブーストは一時的にスピードを上げることができる。うまく利用してパトカーを振り切ろう。

■基本操作

前述のとおり、本作の操作は非常にシンプルだ。

基本となるハンドリングは、デフォルト状態だと画面左右の端に表示される三角マークをタップすれば、それぞれ左右にハンドルを切れるるさらに、”Options”の”Contrls”の項目から”Use Tilt Steering”をオンにすれば、端末を左右に傾けるだけで、操作が可能になる。

 

06
07

▲ゲーム操作を”Tilt”にすると、画面内には操作アイコンがほとんど存在しない状態に。おお、これは快適!

 

また、?マークのアイコンを取るこどて入手したパワーアップアイテムは、画面の右端に残り使用回数とともにアイコンが表示される。こちらは使用する際にタップすれば発動できるのだ。

 

08
09

▲画面上部の‖マークをタップすれば、一時停止とメニューの呼び出しができる。

 

【Reckless Getaway】
メーカー:polarbit
配信日:配信中
価格:約231円
対応機種:Android 1.5 以上

 

 

 

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧