1. サイトTOP>
  2. アニメファンも納得の演出面に注目!『ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト』プレイリポート【TGS2019】

アニメファンも納得の演出面に注目!『ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト』プレイリポート【TGS2019】

2019-09-14 15:52 投稿

サイタマのワンパンも再現!

タイトル決定

パンチ一発で敵を撃破する一撃必殺のヒーロー“サイタマ”。彼の活躍を描くテレビアニメ『ワンパンマン』が題材のスマートフォン向けアプリ『ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト』(以下、『マジファイ』)が2019年9月から始動。

本作は日本でのリリースに先駆け、中国にてサービスを展開中。日本でのリリース時期は未定だ。

そんな本作が、TGS2019のグリーブース(8-N07)にて試遊コーナーを設けていると聞いた筆者は、さっそくグリーブースへと駆け付け『マジファイ』をプレイしてきたので、そちらの模様をプレイリポートとしてお届けしていこうと思う。

戦闘はシンプルなターン制バトル

『マジファイ』は『ワンパンマン』のキャラ達を編成してターン制バトルを楽しめるRPGとなっていて、今回の試遊版ではこのバトル部分を中心にプレイすることができた。

バトル画面

one_004

左側がプレイヤーのパーティーメンバーで、右の“モスキート娘”の撃破を目指すバトルとなっている。画面中央下部にはキャラクターの行動順が記されていて、右下のボタンで行動を選択していく。

プレイヤーが操作する部分は、基本的には右下のボタンのみというシンプルさ。これならゲームになれていない方も取っつきやすいのではないだろうか。

ちなみに、右下の2種類のボタンのうち右側はスキルとなっていて、使用することで“敵全体に大ダメージ”、“味方をサポートする”といった効果を発揮してくれる。このスキルは原作で各キャラクターが使用する技などが登録されていて、その時の演出は再現度が高く見ものだ。

one_005
one_006

▲アトミック侍のスキル“アトミック斬”発動。特徴的な斬撃が画面全体を覆うエフェクトはアニメの演出を忠実に再現していると言えるだろう。

ボイスありのストーリー演出にも注目

『マジファイ』の試遊版ではアニメ1話にあたるワクチンマンとのやり取りも収録されていた。

ちなみに戦闘画面もそうなのだが、アニメの1枚絵や立ち絵が使われないシーンでは基本SDサイズにデフォルメされたキャラクターたちがバトルを行うなど、ストーリーの演出を再現するべく動き回るぞ。この辺りのなめらかな演出面にも注目してもらえたらと思う。

one_001
one_002

▲ワクチンマンとのやり取りの一部。ストーリーシーンの中には画像のように、アニメで用いられたシーンのカットを見ることもできる。

ゲージが溜まるとサイタマ参戦!?

さて、ここからは『マジファイ』におけるサイタマはどういう役割なのかという点に触れていこう。結論から言うとサイタマは“一撃必殺コマンド”という風に解釈できる。

というのも、サイタマはバトル画面の左下に顔アイコン+ゲージという形で表示され続けている。

このゲージが溜まるとサイタマの顔アイコンをタップすることができ、サイタマ専用のコマンドをタップできる。その結果どうなるかと言うと……。

one_007
one_008

▲1枚目はゲージがMAXまで溜まった様子。この時、サイタマの顔アイコンをタップすると、2枚目のように、右下のコマンドがサイタマの物へと切り替わる。

one_009
one_010

▲これを選択すると、普通のパンチの演出が入った後、モスキート娘を瞬殺。バトルに勝利することができたぞ。

といった形で一瞬のうちに決着が着いていた。本作最大の課題と言っても過言ではないサイタマの強すぎる火力を『マジファイ』ならではの仕組みで再現している点は、筆者的には高評価だと感じられた。

試遊版ではこのほかに深海王との戦いを楽しむことができるので、TGS2019 に足を運んだ際は本作を試遊してみてもらえればと思う。

本作の試遊をすると“特性クリアファイル”ももらえるので、こちらもお忘れなく。

試遊するとクリアファイルもらえる2

『ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト』公式サイトはこちら

ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクションRPG
メーカーグリー
公式サイトhttps://www.onepunchman-appgame.jp/
配信日配信日未定
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧