1. サイトTOP>
  2. 配信間近のセガ新作『リボルバーズエイト(リボハチ)』クローズドβテストからの進化を開発者に聞く!

配信間近のセガ新作『リボルバーズエイト(リボハチ)』クローズドβテストからの進化を開発者に聞く!

2019-01-15 19:30 投稿

よりユーザーどうしで盛り上がれるゲームを目指して

2019年1月22日に配信を控えたセガゲームスの新作リアルタイムストラテジー『リボルバーズエイト』(以下『リボハチ』)。2018年10月に行われたクローズドβテスト(CBT)のフィードバックレポートも公開され、配信開始に向かって盛り上がる『リボハチ』について、プロデューサーの菊池正義氏と開発ディレクターの黒澤勝氏にお話しを伺った。

01.メインビジュアル_タイトルロゴ付

【『リボルバーズエイト』事前登録はこちら】

▼『リボハチ』クローズドβテスト調査結果&フィードバックレポートはこちら

リボハチ_0109_01

▲『リボハチ』プロデューサーの菊池正義氏(写真左)と開発ディレクターの黒澤勝氏(写真右)。

--よろしくおねがいします。まず、CBTに関してですが、開始直後にユニットのバランス調整があり、「頻繁にバランスを変えていくのかな?」という印象がありました。

黒澤:3日後とかですかね。CBT開始前から「調整したほうがいいかな」という部分ではあったのですが、実際にユーザーの反応を見て、実感があったので調整しました。

菊池:懸念していたところがはっきり形に現れた部分ですね。調整にはけっこう時間をかけているんですが、やはり出したものをユーザーがどう受け取るかを見るCBTでもありますから。

--その後はとくに調整なくCBTが終了しました。

黒澤:最初の調整でどうなるか様子を見たいという部分と、ほぼ狙いどおりにはできていたのでCBT中はそのまま行きました。

--CBTでのプレイヤーの対戦を見ていて、いかがでしたか?

菊池:がっつりやっているプレイヤーは調整に対してしっかり合わせてきて、深く理解されているなというのがおもしろかったですね。

--かなりやり込んでいるプレイヤーが多かったんですね。

菊池:そういう方たちも多く集まっていただけたのはうれしいですね。いろいろなユニットを使って、いろいろな組み合わせのデッキが生まれてほしいですから。もちろん、それでいて多くの対戦が接戦になってほしいので、何かに偏らないように調整しています。CBTで実際にどう行っていくか感触がつかめたのはいいところですね。

黒澤:バトル関係を分析するツールを用意していまして、CBTでは各ユニットが狙いどおりの使われ方をしているかを確認していました。配信後も同じように確認して、偏りが見えたら調整を検討していくことになります。

菊池:調整の頻度に関しては考えないといけないですけど、しっかり行っていきます。バランスを取り続けるのも我々の仕事で、おもしろさをどこまで担保できるかがひとつのポイントだと思っています。

 リボハチ_0109_02

--CBTのプレイヤーは20代を中心に10代、30代も多いという結果でした。

菊池:10代、20代の若い世代に遊んでもらうのが課題だったので、この部分は安心しました。

--日本語とそのほかの言語圏で分布の違いはあったのでしょうか?

菊池:だいたい同じような傾向ですが、英語圏は20代がかなり多かったですね。

黒澤:とくに飛び抜けている感じですね。ほかはあまり変わらないんですが。

--そんな違いがあるんですね。ストーリーやヒーローのクエストがチュートリアル的に用意されていますが、リアルタイムストラテジーを遊びなれていないプレイヤーの反応はいかがでしたか?

黒澤:クエストを遊んでからリーグマッチに進んだプレイヤーのほうが、長くプレイしているという実績データがあります。ただ、クエストを途中でやめてリーグマッチに進むプレイヤーもいたので、そこを調整し、誘導をしっかりとするよう対応しています。

菊池:クエストをプレイした人ほど対戦していたので、機能している実感はあります。さらにしっかり誘導できるように改修しています。

--実際にクエストでキャラ性能が判ると使ってみたくなります。CBTではカードバランスに関してどのような意見が多かったのでしょうか?

黒澤:タワーに直接攻撃できるシンデレラやマッチ売りが強いという意見が多かったですね。CBT開始後に調整した部分ではあるのですが、それでも強いという意見がありました。英語圏では赤ずきんが強いという意見が、ほかより多かったですね。

 リボハチ_1228_02

--遠距離でしかも範囲攻撃は強いと思います!

黒澤:赤ずきん以外にも、遠距離範囲攻撃のヒーローはいるのですが……。とくにシンドバッドはあまりCBTで活躍できてなかったですね。このあたりは調整して、赤ずきん一択のような状況だったのは変わっています。

菊池:強くするにもいろいろな方法がありますが、いろいろ調整を行っておりますので、桃太郎やカボチャの魔女も強くなっていると思います。もちろん、配信後もデータで動向を見つつ調整していきます。

--すでに動画など公開されていますが、鏡の魔女や眠り姫、クララなど、CBTにはいなかったヒーローたちも楽しみです。

菊池:鏡の魔女は童話のイメージとはかなり違う女性になっています。白雪姫と対のストーリーになっているのでこちらも楽しんでもらいたいですね。

--性能は敵陣にも配置できるタンクということで、とても強そうというか、可能性がありすぎて逆に使うのが難しそうな感じがします。

黒澤:とても汎用性が高いです。スペシャルスキルも自身と周囲の味方を反対のレーンに瞬間移動するというもので。

菊池:あれは使いがいがある、玄人好みのスペシャルスキルだと思いますよ。

 リボハチ_1214_05

黒澤:レジェンダリー以外のヒーローは事前登録キャンペーンでプレゼントされるので、CBT参加者でも新しい体験があると思います。

--ヒーローなどのユニット以外でCBTから追加されている機能などはあるんのでしょうか?

黒澤:デッキ編成時にカードの動きを動画で見られるようになっています。あとは、リプレイ機能ですね。リーグマッチなどの対戦を再生して、自分と相手の手札やコスト状況を見られます。

--とくに負けた対戦ほど何が敗因だったのか確認したいので、相手の状況も見られるのはうれしい機能ですね!

黒澤:ギルドメンバーとシェアできるようになっているので、手札の動きなどの研究をしていただければと思います。アップデートで、ギルド以外でもシェアできるようにする予定です。

--配信後のアップデートなど、すでに予定しているものはあるんでしょうか?

黒澤:プレイヤーによってカードの育ち具合やリーグスコアなど違いますので、そのあたりを気にせず、身近な友達と対戦できるような機能の追加を予定しています。ほかにはヒーローの衣装変更機能ですね。

--キャラクターの魅力が広がるのは、うれしい要素ですね。

菊池:配信後はユーザーどうしで盛り上がれるようにサポートしていかなければと思っています。スマホゲームは実況配信とすごく相性がいいですよね。実況配信していくれている人がいて、そこでコミュニティができて、攻略のやりとりがあってという部分が熱くなっていければと思います。

黒澤:ユーザーがオンライン大会を主催する機能や、ステージ選択できる機能も予定しています。CBTではBGMも非常に好評で、リーグが上がってしまうと気に入っていたステージのBGMで対戦できないという声もあったので。

--BGMといえば、シンデレラステージのBGMですが、ヴォーカルバージョンはないのでしょうか?

菊池黒澤:(笑)

--あれ? 要望あったかなと思ったんですが、僕だけですか?(笑)

菊池:いや、僕もそう思っています(笑)。

黒澤:開発チームでもBGMが上がってきたときに、そういう声はありました。

菊池:どうなるかはハッキリ言えませんが「なんとかならないかな?」という話はしています。

▼『リボハチ』オリジナルサウンドトラック配信中

--なるほど。そのほか、配信後の予定はありますでしょうか?

菊池:あとはオフラインのイベントですね。ゲームを作り始めたくらいから「やりたいね」と話していたので、早いタイミングで実現したいと思っています。いろいろと準備はしているので楽しみにしていてください。

--楽しみにしています! 最後に配信を待っているユーザーにひと言おねがいします。

菊池:アップデートの内容や、ゲーム以外の楽しめる仕掛けなど、配信後により楽しんでいただけるように準備中です。ユーザーが楽しく遊べるよう、バランス調整を含めていろいろと行っていくので、安心して手に取っていただければと思います。

黒澤:対戦ゲームですので、感想をいただいたり、データを分析したり、ユーザーの意見を取り入れてより楽しめるようにしていきます。ぜひ遊んでください。

リボルバーズエイト

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリアルタイムストラテジー
メーカーセガゲームス
公式サイトhttps://rev8.sega.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧