1. サイトTOP>
  2. 圧巻のクオリティで描かれるオープンワールドアクションRPG『原神』スマホ版プレイリポート【TGS2019】

圧巻のクオリティで描かれるオープンワールドアクションRPG『原神』スマホ版プレイリポート【TGS2019】

2019-09-14 16:42 投稿

手のひらの上にどこまで続く広大な世界!

genshin_01

『崩壊3rd』などのタイトルを手掛けるmiHoYoが放つ新作ゲーム『原神』。本作は“テイワット”と呼ばれる幻想世界を舞台としたオープンワールドアクションRPGで、広大かつ美麗な世界をプレイキャラクターとともに自由に冒険することができます。

本稿では、TGS2019のmiHoYoブースに出展されているスマートフォン版『原神』のプレイリポートをお届けします。

『原神』公式サイトはこちら

※試遊版のため、製品版とは仕様が異なる場合があります。

美しさのインパクトがずっと続く

まずはじめに注目したいのは、miHoYoタイトルならではの美麗グラフィックです。『崩壊3rd』という実績を持つmiHoYoだけに柔らかくてアニメチックな表現方法は健在。むしろ初報がプレイステーション4・PC向けの発表だったということもあり、どう頑張ってもクオリティダウンは致し方なし……などと思っていた時期もありました。

genshin_02
genshin_03

しかし、いざスマートフォン版をプレイしてみると「これ、本当にスマートフォン版なの?」と度肝を抜かれるくらい超綺麗な世界が広がっていました。このクオリティの世界に何時でも何処でも好きなタイミングで入ってこれると思うと正直鳥肌ものだなぁと感じています。

また、オープンアクションRPGと銘を打っているだけあって、試遊時間の間、戦闘をこなしつつもひたすら走り続けてみましたが、壁もしくは仕切りに到達することはありませんでした。

genshin_04

▲ダッシュないし壁登り中はキャラの右に黄色のゲージが出現。これが徐々に減っていき、空になると息切れを起こしたり、疲れて壁から落下したりする。

しかも、普通のゲームなら明らかに飛び越えられない段差や岸壁などが目に入ったのですが、そこもキャラクターがよじ登るようなアクションを見せ、難なく乗り越えてしまうあたり、本当にオープンワールドなんだなぁと再確認させられました。

genshin_05

戦闘では画面右下の各種ボタンを使用。もっとも大きなボタンが通常攻撃。そこから中央下部に向かう形でボタンが2種類ありますが、それぞれリキャストタイムありの特殊な攻撃を発動できるボタンです。なお、通常攻撃ボタンの右にあるボタン、上がジャンプで下がダッシュとなっていました。

また、画面右側に並んでいる顔アイコンをタップすると、好きなタイミングで操作キャラクターを切り替えられます。遠距離から敵を攻めたいなら弓や魔法を扱うキャラクターを。接近してまとめて敵をなぎ倒したい場合は、剣などを装備したキャラクターを……といった具合にキャラを切り替えながら戦闘を有利に運ぶことができました。

genshin_06

▲攻撃時のエフェクトもとにかく綺麗!

genshin_07

▲特殊攻撃の中には、一度発動すると一定時間キャラクターの周囲を氷の塊が回り続けるといったものも。これを発動しておくと、敵の接近を妨害できそうです。

genshin_08

▲弓を使うキャラクターは通常攻撃ボタン左隣のボタンをタップすることで、TPSのような操作画面へ切り替えることもできます。遠くの敵をしっかり狙いたい場合はこちらの操作モードに切り替えるのがベストかもしれません!?

といった具合にプレイしていると試遊時間終了のベルが!? 正直まだまだ試したいことがありましたが、基本的な部分は抑えられたので個人的にはよしとしました。本作のリリース時期は2020年予定となっています。TGS2019の会場に足を運んだ際は、miHoYoブースで『原神』を試遊し、皆さんも度肝を抜かれてみてはいかがでしょうか?

『原神』公式サイトはこちら

原神

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクションアドベンチャー
メーカーmiHoYo
公式サイトhttps://genshin.mihoyo.com/ja
配信日2020年

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧