1. サイトTOP>
  2. 女性向け人気アプリ『エースリー』舞台、話題の2.5作品‟エーステ”春組単独公演ゲネプロレポート

女性向け人気アプリ『エースリー』舞台、話題の2.5作品‟エーステ”春組単独公演ゲネプロレポート

2019-04-28 14:07 投稿

人気の舞台、初の組単独公演へ

2019年4月25日から始まった女性向け人気アプリ『A3!(エースリー)』の舞台、“MANKAI STAGE『A3!』~SPRING 2019~”のゲネプロの模様をお届けします。

本公演はリベル・エンタテインメントの配信する女性向け人気アプリ、イケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』の2.5次元舞台で、‟エーステ”と呼ばれています。

ちなみに2.5次元舞台(もしくはミュージカル)とは、一般的なアニメやゲームの実写化映画とは異なり、原作の世界観や雰囲気を壊さないように、キャラクターのビジュアルや声なども原作に忠実に再現することを目指した舞台。さまざまなメディアミックスの中でも、2.5次元は女性向けの作品で多く見られますが、昨今の男性プレイヤーが多いスマホアプリの中にも、2.5次元化されるものがぽつぽつと見られるようになってきています。

▼関連記事


そうした2.5次元舞台の中でも、とくに人気の作品のひとつが、この‟エーステ”です。昨年2018年に~SPRING & SUMMER 2018~が行われてから、今年の始めに~AUTUMN & WINTER 2019~と続き、今回は第3弾。

ひとつの劇団‟MANKAIカンパニー”の中で、春組、夏組、秋組、冬組と、季節を冠した組ごとに分かれて繰り広げられる舞台と、そこに所属する役者たちをテーマとしたストーリー。原作同様、エーステも同じ形で進んでいきます。

先の~SPRING & SUMMER 2018~、~AUTUMN & WINTER 2019~にて、春組&夏組、秋組&冬組の、原作ではメインストーリー1部にあたる、それぞれの組の旗揚げ公演が終了。今回はそれに続く春組のストーリーで構成された、‟エーステ”では初の組単独の公演となります。

原作人気もさることながら、‟エーステ”は舞台としての評判も高く、公演を重ねていくにつれて一層人気が高まっている作品。今回はその新作、~SPRING 2019~の、4月25日に行われたゲネプロの模様をリポートします。

▼関連記事

※ストーリーの核心には触れませんが、ネタバレと感じる箇所がある場合があります。また、主観的な感想、独自の解釈などが含まれている可能性があります

公演は休憩を挟んだ2幕制ですが、まずは1幕から。

物語は、~AUTUMN & WINTER 2019~終了後。GOD座とのタイマンアクトに勝ち、借金を返すことができた劇団員たち。

旗揚げ公演以来となる春組の第2回公演、主役に選ばれたのは真澄くん。監督(プレイヤー)が大好きな真澄くんは、彼女を振り向かせるために冷静で寛容な‟大人の男”になろうと努めます。稽古中も、いつもならチームのみんなに厳しく指摘するところを「次はがんばろう」などと、優しく接します。

しかし、そうして仕上げていったお芝居ですが、左京さんに見せたところ「春組らしさがない」と指摘されてしまいます。春組リーダーの咲也くんは、秋組のリーダー万里くんや冬組のリーダーの紬さんに相談をするなどして、春組らしさとは何か、何が足りないのか、ということを真剣に考えます。

一方で、主演の真澄くんと準主演の至さんの掛け合いをよくするべく、至さんは真澄くんとの距離を縮めようとしますが、真澄くんに対し、無理をしているのでは、と指摘したことから衝突が発生してしまいます。そこで至さんは自分なりのやりかたで真澄くんと仲良くなろうとしますが……?

原作でも春組の第2回公演は‟不思議の国のアリス”をテーマにした、ポップでカラフルな衣装や、かわいらしい曲調のミュージックで人気がありますが、今回の劇中劇でもその衣装が再現され、小道具なども世界観に即したファンシーなデザインで統一されています。

真澄くんと至さんという、原作でも見目麗しいとされる華やかなふたりが演じているだけあり、観ているだけで心華やぐ劇中劇となっています。

007

個人的には、揺れる心を持つ、思春期の繊細な年頃の高校生という難しい役柄である真澄くんをうまく表現する牧島さんの演技や、歌唱力の高い牧島さんと立石さんが歌うナンバーも注目ポイントです。

008

第2幕。話は進んで、春組第3回公演になります。人間と、人造人間‟ホムンクルス”の友情をテーマにした物語ですが、脚本担当の綴くんが、珍しくラストのストーリーに納得がいかない様子で、なかなか脚本が書きあがりません。

周囲からは「スランプではないか」と言われますが、どうやら綴くんの中には‟友情”と言うものに引っかかりがあるようです。それには昔、彼が家庭の事情で引き裂かれてしまった友人が関与しているようですが……?

2幕はストーリー全体を通して、綴くんと水野くんを通した友情というものの形、それからスランプ中の綴くんを支えようとするほかの春組の団員たちのヒューマンドラマが丁寧に描かれており、ジーンとしてしまう場面が多くありました。

009

劇中劇は、原作ファンの中にも、この切ないテーマソングが耳に残っている方が多いであろう‟ぜんまい仕掛けのココロ”。胸打つストーリーはもちろんのこと、‟不思議の国の青年アリス”とガラリと雰囲気が変わって、スチームパンク的な世界観ですので、かっこいい衣装にも注目です。

011

いつもは元気なムードメーカーであるシトロンですが、‟S”はシリアスな役です。そんなシトロンを演じる古谷さんの、‟S”としての演技は個人的にとても新鮮に感じられ、まさにホムンクルスらしい動きに、思わず見入ってしまいました。

010

今回の舞台全体を通して、構成・演出の面もさらにパワーアップしたように感じました。「この俳優さん、出番ないなと思ったらここに……?」と驚く場面もありました。

旗揚げ公演のような大きな山谷のあるストーリーではなくても、終始中だるみすることなく「楽しい! おもしろい!」と感じることができたのも、ここに起因しているのではないでしょうか。

006

以上がゲネプロレポートとなりますが、この作品は、原作が舞台や舞台役者というものをテーマにした作品なだけに、ストーリーも舞台との親和性が高いのだろうと思います。おそらくキャストの皆さんも、演じる役柄に共感を覚えるところもあるのではないでしょうか。

なおかつ、この舞台に足を運ぶというのは、まるでゲーム内に入ってキャラクターたちの演じる舞台を見に行っているかのようです。そのあたりが、この舞台が人気である理由のひとつなのかもしれません。

キャストコメント紹介

以下、リリースよりキャストさんのコメントを転載します。

【佐久間咲也 役:横田龍儀さん】
今日から初日が始まるということで、SPRING & SUMMER 2018・AUTUMN & WINTER 2019 公演を終えてからの初めての単独公演になります。俺たちの始まりの季節を皆さんにしっかり届けられるよう、春組をさらに愛してもらえるよう精一杯頑張っていきたいと思いますので、皆さまよろしくお願いします!

【碓氷真澄 役:牧島 輝さん】
春はすべての季節の始まりなので、春組単独公演が成功することが他の季節にとって良い影響を与えると思います。それに関してプレッシャーもありますが、春組のメンバーも仲良く、夏組、秋組、冬組のメンバーや、水野、支配人、迫田のみんなでチーム一丸となってこの舞台を成功させることにかけているので、ぜひ期待を持って観に来ていただきたいです。

【皆木 綴 役:前川優希さん】
SPRING & SUMMER 2018 公演、エーステが始まった初日は、緊張とか怖さがあったのですが、これから春組単独公演が始まるってなったときは不安が全くなかったです。それはもちろん作品が素晴らしいというのもあるのですが、春組を始め MANKAI カンパニー全員含めて、面白いものが出来るという自負をもって初日を迎えようとしているからだと思います。今は楽しみという気持ちのほうが強いですし、皆さまにもこの気持ちを共有して楽しんでいただけたら幸いです!

【茅ヶ崎 至 役:立石俊樹さん】
春組単独公演が決まったときから純粋に楽しみでしたし、AUTUMN & WINTER 2019 公演に僕と綴が出ていた時は、次は僕たちの番だと思っていました。稽古が始まってからも怖さはなくて、仲間を信じ切っているし、自分のやるべきことを果たそうと思っていたので、楽しむことにフォーカスして稽古期間を過ごせました。幕が開くのも楽しみですし、はやく監督さんの前に立って皆さんの笑顔がみたいです。

【シトロン 役:古谷大和さん】
いよいよ初日が迎えられるんだな、と思っています。本当に待ちに待ったという気持ちでいっぱいですが、まだ完成していないなと思います。監督さんが劇場にいらして、僕たちを支えてくれて、見守ってくれてようやく完成する作品なので、期待を持って楽しみながら最後まで見守っていただければと思っています。最後までよろしくお願いします!

【水野 茅 役:笹森裕貴さん】
僕は劇団員ではないので、劇団の方たちの団結力を外から稽古場で見ていましたし、素敵なキラキラ光るものが皆さんから発せられていて、僕も必死にしがみつくような思いで稽古に挑みました。劇団員以外のキャラクターがここまでフォーカスされる話はあまりないので、そこも見どころですが、やはり綴くんとの関係性をしっかりと僕なりの水野 茅で伝えていけたらと思います!

000

こちらの公演、11月6日にはBlu-ray&DVDが発売されるほか、6月4日には東京凱旋公演大千秋楽の生中継の模様が、全国の映画館のライブビューイングとDMM.comにて放送されることが決定しました。

⇒きゃにめオンラインショップでBlu-ray&DVDをチェック!
⇒ライブビューイング特設サイトはこちら
⇒DMM.com特設サイトはこちら
⇒そのほか、詳細は公式サイトで

そのほか、当日券のキャンセル待ち情報なども配信されていますのでMANKAI STAGE『A3!』公式Twitterなどをチェックしてみてください。

(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019

A3!

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーリベル・エンタテインメント
公式サイトhttps://www.a3-liber.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧