1. サイトTOP>
  2. 『リンクスリングス』事前登録が2月27日よりスタート!ゲストVS開発陣によるバトルも実施された生放送リポート

『リンクスリングス』事前登録が2月27日よりスタート!ゲストVS開発陣によるバトルも実施された生放送リポート

2019-02-19 22:04 投稿

放送は協力バトルで大盛り上がり!

サムザップより2019年春に提供予定の新作スマホ向けゲーム『リンクスリングス』の公式生放送“リンクスLIVE”が、2月19日に配信された。

スライド1

“リンクスLIVE”では、本作の広報大使“公式アンバサダー”の代表となる公式アンバサダーリーダーのゴー☆ジャス動画さん、人気コスプレイヤー・みゃこさんとマンガ家のやしろあずきさんをゲストに迎え、『リンクスリングス』の紹介やゲームプレイ、そして最新情報が公開された。

本記事では、生放送で公開された情報をまとめて紹介しよう。

バトルシステムをおさらい!

まずは、『リンクスリングス』のバトルシステムについて、簡単な紹介からスタート。

本作では、4VS4でチームに分かれ、3分間でより多くの陣地を取ったほうが勝ちになるシンプルなルールになっている。

スライド2

従来の陣取りゲームはターン制や、開放した塔の数によって勝敗が決まるものが多かったが、本作では“なぞってはしる”というシンプルな操作感で遊べるのが特徴。

基本的には陣地を取りながらタワーを作り、そこでエネルギーを解放していくような流れになる。タワー作り、陣地の奪い合いで競い合うのが『リンクスリングス』での戦いかただ。

スライド3
スライド4

特徴的なルールとして、陣地を取る際に囲いを作るとその中の陣地を一気に取れる“コネクトリンク”というシステムを実装。これを利用すると一気に陣地が取れるので、最後までどちらが勝利するのか分からない、手に汗握るバトルがくり広げられる。

スライド5

バトルで使えるキャラクターはスピード、テクニック、パワーの3タイプ。

陣取りをするのが早いスピード、タワーを作るのが得意なテクニック、敵を倒すことに主軸を置いたパワータイプの3つから、好きな戦法を選んで遊べるようになっている。

スライド6

公式アンバサダーになってお得なアイテムをゲットしよう!

続いて、現在開催中の公式アンバサダーについても紹介された。

スライド8

公式アンバサダーは、さまざまな活動を通してポイントを貯めることで、豪華特典がもらえる。

体験版アプリの配布などゲーム関連特典だけでなく、出演声優のサイン色紙など豪華な特典が盛りだくさん!

スライド9

アンバサダーポイントはツイートなどを通して貯めることになるが、毎日コツコツ活動することでかなりのポイントが溜まっていくようだ。

友人をアンバサダーに招待してもポイントがもらえるので、知り合いを誘ってアンバサダーに登録しよう。

スライド10
スライド11

公式アンバサダーといっしょに『リンクスリングス』を盛り上げる公式アンバサダーリーダーには、ゴー☆ジャス動画さん、“ナオ”のキャラクターボイスを務める和氣あず未さん、コスプレイヤーのみゃこさん、YouTuberのちゅうにーさん、マンガ家のやしろあずき氏、ファミ通Appからはターザン馬場園の就任が決定している。

生放送では出演ゲストと、今回出演できなかった3名が意気込みを語るVTRも流れたので、興味のある人は動画を確認してみよう。

スライド12

また、アンバサダーリーダーが出演する“アンバサダーミーティング”が、4月から5回に分けて開催される。

こちらのミーティングへの参加応募権もポイントで獲得できるので、いまのうちにアンバサダーになっておこう。

スライド13
スライド14

⇒公式アンバサダー登録サイト

ゲストVS開発チームで激戦!

放送では、出演ゲストVS開発チームによる実機での対戦も実施された。

スライド16
スライド17

バトルが開始されるためには、使用するキャラクターの簡単な解説がされた。

各キャラクターの性能についての情報や、バトル中の動きかたについても実機による映像で確認できる。

WS000008WS000040

最初の一戦は開発チームが勝利したものの、二戦目ではゲストチームが勝利。

一度プレイするだけでルールを把握でき、すぐに白熱したバトルを楽しめるようになるとのこと。4人で協力してプレイするため、作戦を立てて戦っていくことが重要になるようだ。

WS000043WS000034

3戦目では、本気を出した開発チームによってゲストチームが敗北。ギリギリまでどちらが勝つか分からない展開には、ゲスト陣も悔しそうな表情を浮かべていた。

ラストの4戦目は、最後の最後までどちらが勝利するのか分からない緊張感のある戦いに。ギリギリまで接戦が続き、見事ゲストチームが勝利。

簡単にルールを把握でき、最後まで逆転のチャンスがある本作のバトルには、ゲストも大盛り上がりでプレイをしていた。

WS000013WS000017

▲敵のタワーを壊したり、自チームのタワーを作ったりと味方と連携しながら戦っていく。

WS000018WS000038

▲パワーやテクニックタイプなど、さまざまなキャラクターを選択できる。

『リンクスリングス』に関する続報は、公式Twitterアカウントなどを通して今後発表されていくようだ。

まだ詳細は発表されていないが、使えるキャラクターは全部で15体であることも公開。キャラクターや担当声優の情報も3月から公開されていくようなので、アカウントをフォローしておこう。

スライド19
スライド21

⇒『リンクスリングス』公式Twitterアカウント

⇒公式アンバサダー用Twitterアカウント

放送の最後には、事前登録が2月27日より開始することも発表された。

事前登録がスタートしたら、ぜひとも登録をしておこう。

スライド23

⇒公式アンバサダー登録サイト

⇒アンバサダーミーティング応募サイト

リンクスリングス

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーサムザップ
公式サイトhttps://linqsrings.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧