1. サイトTOP>
  2. 『サクラ革命』フィナーレを迎えて【プレイ日記第51回】

『サクラ革命』フィナーレを迎えて【プレイ日記第51回】

2021-06-30 18:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

サクラ革命 華咲く乙女たち

セガ×ディライトワークスの新作『サクラ革命 華咲く乙女たち』のプレイ日記をお届け。
⇒サクラ革命プレイ日記まとめ

最終回

どうも、サクラ大戦おじさんことターザン馬場園です。

終章、ついにクリアしました。乙女達の戦いは無事に終演を迎え、今色んな想いが込み上げています。ただ、その辺の総括は最後に回して振り返っていきましょう。

明かされる真実

ph01_edited

▲ふうかもたじろぐ怒涛の展開。

色々と細かく解説しようと思ってたんですけど、そちらは松尾さんがやってくれそうなので省略します(笑)。実は松尾さんとはこの記事上のやりとり以外ではしゃべったことないんですけど信頼してます、松尾さん。

一応ざっくり説明しますが、吉良首相はしの君を犠牲にして16年前放神の儀を敢行。吉良首相が目指す”平和な夢破れない世界”の実現を目指しましたが失敗に終わります。そして今再び放神の儀を行いますが、歌えなくなってしまったしの君に代わり、しの君のクローンとして用意した統星プラナを利用します。

ph02_edited

▲なでしこさんの機体。見た感じ二式(『サクラ大戦4』で登場)っぽく見えます。

なかなかの急展開ですね。カンターポに関しては、吉良首相も何も人類をとにかく抹殺しようとしているわけではなく、吉良首相なりに人々のことを考えた理想の世界を目指していたというお話でした。ただ、そのためにプラナをしの君のクローンとして生み出すというのは驚きましたが、確かによく見比べてみると髪型も含めてかなり面影があるような感じがしてきますね。

お互い違う目標を見ていた二人も、どこかで共通している部分があった。そういうことなのかもしれません。

さて、その吉良の野望を止めるために、プラナの力を借りて、そして帝都に集まった帝国華撃団のメンバー全員で歌います。しの君が歌を取り戻す瞬間です。しの君が歌えないという話はかなり冒頭からあったので、ここにきてやっとストーリー上で歌が聴けるという場面でした。曲中には『SAKURA HIKARU Revolution』のメロディ、フレーズもあって胸が打たれましたね。

ph03_edited

▲このシーンが一番グッときたかもしれません。

見事カンターポを鎮めて日本を奪還した後は、帝国歌劇団、そしてB.L.A.C.K.が一つになり、
新生・帝国歌劇団としてまた舞台の幕が開けます。彼女達の物語はこれで終わりではなく、ここからまた始まるわけですね。

ちなみにエンディングでは初めて見るイラストも多数登場するのでじっくり見ることをオススメします。おそらく護符として実装されていないものも多いんじゃないかと思います。

フィナーレを迎えて

まず言いたいのはお疲れ様でした、ということですね。本来の形とは違うかもしれませんが、無事に日本奪還を見れたことは本当にありがたいことです。彼女達の物語を見届けられてよかったなと思います。

『サクラ大戦』シリーズを中学生の頃からプレイしてきて、なんなら今でもプレイしている僕にとって『サクラ大戦』はもう20年以上の付き合いとなりました。僕が魅力を感じている部分は色々ありますが、そのうちの一つは本当にキャラクターが生きているような”一貫性”です。「このキャラクターだったらこうするだろうな、こう言うだろうな」というのがすぐに想像できる一貫性。これがあるから単なる”お話”ではなくて、ともに同じ時間を過ごしたような”思い出”になるわけですね。

そういう意味では、九州から関東まで物語を進めていく上で、ともに旅をしたという思い出はあります。もちろん登場人物が多いので一人一人をしっかり掘り下げるというのは難しいとは思うんですが、それぞれの個性は確実に浴びまくりました。特にアンジェリカは戦闘でもかなりお世話になっていたので今でも頭に「コレニーテ、イッケンラクチャーク!」という声が聞こえてきます(笑)。

もちろん不完全燃焼な部分もあります。もっと活躍が見たかった乙女たち、たくさんいます。もっと好きになれた”未来”、あったと思います。

ただ、そういう事情とは無関係に、彼女たちは彼女たちで前に進んだわけです。無事に日本を奪還して、今では最明クルミを演出に迎えてB.L.A.C.K.とともに新生・帝国歌劇団としてみんなで舞台を賑わせているはずです。それでいいんです。「よかったね」と言ってあげたいですね。

ph04_edited

▲日本奪還はもちろんですが、仲良し三人に戻れてよかった。

ありがとうございました

さて、色々と書いてきましたが、このプレイ日記も僕の回はこれで最後になります。これまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。ともに日本を奪還できてよかったです。

それでは、太正桜に浪漫の嵐!これからもYouTubeで別の世界線の帝都や巴里も守っていると思いますので、お会いできる方はまたそちらで。

サクラ革命 華咲く乙女たち

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーセガ
公式サイトhttps://sakura-kakumei.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧