1. サイトTOP>
  2. 『サクラ革命』島を離れ、舞台で対峙するふたりの“決着”のお話【プレイ日記第48回】

『サクラ革命』島を離れ、舞台で対峙するふたりの“決着”のお話【プレイ日記第48回】

2021-06-21 15:24 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

サクラ革命 華咲く乙女たち

●『サクラ革命』プレイ日記
●『サクラ革命』登場キャラクター紹介

セガ×ディライトワークスの新作『サクラ革命 華咲く乙女たち』のプレイ日記をお届け。
⇒サクラ革命プレイ日記まとめ

皆さんこんにちは。ライターの松尾です。
終章の物語も終幕へと近づいてきています。
公式からは『機能限定版』の配信情報も公開されました。

2021年6月30日13時に『サクラ革命』はサービス終了となりますが、『機能限定版』では乙女鑑賞やストーリー回想といった機能のほか、キャンプ画面で乙女との交流や乙女詳細を楽しむことができます。
そのすべての機能を利用するには、あらかじめデータのダウンロードが必要
6月16日17時から6月30日の12:59分までの期間中に、総量約5.2GBのダウンロードをしておけば、サービスが終了した後も『サクラ革命』の世界を楽しむことが可能になります。
スマホの容量をしっかり開けて、期間中忘れずにダウンロードを行っておきましょう!

さて、プレイ日記は新帝国劇場への突入から。
今回も引き続き、お付き合いいただけると幸いです。

青ヶ島のふたり、決着

サマエルを下した帝国華撃団一行は、しのくんの母、なでしこさんの処刑が行われる新帝国劇場へと足を踏み入れます。

Screenshot_20210614-154506

かつての賑わいが嘘のように静まり返った劇場、そこに彼女はいました。
大帝国華撃団B.L.A.C.K.、神子浜あせび。

Screenshot_20210614-154802

姿を現した彼女の口からは、なでしこさんの処刑役として志願した旨が告げられます。
すべては全力のしのくんと戦い、超えるため。
本来ならば素人集団に等しい帝国華撃団の舞台が、人々に称賛される理由もしのくんにあると彼女は言います。

Screenshot_20210614-155036

周囲の人を輝かせる力、それがしのくんにはあると。
そんなしのくんを超えることで、初めて自分の人生の主役になれるのだと。

Screenshot_20210614-155742

そう宣言するあせびくんに対し、しのくんは真っ向から受けて立ちます。

追いついた最明クルミもそれを肯定し、ふたりの勝負を見守ります。

Screenshot_20210614-163356
Screenshot_20210614-163403

そして、結果はしのくんの勝利でした。
彼女は天に輝く星ではなく、地上の花としてみんなを輝かせることを選びます。
そのみんなには、ほかならないあせびくんも含まれています。
まわりのみんなをいちばん輝かせるために、自身がいちばん輝く。
かつてみせたトップスタアとしての覚悟を、しのくんは大切なあせびくんの前で、再び示したのです。

Screenshot_20210614-164209

戒めを解かれたなでしこさんが姿を現し、母娘の対面が果たされます。

Screenshot_20210614-164431

しかし、感動の再会もそこそこに、なでしこさんの霊子甲冑を回収して吉良首相のいる上野へと向かうことになります。

Screenshot_20210614-164820
Screenshot_20210614-174513

なでしこさんの霊子甲冑。まさかの光武さくら機のレプリカ!しかも二式!

そしてなでしこさんの口から物語の核心に迫る言葉が飛び出します。
16年前、当時研究者だった吉良首相が起こした実験。放神の儀。
その結果帝都大厄災が起き、吉良首相の娘であったなでしこさんがそれを止めたこと。

Screenshot_20210614-164956

そしてその放神の儀に依代としてささげられたのが、当時生まれて間もないしのくんでした。
驚愕の事実を受け止めつつ、一行は上野へと向かいます。

“太正”コソコソ噂話:始まりの地、上野

吉良首相が決戦の地と選んだ上野。
なでしこさんの言では、「帝都の霊脈集う始まりの地」です。

Screenshot_20210614-192555

帝都東京の前身、江戸という都市が作り上げられる中において、上野は江戸城の鬼門(北東)に位置する場所。
現在も上野にあり、かつては上野公園の地域一帯を境内としていた寛永寺は、鬼門封じとして建立された寺でもあります。
初代の住職は江戸造営に尽力し、三代将軍に家光の代まで仕えた南光坊天海
『サクラ大戦』の世界では帝国華撃団最初の敵組織であった黒之巣会の総帥です。

また帝国華撃団結成以前、帝都に降魔が現れた理由の一因として、上野を中心とした地下にあった1万メートルにもおよぶ大空間、大江戸大空洞の存在が挙げられます。
かつてはここで空中戦艦の建造計画が行われ、それによって地脈が乱れ、降魔戦争の遠因となりました。

そして『サクラ大戦』の第1話にて、主人公である大神一郎とヒロイン、真宮寺さくらが出会ったのも上野公園でした。
『サクラ革命』だけでなく、『サクラ大戦』の連綿と続く物語の始まり後もまた、上野であったのです。

ということで今回は新帝国劇場での、しのくんとあせびくんとの一戦を振り返りました。
上野では吉良首相の真の目的、放神の儀の正体が語られることになるのでしょう。
次話のタイトルが『サクラ革命』となり、最後の戦いになることもひしひしと感じています。
次回もどうぞ、お付き合いくださいませ。

●『サクラ革命』プレイ日記
●『サクラ革命』登場キャラクター紹介

サクラ革命 華咲く乙女たち

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーセガ
公式サイトhttps://sakura-kakumei.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧