1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. いまさら聞けないアソビのアレやコレやを紹介するコラムしゃれこうべ村田のいまさら聞けないあのゲーム>
  4. 【いまさら聞けないあのゲーム#6】将棋と言ってもいろいろ!?ターン制なしの『ぬこしょうぎ』と立体将棋『ノッカノッカ』

【いまさら聞けないあのゲーム#6】将棋と言ってもいろいろ!?ターン制なしの『ぬこしょうぎ』と立体将棋『ノッカノッカ』

2020-11-13 17:00 投稿

「王手飛車取り」の何となくカッコいい感は異常

“いまさら聞けないあのゲーム”、第6回。

今回からはピックアップしたアソビに関連したアプリの紹介をメインに行っていきます。

今回は将棋! 歩や金、飛車や角などそれぞれに動きの異なる駒をパチパチと進め、相手の王(玉)を取ったら勝ち。

将棋にちなんだアプリとして、ターン制を撤廃したリアルタイム将棋の『ぬこしょうぎ~ノンストップバトル~』と、将棋なのかはさておき相手のミスを誘う読み合いが楽しい『立体将棋:ノッカノッカ』をご紹介していきます!

将棋は定石とかを知らないとむずかしい、と思う人でもこの2作は気軽に遊べる! はず!

癒し系と見せかけて脳みそフル回転な『ぬこしょうぎ』

まずはこちらの『ぬこしょうぎ~ノンストップバトル~』。

名前の通り将棋の駒がぬこになっている癒し系(?)将棋です。

20201112_将棋 (1)r

将棋と言えばお互いに一手を考えに考えて静かに打っていくもの、というイメージですが、『ぬこしょうぎ』はタイトル通り、ノンストップバトルな将棋が展開します。

本作では先手、後手といったターンの概念がなく、お互いのプレイヤーが同時に駒を動かしていくことができるのです。

駒を動かしたり、相手から奪った駒を置いた直後にはクールタイムが発生しますが、それ以外は駒を動かす数などに縛りはなく、とにかくどうにでも動かせてしまいます。

20201112_将棋 (2)r

相手の先の先を読むふつうの将棋も頭を使いますが、本作のリアルタイム将棋はまったく別のかたちで脳みそを使いまくり!

慣れていないのもありますが、自分も相手も駒を動かしまくるので、つぎはどの駒をどこに動かせばいいのかを考えながらとりあえず動いていく、という忙しさはかなりのもの!

ビジュアルがぬこだからと癒しを求めた人の脳みそがオーバーヒートを起こしそうなスピード感ですが、ふつうの将棋とはまったく違う戦いにはけっこうハマってしまう、かも?

20201112_将棋 (3)rr

ターン制がないという時点でだいぶ特殊ですが、さらに本作はサバ缶を使って駒のレベルを上げられる、というのも特徴的なポイントです。

駒のレベルを上げていくと各駒のクールタイムを短縮できるため、ガチの戦いでは勝敗を分ける要素になりそうです。

20201112_将棋 (4)r

サバ缶はゲームをプレイするか、動画広告を見ることで獲得できます。

数が多い歩のクールタイムを短縮して敵陣に突っ込ませるか、飛車や角などを鍛えてより強力にするか、どの駒から育成していくかにも頭を悩ませることになりそうな!

ターン制がないことで、将棋のようで将棋でないと言える本作ですが、敵の王将の逃げ場を塞いで勝つ、という根本の部分は変わっていない……のかも?

将棋が好きな人はもちろん、将棋をあまり遊んだことがない人でもわちゃわちゃと楽しめる作品ですので、気になった人はお試しあれ!

20201112_将棋 (5)20201112_将棋 (6)

将棋かと言われれば否だけどおもしろい『ノッカノッカ』

続いて、『立体将棋:ノッカノッカ』。

立体将棋、というこれまたとんでもないワードが目を引く本作は、将棋とは言っているものの、かなり毛色の違うゲームとなっています。

プレイヤーが使うのは、白か黒の駒。歩や飛車などの種類はなく、どの駒も周囲1マスに移動することができます。

そして立体将棋の名の通り、駒はほかの駒に重なることができるのです(積み重ねられるのは3個まで)。

20201112_将棋 (7)
20201112_将棋 (8)

いわゆる将棋なら相手の駒に重ねることで駒を奪えますが、『ノッカノッカ』では重なっても駒の奪い合いは発生しません。

ただし、重なられた駒は上にある駒が移動するまで動けなくなってしまいます。

この、のしかかりによる動きの制限を活かし、相手の駒をすべて動けなくするか、相手の陣地まで駒を進めていけば勝利となるのです。

プレイした印象だと、相手の駒をすべて動けなくする“パーフェクトゲーム”はかなりむずかしそうです。

20201112_将棋 (9)

シンプルかつ数分で決着がつくためサクッと遊ぶことができ、そのシンプルさゆえにあと1回、あと1回のループがなかなか止まりません。

本作ではレーティングマッチが搭載されていますが、フリーマッチやCPUと戦える練習モードも搭載されています。

フリーマッチでは期間によって特殊ルールが開催されており、ふつうのプレイとはまた違う駒の動かしかたを楽しめます。

20201112_将棋 (10)
20201112_将棋 (11)r

本作が果たして将棋なのか、と言われれば「まったく違う」と言わざるを得ませんが、おもしろいかと言われれば「けっこうおもしろい」と答えてしまうのが正直なところ!

モノトーンのシックなビジュアルとBGMの雰囲気もよく、遊んでいると何となく癒しの効果を得られる、ような……?

20201112_将棋 (12)
20201112_将棋 (13)

ということで、今回は『ぬこしょうぎ』と『ノッカノッカ』をご紹介しました。

僕も将棋は回し将棋とか崩し将棋みたいな遊びのほうがなじみあるぐらいなんですが、この2本は挫折感もなくサクッと遊べましたね。

今週のしゃれこうべ注目のゲームタイトル

11月12日に“稲作がガチすぎる”と評判の『天穂のサクナヒメ』が発売!

同日に『メダロット』シリーズの歴代作品が詰め込まれた『メダロット クラシックス プラス』も発売!

いやもうどっちを先にやったものかとね! とりあえずどっちも買いましたけど。

おまけにまだまだ買いたいソフトが控えているという恐ろしさ……!

しかも全部限定版で買ってるから懐事情も冬真っ盛り! 原稿料くださーい!!(記事を書け)

ってなわけで、今回はこのへんでおさらばです! ゲームは1日10時間!!

【“いまさら聞けないあのゲーム”まとめはこちら】

文/しゃれこうべ村田(@SRSWiterM

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧