1. サイトTOP>
  2. 大作シリーズのスマホ版が多く登場予定!? 2019年下半期期待の新作13本をまとめてご紹介

大作シリーズのスマホ版が多く登場予定!? 2019年下半期期待の新作13本をまとめてご紹介

2019-07-10 18:00 投稿

下半期の注目作をまとめてお届け!

今年もすでに7月を迎え、2019年も残すところ後、半年。上半期には『黒い砂漠』、『ラストクラウディア』、『リンクスリングス』、『オートチェス』といった注目作が多数配信された。

▼関連記事

しかし、2019年の注目タイトルはまだまだ終わりではなく、下半期にはそれ以上に多くのアプリが配信予定だ。本記事ではファミ通Appが注目している作品を紹介していくぞ。

大作シリーズのスマホ版が多数登場!

今期とくに注目したいのは、『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト』といった大作シリーズのスマホ最新作。

そのほかにも『Dead by Daylight』や『OCTOPATH TRAVELER』など、コンソール版での人気タイトルのスマホ移植・続編も配信予定だ。

まずはそれらシリーズものから紹介していこう。

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』

Nintendo Switch向けRPG『オクトパストラベラー』の主人公たちが旅した”オルステラ大陸”の数年前を舞台に、新たなストーリーが展開するRPG。

戦闘は最大8人のパーティーを編成して戦うコマンドバトル方式。基本的な戦闘システムや、フィールドでNPCに対して行える”フィールドコマンド”はSwitch版を踏襲。本格的なRPGを楽しめそうだ。

▲ドット絵に3DCGの画面効果を加えた幻想的なHD2Dで描かれ、コンシューマと同じ雰囲気を味わうことができる。
▲ターンごとに貯まるBPを使用して自身の行動を強化したり、弱点を狙うことで相手をブレイクさせるシステムは健在のようだ。

配信は2019年内を予定。現在事前登録を行っているほか、先行体験版のリポートも掲載しているのでそちらも要チェックだ。

【OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者事前登録はこちら】

▼先行プレイリポート

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『スーパーロボット大戦DD』

人気のシミュレーションRPG『スーパーロボット大戦』の完全新作アプリ。

ロボットたちによる迫力の戦闘シーン、魅力的な参戦作品といったシリーズのウリはそのままにオートバトルの実装などスマホ向けのアレンジが加えられている。

▲基本システムはこれまでの『スパロボ』を踏襲。カットインによるド迫力演出も健在だ。

配信は2019年内を予定。現在事前登録者数は25万人を突破している。まだ事前登録を行っていない人はさらなる報酬獲得のために登録しておこう。

【スーパーロボット大戦DDの事前登録はこちら】

▼先行プレイリポート

(C)賀東招二・四季童子/ミスリル
(C)カラー
(C)サンライズ
(C) SUNRISE/VVV Committee, MBS
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design c2006 CLAMP・ST
(C) サンライズ・プロジェクトゼーガ
(C)サンライズ・プロジェクトゼーガADP
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
(C)ダイナミック企画・東映アニメーション
(C)東映
(C)永井豪/ダイナミック企画
(C)1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会
(C)2001永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所

『テイルズ オブ クレストリア』

“スマートフォンから始める、新しい『テイルズ オブ』”として制作されるシリーズ最新作。

ターン制の戦闘システムを採用。攻撃することで貯まるOL(オーバーリミッツ)ゲージを消費して、”秘奥義”を放つことで敵に大ダメージを与えよう

▲『テイルズ オブ ファンタジア』のクレスのように、過去作品の主人公たちも登場するようだ。戦闘には最大4人まで参加できるぞ。

配信は2019年を予定している。事前登録も行っているので忘れないように登録しておこう。

【テイルズ オブ クレストリアの事前登録はこちら】

(c)いのまたむつみ (c)藤島康介 (c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

『Dead by Daylight』

本作はサバイバー4人対キラーひとりで行う非対称対戦型サバイバルホラー『Dead by Daylight』のモバイル版だ。

基本的なシステムはコンソール版を踏襲。オートラン・エイムアシスト・リアビューなどの機能を追加し、スマートフォンに最適化している。

▲シンプルなボタン配置だが操作にもたつくことなく、コンソール版と変わらないスリルを味わえる。

配信は2019年内を予定。コンソール版をやり込んだナンセンス矢野がユーザーの気になるであろう点を直撃インタビューした記事も掲載しているので合わせてチェックしてほしい。

▼インタビュー記事

© 2015–2019 Behaviour Interactive Inc. All rights reserved.

『ドラゴンクエストウォーク』

本作は『ドラゴンクエスト』の世界と化した現実世界をみずからが主人公となって歩き、冒険を進めていく位置情報RPG。

フィールドを歩いて街の人の話を聞いてクエストを進めたり、モンスターを倒して成長、装備を整え更なる強敵に挑むなど、ゲーム機の中だけで体験していた『ドラゴンクエスト』の世界が現実の世界に飛び出すような作品となっている。

▲現実世界のランドマークを背景におなじみのモンスターたちとバトルすることができる。

気になる配信日は2019年を予定。公式サイトでは、現実の世界に『ドラゴンクエスト』のモンスターが飛び出してきたようなプロモーションムービーも公開されているので、そちらもチェックしておこう

⇒公式サイトはこちら

© 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

『WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争』

本作は、ファイナルファンタジーシリーズのタクティカルRPG最新作。『FFBE』と同じ世界観を共有している。

バトルシステムは『ファイナルファンタジータクティクス』のような高低差のあるタクティカルバトルを採用している。

▲キャラクター特有の”リミットバースト”のほか、”ジョブシステム”や”アビリティ”、3Dムービーとともに現れる”召喚獣”など、爽快感のあるバトルを楽しめるとのこと。

配信日は2019年を予定。現在事前登録も行われているので、忘れないようにチェックしておこう。

【WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争の事前登録はこちら】

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Co-Developed by gumi Inc.
LOGO ILLUSTRATION: © 2018 YOSHITAKA AMANO
IMAGE ILLUSTRATION: ISAMU KAMIKOKURYO

ポケモンマスターズ

本作はポケモン×DeNAが共同で開発中のスマホアプリ。

主人公はピカチュウとバディーズを組み、3対3のチームバトルの大会”ワールドポケモンマスターズ”への出場を目指す。

▲シロナやカスミなど歴代のトレーナーたちが登場

配信は2019年の夏を予定。公式サイトでは、ストーリーや登場キャラ、特別映像などが公開中。情報は随時更新されるようなので、しっかりとチェックしておこう。

⇒『ポケモンマスターズ』公式サイト

© 2019 DeNA Co., Ltd. © 2019 Pokémon. © 1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.

『Minecraft Earth』

本作は『マインクラフト』シリーズ10周年を記念した作品。

ARを活用し、現実世界と『マイクラ』を融合させた新感覚の拡張ゲームになるとのこと。『マイクラ』のようなクラフト要素はもちろん、モブを集めて育てたり、マルチプレイ要素も用意されてるとのことだ。

配信日は明らかにされていないが、2019年夏にクローズドβテストを行う予定。クローズドβテストへの参加は公式ホームページから申し込みできるので、気になる人は忘れないように申し込んでおこう。

⇒『Minecraft Earth』公式ホームページはこちら

Mojang © 2009-2019. 「Minecraft」は Mojang Synergies AB の商標です。

『マリオカート ツアー』

マリオやルイージといったキャラクターがレースを行う『マリオカート』シリーズの最新作。

アプリの詳細は公表されていないが、2019年5月にはクローズドβテストも行われ、開発は着々と進んでいるようだ。

▲現状公開されているのはこのロゴのみ。どんなゲームになるのか楽しみにしていよう。

配信は2019年夏を予定している。

(c)2018 Nintendo

『ログレスストーリーズ』

『剣と魔法のログレス』を筆頭とする『ログレス』シリーズの最新作。

ゲームジャンルはMMORPGで、コミュニケーションやバトル、ジョブシステムはもちろん、料理などの生産・生活系コンテンツも楽しめる内容となっているとのこと。

▲手に汗握る戦闘をしたい人も、仲間と話ながら生産・生活コンテンツを楽しみたい人もどちらも満足できる作品となりそうだ。

アプリの配信は2019年を予定しており、5月にはクローズドβテストも行われた。βテストのリポートも掲載しているので合わせてチェックしよう。

▼クローズドβテストリポート

©Marvelous Inc. Aiming Inc.

アプリオリジナルのタイトルにも期待作が!

ここまで大作シリーズの続編やコンソール版からの移植作などを紹介してきたが、アプリオリジナルのタイトルも見逃せない。

今回はとくに注目のタイトル3つを紹介するぞ。

『キックフライト』

本作は空中を舞台にした4対4のリアルタイムアクション対戦ゲーム。

空中を自由自在に飛び回りながら、近づくことで攻撃したり、ディスクスキル・キッカースキルと呼ばれる強力な技を仕掛けることでほかのプレイヤーと戦っていく。

▲近づくことで自動的に攻撃してくれるものの、相手も空中を移動しているため、移動アクションを使いこなせるかどうかが勝負を分けそうだ。

配信は2019年内を予定。現在事前登録も行われている。先行プレイ記事も掲載しているので、合わせてチェックしてほしい。

【キックフライトの事前登録はこちら】

▼先行プレイリポート

© Grenge, Inc. All Rights Reserved.

『クロス×ロゴス』

本作は、『もじぴったん』や『冒険クイズキングダム』の生みの親である後藤裕之氏とシシララの”ゲームDJ”である安藤武博氏がタッグを組んで開発中の言葉のパズルゲーム。

戦闘システムはクロスワードを基盤としたパズルバトル。盤面のマスに文字ブロックを配置し、縦と横に言葉を作ることで相手を攻撃、先にHPをゼロにした方が勝利となる。

▲言葉を次々に連鎖させることで、攻撃力はアップしていく。さまざまな言葉への知識やひらめきが試されるゲームになりそうだ。

配信は2019年秋を予定。現在事前登録中なので、気になっているユーザーはすぐに登録しておこう。

【クロス×ロゴス事前登録はこちら】

©Aniplex Inc. / KAYAC Inc. All Rights Reserved.

『ブレイドエクスロード』

本作は光と闇、ふた振りの神剣を巡るファンタジー巨編。

システムの詳細は明かされていないが、『ブレイブ フロンティア』や『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』を手掛けた早貸久敏氏をはじめとする豪華制作陣が開発に携わっている。

▲現状公開されている情報を見るに、非常にハイクオリティな作品となりそう。

配信は2019年内を予定しており、事前登録も実施中。公式サイト内ではティザームービーも公開されているので、一度チェックしてみよう。

【ブレイドエクスロードの事前登録はこちら】

© Applibot, Inc. All rights reserved.

このほかにも下半期配信予定のアプリは魅力的なものが多い!

現状発表されているアプリの中でファミ通Appが独自に選んだ下半期の期待作を紹介した。

ここで紹介した以外にも、『メダロットS』や『トロとパズル ~どこでもいっしょ』・『ゼノンザード』、移植ではあるものの『ロマンシング サ・ガ3』など、名作となりそうな作品が多数配信予定となっている。

気になる作品があれば、乗り遅れないようにしっかりとチェック・事前登録を行っておこう。

▼関連記事

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧