1. スマホゲーム情報ならファミ通App
    >
  2. ゲーム攻略
    >
  3. サクラ革命
    >
  4. サクラ革命プレイ日記
    >
  5. 『サクラ革命』中国地方はロックだった【プレイ日記第11回】

『サクラ革命』中国地方はロックだった【プレイ日記第11回】

2021-01-20 17:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

サクラ革命 華咲く乙女たち

●『サクラ革命』プレイ日記
●『サクラ革命』登場キャラクター紹介

セガ×ディライトワークスの新作『サクラ革命 華咲く乙女たち』のプレイ日記をお届け。
⇒サクラ革命プレイ日記まとめ

ターザン馬場園本日の担当:ターザン馬場園
⇒ツイッター

中国地方奪還完了

どうも、サクラ大戦おじさんことターザン馬場園です。

中国地方、ついに奪還しました!九州が終わって中国に入った時には「九州のメンバーめっちゃよかったけどお別れになってしまって、次また同じように感情移入できるのか…?」と思ってましたが、めちゃくちゃ感情移入してました。ロックでした(笑)。

 
ph01 のコピー

▲ロックンロールイズノットデッド。

特に僕は配信直後にそこそこガチャを引いたので乙女はある程度揃っていたんですが、中国地方の乙女が多かったので、そのメンバーが登場したのが感慨深かったです。犬・猿・キジはそういう関係性だったんだなぁと驚かされました。

 
ph02 のコピー

▲愛が深過ぎる鳥部きょうこさん。

あと今のところイチオシの鷲羽もえみは僕は持ってないんですが、フレンドにめちゃくちゃ強いもえみがいて今回激しくお世話になりました。皆さん育成が早くてどうなってんだろうといつも首を傾げてます(笑)。

ph03 のコピー

▲強力過ぎるフレンドの皆さん。

育成素材が交換可能に

そんな育成関係についてですが、育成素材がリサイクルチケットによって交換可能になりました。個数制限などもありますが、リサイクルチケットは特定のクエストをクリアすることで手に入る最低枚数が保証されているので、実質天井のような存在になっています。

ph04 のコピー

▲上位の素材になる程要求される枚数は多く設定されています。

育成素材がなかなか揃わなかったという方には、新たな入手手段として活用すると育成が捗りそうですね。僕は結局中国地方も、しの、アンジュ、りんというほぼ固定パーティで突き進んできたのでそろそろ他の乙女に広げてもいいかなぁと思い始めています。

冒頭にも書いた通り、中国地方の乙女はそこそこ持っているので、新しい編成の可能性を探るべく、育成にも力を入れていきたいですね。

いよいよ四国へ

さて、少し遅れてしまいましたが、物語はいよいよ四国へと移ります。ビジュアルを見るだけでもなかなかパンチが効いたストーリーになってそうなので楽しみですね。

最後に僕が中国地方でグッときたシーンを紹介します。

 
ph05

▲普段は落ち着いているあの子とのやりとりが思い出されます。

一見そんな重要そうなシーンというわけでもないんですが、物語を追っていると「あぁ、あのシーンはここに繋がっていて、やっぱり響いた言葉だったんだなぁ」と思わされました。

では、太正桜に浪漫の嵐!また次回。

●『サクラ革命』プレイ日記
●『サクラ革命』登場キャラクター紹介

サクラ革命 華咲く乙女たち

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーセガ
公式サイトhttps://sakura-kakumei.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧