【ウマ娘日記#170】オープンリーグ育成には少々厳しい“ショータイム”イベント

2021-11-20 20:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ウマ娘 プリティーダービー

土曜日担当ライターの東響希のウマ娘日記第170回。
難易度は上がるが、育成が1回終わるごとに追加報酬がもらえるイベント“フジキセキのショータイム”イベントが開催中である。

11

イベントが終わるたびに難易度が徐々に上げられるようになっており、最大レベル5のURAファイナルズ優勝に優勝すると、5個の追加報酬がゲットできる。追加報酬枠は全部で72個あり、ジュエルが最大1500個、サポートカードの凸アイテムに必要となる“虹の結晶片”もラインアップされるなど、ぜひともチャレンジしたいイベントである。

追加報酬の獲得については“SHOWゲージ”で管理されており、100%溜まるごとに報酬の数が増えるシステムで、レベル1でURAファイナルズに優勝すると100%になって追加報酬が1個。レベル4で優勝すれば400%になり4個もらえる。

 
6

ただし、レベル5にするとレースで登場する他のウマ娘のステータスが一気に跳ね上がり、毎回絶好調という状態で、目標レースに失敗した際のコンティニュー不可というハード仕様である。少しでも難易度を下げるには、以下の記事にもあるように“サクラバクシンオー”がオススメである。

 
2


試しにレベル5に挑戦してみたものの、普段では余裕で勝てるはずのステータスでURAファイナルズ準決勝敗退。コンティニュー不可なのでそのまま終わってしまい、追加報酬は3個止まりだった。周回を早くするために初期シナリオの“URAファイナルズ”を選択しているが、あるいはステータスが全体的に高くなる“アオハル杯”にすれば、レベル5でも勝てそうではある。ただ、それも運要素が強く、どちらにしろ安定しない育成になる。やはり記事にある通りにレベル4での周回するほうが安全だと思われる。

 
4

▲レベル4では問題なくクリアーできたぐらいのこのステータスでも、レベル5ではあっさり敗退。

 
5

しかしながら、一番の問題点はチャンピオンズミーティング“スコーピオ杯”のオープンリーグの育成がまったくできなくなってしまったことだ。ギリギリBランク内に収まる評価点を狙っての育成は、ステータスを抑えめに調整をする必要があるため、難易度が上がる“ショータイムモード”との相性は最悪である。

今回のイベントが始まった際には、まだ逃げの“メジロマックイーン”が調整中だった。オープンリーグ育成で及第点が出せるものを作ってから“ショータイムモード”へのチャレンジしようと頑張ってみたが、出来はイマイチ。イベント開始2日目からは、早急にイベントの追加報酬を全部獲得して育成に戻るという方針に変更した。“スコーピオ杯”の開始日が23日からということで、一刻も早く終わらせたい状況だ。

9

▲いまのところ理想に近いステータスはこれ。ただし、評価点にまだ余裕があって、試行回数は足りていない。

一方、昨日の育成ウマ娘とサポートカードガチャが更新される直前にサポートカードの10連を何度か引いて、ピックアップされていたスピードタイプのSSR“キタサンブラック”を1枚ゲットできた。
賢さタイプの“スーパークリーク”と“キタサンブラック”が自前で用意できるようになったので、フレンド枠の選択肢が増えたことになる。

 
7

まずは、イベントの追加報酬コンプリートが優先だが、強力なSSRの入手で今後の育成の幅がさらに広がっていくのが楽しみである。

ウマ娘 プリティーダービー

対応機種iOS/Android/ブラウザ
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://umamusume.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧