1. サイトTOP>
  2. 『Ingress』従来モデルが9月末で終了!!『Prime』への完全移行時期は?プロダクトマネージャー スコット・フランク氏に今後の予定を直撃

『Ingress』従来モデルが9月末で終了!!『Prime』への完全移行時期は?プロダクトマネージャー スコット・フランク氏に今後の予定を直撃

2019-03-29 12:00 投稿

『Ingress Prime』の行方をスコットに直撃

2019年3月23日、ナイアンティックの位置情報ゲーム『Ingress』の大規模イベント、XMアノマリー“ダルサナプライム東京”が開催された。

それに合わせて来日した『Ingress』のプロダクトマネージャー、スコット・フランク氏にインタビューを実施。

旧モデルにあたる『Scanner[REDACTED]』の終了はいつか、『Ingress Prime』は本当に大丈夫なのか。

当日、ダルサナプライム東京のアフターパーティーで開催されて質疑応答を交え、ライターの深津庵がリポートする。

ingressscot01

▲プロダクトマネージャーのスコット・フランク氏(左)とグローバルコミュニティマネージャーのアンドリュー・クルーグ氏。

【Ingress記事まとめ】
イベントレポートや取材記事も

運命の日は9月末に!! 完全移行が与える可能性

――ナイアンティックにとって『Ingress Prime』とは?

スコット・フランク(以下、スコット) 『Ingress Prime』は『Ingress』の未来を考え生まれたプロダクトです。たとえばシステム面や演出、ユーザーインターフェイスなど、従来では成し得なかったものを実現させるためのものです。

――日本はいまゲーム産業をリードする立場から追う側に変化しています。ナイアンティックにとっていまの日本市場をどう感じていますか?

スコット 日本は『Ingress』にとってコアな存在であると考えています。それはインスピレーションだけでなく、エージェントたちの協力的なサポート体制にもあります。また、日本は『Ingress』にとって重要なマーケットであり、今回私が来日したのも直接エージェントに会って改善点を聞きたかったからです。これまでの『Ingress』は約5年に渡って使われてきました。そちらを支持されるエージェントも多いでしょう。ただ、先ほどもお伝えした通り、従来できなかったことが『Ingress Prime』では可能になる。現段階では不自由な点も多いと思いますが、バッテリー問題を含め改善していくので期待してほしいですね。

ingressscot02

▲長い歴史のある物語において登場人物を改変するのはデリケートな問題だ。その点に関してスコット氏は、『Ingress』の世界で起こっていることはエージェントの活躍によって変化すると回答。これもプロダクトのひとつであり、今後大きな意味を成すのだろう。

――『Ingress Prime』スキャナへの移行状況は?

スコット 『Ingress Prime』の開発チームは現在2週間に1回のペースでバグを修正してアップデートをかけています。それとはべつにサーバーの開発チームがいて、将来『Ingress Prime』に完全移行できるよう同時進行で進んでいます。

――『Ingress Prime』への完全移行はいつごろ?

スコット 9月末の完全移行を目指して現在開発を続けています。その理由のひとつがセキュリティで、『Ingress Prime』ではチート行為がしにくくなっています。これも従来の『Ingress』では成し得なかった技術であり、それを達成することで我々も安心して新しいプレイ環境を提供できるようになるのです。

――新たなサーバーに移行することで『Ingress Prime』が生まれ変わる。とても期待したいところですが、現行モデルに不満を抱くエージェントが多い。可能であれば完全移行後から新生されるまでのあいだに、我々エージェントにベータ版を配布するなど、事前にフィールドテストをさせてもらいたいです。

スコット はい、フィールドテストは実施します。また、私も今回のXMアノマリーに参加して現行モデルがちゃんと動作しているのか。実際エージェントがどうやってプレイしているのかリサーチする予定です。

――今回のXMアノマリー直前に『Ingress Prime』2.19アップデートが取り下げられましたよね。

スコット その通りです。2.19アップデートではリージョナルスコアなどを実装予定でした。しかし、このXMアノマリー中に問題を起こしてしまってはいけないと考えたんです。いったん取り下げたことで混乱させてしまったかも知れませんが、エージェントの声を参考に少しでも不自由な事態が起こらないよう対処していきます。

ingressscot03

▲XMアノマリーのオペレーターとしても活用が期待されているSoftBankが開発する“MR Intel Simulator”についてスコット氏は、現段階で詳細は離せないとしながらも運用に向けて開発は進んでいると回答。実用化が楽しみだ。

XMアノマリーでスコットもAMAに参加

いつもはアンドリュー氏が答える通称AMA。そのXMアノマリー出張版にプロダクトマネージャーのスコット氏も参加。あらかじめSNSを通じて集めた質問に答えていく形式だが、これはとても貴重なイベントだ。

筆者が個別にインタビューしたものと若干重複する内容もあるが、スコット氏の言葉でできるだけそのままリポートする。

ingressscot04

――電話番号によるユーザー認証の復活。またはそれに相当する機能は実装しないのですか?

スコット それについてはセキュリティチームやチート対策チームと議論を重ねていますが、従来のものはとても不完全で思い描いていた通りに動いているとは言えません。電話番号をレンタルすることがいま時代は簡単にできます。そんな中、電話番号で認証する機能を実装すればチートする者が出てしまう。チート対策というのはコミュニティからいちばん多く要望が上がっている。我々も重要なことだと理解していますし、解決するための開発を進めています。しかし、それを実装するには『Scanner[REDACTED]』を終了させなければならない。それができてからセキュリティ機能とアンチチート機能をアクティベートする予定です。

――『Scanner[REDACTED]』が使えなくなる予定日は?

スコット まず、私からみなさんにふたつ質問があります、『Scanner[REDACTED]』が好きな人は?(大多数の声を受けつつ)はい、数人ですね(と苦笑い)。では、新しい機能、セキュリティもよくて新しいゲームがプレイできる。そういうものを見たい人はいますか?(みたい!という声はあったが反応は薄い)

ingressscot05

▲正直なところ、現状は旧スキャナに該当する『Scanner[REDACTED]』を支持するエージェントが多い。そんな中、ふたつ目の問いかけに会場から笑いが起きてしまった。

スコット 旧スキャナーは、6年の年月をかけクオリティを上げてきた歴史があります。プロダクトチームやデザインチームはいま、山積する新しい機能や実現させたいことに向き合っていますが、そのためには新しいインフラが必要です。また、『Ingress』の開発チームはみんなエージェントであり、いまのままではいけないと感じています。パフォーマンスやセキュリティも向上させたいし、新しいゲームプレイだって欲しいと願っている。いまの予定では9月末に『Scanner[REDACTED』の終了を考えています。もちろんみなさんが触れている『Ingress Prime』が完璧ではないのはよくわかっています。それでも、新しい機能や機能改善を成し遂げるにはみなさんからのフィードバックがとても重要です。みなさんが望むペースで開発を進めていけるのか心配ですが、『Ingress Prime』の良し悪しを伺いながら、今後も開発を続けていきますので、ぜひよろしくお願いします!!

ingressscot06

▲現行の『Ingress Prime』に対する厳しい声を受けつつ、いまは改善と完全移行に向けて進んでいくとチカラ強くスコット氏は答えた。気になる点があれば、みんなもどんどんフィードバックしていこう。

今回が日本初来日だったスコット氏。日本のXMアノマリーやエージェントの熱量をどう感じたのか、実際に『Ingress Prime』を使って参戦した手応えなど、次回チャンスがあればインタビューしてみたい。

さぁ、ついに9月末で『Scanner[REDACTED』が終わる。

そこから先、この世界はどうなっていくのか、引き続きエージェントのみなさんといっしょに追いかけていくぞ。

P.N.深津庵(撮影協力:あしたづひむ)
※深津庵のTwitterはこちら

Ingress Prime(イングレス プライム)

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルその他
メーカーナイアンティック
配信日配信中
コピーライト

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧