1. サイトTOP>
  2. 『サクラ革命』未来へと繋がる“桜の革命”の話【プレイ日記第50回】

『サクラ革命』未来へと繋がる“桜の革命”の話【プレイ日記第50回】

2021-06-30 14:10 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

サクラ革命 華咲く乙女たち

●『サクラ革命』プレイ日記
●『サクラ革命』登場キャラクター紹介

セガ×ディライトワークスの新作『サクラ革命 華咲く乙女たち』のプレイ日記をお届け。
⇒サクラ革命プレイ日記まとめ

皆さんこんにちは。ライターの松尾です。
『機能限定版』のダウンロードはお済でしょうか?
私はちょっと容量が厳しかったですが気合で空けて、タブレットとスマホの両方にダウンロードしました。
サービスは終了してしまいますが、乙女たちとの日本奪還の思い出をしっかり残しておきましょう!

さて、半年間やらせていただいた『サクラ革命 華咲く乙女たち』のプレイ日記も、自分の回は今回が最後となります。
ラストまでのネタバレを含んでおりますので、ご自身の手でしっかりとクリアされたのち、最後までお付き合いいただけると幸いです。

太正101年、乙女たちの未来

上野での戦いが終結した帝都。
カンターポは再び概念の世界へと戻り、澄んだ青空が広がり桜が咲きました。
そして、物語は太正101年を迎えます。

Screenshot_20210621-120852

序章の始まりと同じような構図で映される帝都。
しかしかつての姿とは異なり、桜咲く華やかな印象を受けます。

Screenshot_20210621-120934

新帝都タワーも生まれ変わり、ふうかくんが開発した霊力循環システム“Blue-Sky”が組み込まれました。
そこには協力者の存在も示唆されています。今度こそ彼は、自身の技術を正しい形で仕えたのかもしれません。

機兵に襲撃された新帝國劇場は新帝国劇場に姿を変え、そこには日本中から今日の日を楽しみに集まった人々の姿がありました。

Screenshot_20210621-121044

果たして返してもらえたんですかね……?

大帝國華撃団B.L.A.C.K.と、帝国華撃団。
かつて全力で相対したふたつの組織は、新生・帝国華撃団へと生まれ変わりました。
その日、大帝国劇場ではその完成披露公演が行われます。

Screenshot_20210621-121336

天の星と地上の花を擁す彼女たちは、傷つけあった過去を乗り越え、ともに輝いていくことを選んだのです。

そして青ヶ島から羽ばたいた三人は、晴れて帝都の空の下再びそろって並び立ちます。

Screenshot_20210621-122037

まなくんは最後まで、乙女たちの生きた証を残してくれました。

撮られた写真にはまだあどけなさの残る彼女たちの笑顔。
しかし背景に映る街なみも、青い空も、舞う桜も、彼女たちが命がけで奪還したものです。

Screenshot_20210621-122110

戦いは終わり、桜の革命は成りました。
奪うためでも、守るためでもない、新たな歌声が帝都には響いてゆくのでしょう。
乙女たちの物語は、これからも未来へ続いていきます。

Screenshot_20210621-122132

“太正”コソコソ噂話:総括『サクラ革命』

未来を奪われた日本を、奪還することを掲げて始まった『サクラ革命』。
全体を通して描かれたのは、人と人との絆であったようにも感じます。

Screenshot_20210517-194332

互いに影響を与え合った乙女たちの絆。
ときに見守り、ときに導いた司令との絆。
九州、中国、四国、近畿、帝都といった、訪れた地域の人々との絆。
そして家族の絆。

乙女たちの話に終始せず、多くの人々との関わりを描いたのは『サクラ革命』の試みであり、大きな特徴であったように感じます。

『サクラ革命』という作品は、『サクラ大戦』の文脈の中にありながら、新たな物語を模索したものだったと思います。
ストーリーや霊子護符の背景で描かれた様々な日本の風景。

image_123986672

新たに作られた、ストーリーを彩る音楽の数々。
節目ごとにお披露目される歌劇。

Screenshot_20210517-194016

霊子甲冑のエッセンスをさらに一歩踏み込んで進化させた、霊子ドレス・霊子スーツという存在。
いずれも挑戦的でありながら、『サクラ大戦』シリーズの気風を踏襲したものでした。

物語の主題でもあった革命は、これまでのシリーズから新しいものを産み出そうとする革命でもあったのではないでしょうか。
革命のあとには、つぎの時代が来るものです。
乙女たちは歌劇と絆の力で未来を奪還しました。
これから描かれる『サクラ大戦』シリーズの未来には、『サクラ革命』という物語がしっかりと刻まれ、つぎへと繋がってゆくのでしょう。

【サクラ革命】メインビジュアル

というわけで、太正101年の先も乙女たちの未来は続いていくのだと思います。
『サクラ大戦』シリーズの、『サクラ革命』のいちファンとして、素敵な司令生活を送らせてもらいました。
乙女たちも皆魅力的で、弊華撃団ではふうかくん、そうかくんが双璧、べにしくんがトップスタアでした。

このプレイ日記(『“太正”コソコソ噂話』の方はほぼ大河ドラマの紀行コーナーと化していましたが)を読んでくださっていた方々と太正100年の世界を旅できたことは、本当に幸いだと思っています。
ぜひいつかまた来るであろう、新たな『サクラ大戦』世界でお会いしましょう!

●『サクラ革命』プレイ日記
●『サクラ革命』登場キャラクター紹介

サクラ革命 華咲く乙女たち

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーセガ
公式サイトhttps://sakura-kakumei.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧