1. サイトTOP>
  2. G-STAR2018で公開されたネットマーブル新作の日本展開は!?『ブレイド&ソウル レボリューション』や『A3 Still Alive』など注目作一挙紹介

G-STAR2018で公開されたネットマーブル新作の日本展開は!?『ブレイド&ソウル レボリューション』や『A3 Still Alive』など注目作一挙紹介

2018-12-01 10:00 投稿

日本で未配信の3タイトルが気になる!

2018年11月15日~18日の期間開催された韓国最大のゲームショウ“G-STAR 2018”。

韓国の最新ゲームの試遊や各種ゲーム大会を観戦できることから、国内外のメディアが注目する本イベントに、日本でもなじみのあるネットマーブルも新規タイトルを引っさげて出展。本記事では、ブースで試遊できた4つのスマホタイトルについて紹介していくぞ。

また、各タイトルの日本展開についてネットマーブルの担当者からいただいたコメントも、記事の最後に掲載しているので、そちらも要チェック!

IMG_4805のコピー

出展タイトル
・セブンナイツ2
・ブレイド&ソウル レボリューション
・KOF ALLSTAR
・A3 Still Alive


『セブンナイツ2』

出展されていた試遊タイトルのうち、日本ユーザーがもっとも気になるであろう『セブンナイツ2』。

『セブンナイツ2』は、日本でもおなじみのネットマーブルのスマホタイトル『セブンナイツ』のIPを用いたMMORPG。“『セブンナイツ』から30年後の未来”という世界観で制作されており、原作はターン制RPGだが、『セブンナイツ2』では8等身のリアルなキャラクターが美麗アクションをくり出すMMORPGへと生まれ変わっている。

IMG_4836

『セブンナイツ2』は昨年のG-STARから引き続き2度目の出展。2017年のバージョンでは、セブンナイツのひとり“アイリーン”の娘“レン”を中心にしたストーリーが展開され、レンのほか、3人のキャラクターから選択してプレイできたが、今年はよりバトルに焦点をあてたバージョンを試遊することができた。

プレイヤーは23人ものキャラクターから4人を選んでパーティを編成。ここで選んだ4人を自由に入れ替えながら戦闘していく(1キャラ操作で残りの3キャラはオートで戦闘参加)。

IMG_4839

▲画面下部のキャラアイコンをスクロールして選択。この画面でも各キャラ固有のモーションが見れるので、原作を知らずともキャラの雰囲気を掴むことができる。

スクリーンショット 2018-11-26 23.49.38

▲操作はおなじみのヴァーチャルパッド(左)とアクションボタン(右)。通常攻撃ボタンを長押しでオートプレイへと切り替えられる。

今回の試遊の見どころは、昨年にも増して磨きがかかったストーリー演出と、4人のパーティメンバーを切り替えるバトル。とくにキャラごとの固有演出が見れる必殺技は、今年初公開となる技が多数実装されていた。こちらはデモプレイの様子を動画で撮影してきたので、4人パーティで挑んだ際の激しい乱闘の様子とあわせて、ぜひ動画でチェックしてほしい。

スクリーンショット 2018-11-26 23.51.25
スクリーンショット 2018-11-26 23.51.48

▼会場でのデモプレイ映像はこちら

韓国での配信日は未定とのことだが、この完成度を鑑みるにそう遠くない時期に韓国ではリリースされそうだ。日本での配信は確定ではないものの、すでに日本のスマホゲーム市場には『セブンナイツ』ファンが存在していることからも、国内向けの配信も期待していいのではないだろうか。

▼2017年のG-STARの記事はこちら


『ブレイド&ソウル レボリューション』

日本では2014年にサービス開始したPC向けMMORPG『ブレイド&ソウル』。そのIPを利用して作られたスマホ向けMMORPG、それが『ブレイド&ソウル レボリューション』だ。

基本的には、原作『ブレイド&ソウル』の世界観やシステムを踏襲しており、“軽功”と呼ばれる颯爽と地を駆け空を滑空する『ブレイド&ソウル』ならではのアクションも、オリジナルのそれと遜色ないレベルに仕上がっている。バトルはもちろん、移動も楽しめてしまうのが特徴の作品だ。

スクリーンショット 2018-11-26 23.54.08

オープンフィールドでの勢力戦や自身でスキルの連携技を設定できるのも特徴で、国内外のMMORPGプレイヤーから期待が寄せられる『ブレイド&ソウル レボリューション』。

こちらも『セブンナイツ2』と同様に、昨年のG-SATRで出展されていた作品だが、今年の試遊バージョンは“世界観へのこだわり”が全面に押し出されていたのが印象的だ。

スクリーンショット 2018-11-26 23.54.50スクリーンショット 2018-11-26 23.54.28

▲原作同様、4つの種族からプレイングキャラクターを選ぶことができる。

スクリーンショット 2018-11-26 23.59.04 1スクリーンショット 2018-11-26 23.58.20

▲こちらが“軽功”を行っている際の画面。相変わらず気持ちがよく、操作も簡単なので用もないのに飛び回ってしまう。

基本的な操作は昨年と変わりないのだが、今回の試遊機はほぼ完成している状態のものであるため、ストーリーも相当なボリュームで組み込まれていた。重要キャラ同士の戦いに介入したり、恩人を守るために戦ったりと、ひとつひとつのバトルが動機づけられ、没入感を演出。スマホ向けのMMOPRGでは稀にみるストーリーにも重きを置いた作品でもあることが伺えた。ハイクオリティなグラフィックなアクション性についてはぜひ動画で確認してみてほしい。

スクリーンショット 2018-11-26 23.56.25スクリーンショット 2018-11-27 0.03.19

▲ストーリーカット。通常の会話シーンのグラフィックの美しさもそうだが、派手な演出が施された戦闘シーンの見栄えもなかなか。

スクリーンショット 2018-11-27 0.14.08

▲バトルはおなじみの操作パッド。アクション性が強めだが基本はオートで戦うことになるだろう。

スクリーンショット 2018-11-27 0.16.59

▲特殊なカメラワークで放たれる技も確認できた。

▼会場でのデモプレイ映像はこちら

韓国版は2018年12月6日に配信予定。日本向けの配信は現状未定であるため、続報が入り次第お届けしたい。

▼2017年のG-STARの記事はこちら


『KOF ALLSTAR』

日本で先行配信中の『KOF ALLSTAR』の韓国版がプレイアブル出展。

歴代『KOF』キャラが総出演するアクションRPGということで、韓国の『KOF』ファン待望の新作スマホゲームとなっている。

IMG_4806

会場の試遊機ではG-STAR特別クエストを体験することができたが、操作やゲームシステムなど基本的には日本で配信されている『KOF ALLSTAR』と思ってもらって構わない。簡単操作ながらも『KOF』シリーズが持つ格ゲーの爽快感やアクション性がしっかりと活かされているのがポイントの作品だ。

IMG_4814
IMG_4808

韓国でもやはり『KOF』ファンは多く注目度も高いようで、会場内にはコスプレイヤーのほか、“不知火舞”のフィギュアも展示されていた。

ただ、韓国での配信日はいまだ発表されていないため、世界展開にはもう少し時間がかかりそうだ。

IMG_4833

▲会場で実施された試遊イベントの参加者から抽選で、こちらの不知火舞のフィギュアがプレゼントされた。

▼『KOF ALLSTAR』の詳細はこちら


『A3 Still Alive』

『A3 Still Alive』は今回のG-STARで初公開となったネットマーブルの新作MMORPG。特徴は、最大30名で行うバトルロイヤルで、勢力間やギルド間でのバトルがメインのこれまでのスマホ向けMMORPGでは味わえないような、スリリングなバトルを楽しめる作品だ。

日本でも2004年から3年間PC向けに配信されていた知る人ぞ知るMMOPRG『A3』をスマホ向けにアレンジしたもの。今回の試遊では、醍醐味であるバトルロイヤルモードこそプレイはできなかったのだが、ゲームの世界観や操作性は十分に感じとることができた。

IMG_4474

▲ストーリーパートのキャラのグラフィックの美しさはほかのゲームと比べてもかなりのもの。

IMG_4506

▲通常攻撃の細かい粒子状のエフェクトにもバトル演出へのこだわりが感じられる。

試遊では、槍や弓などの6つのクラスからひとつを選択してプレイすることができるのだが、今回はガンガン魔法が使えて攻撃も派手そうな杖のクラスを選択。

基本操作はオートに任せてしまうが、思わず見入ってしまうほどのグラフィックとその美しさで放つド派手なアクションが印象的だった。

IMG_4549
IMG_4537

ちなみにバトルロイヤルモードでは、フィールドのモンスターやほかのプレイヤーを倒してレベル上げをしながら、最後のひとりになるまで戦うものになるという。韓国での配信日は未定で、日本配信についても明らかになっていないが、バトルロイヤルという新たな切り口で仕掛けるMMOがどのようにユーザーに受け入れられていくのか、隣国として動向はしっかりとチェックしておきたい。

▼会場でのデモプレイ映像はこちら

日本のネットマーブル担当者に聞く!「日本での展開は?」

最後に、今回G-STARに出展された3タイトル(『KOF ALLSTAR』を除く)について、日本のネットマーブルの担当者にコメントをいただいたけので掲載しよう。日本でのサービスについてもコメントをいただいたぞ!

『ブレード&ソウル レボリューション』は、韓国ネットマーブル2018年下半期最高の期待作です。『リネージュ2 レボリューション』が開拓したモバイルMMOジャンルにおいて、それ以上の価値を創出し、次世代のモバイルMMORPGの時代を切り開いていく作品だと捉えています。“レボリューション”のネーミングは、「モバイルゲーム市場に革命を起こす」という期待の表れです。

事前登録者数も当時の『リネージュ2 レボリューション』に比べ2倍以上早い速度で増加しており、ユーザーから良い評価が得られることを期待しています。

『セブンナイツ2』と『A3:STILL ALIVE』は、自社IPを育てていくという2018年に掲げた事業指針に基づくプロジェクトです。原作に新しいゲーム要素を加えることで、既存のファンの枠を越えて多くのユーザーへ上質な楽しさを提供し、ブランドの認知を広げていきたいと考えております。

とくに『A3:STILL ALIVE』は、グローバル市場で爆発的な人気を集めている“バトルロイヤル”コンテンツと“モバイルMMORPG”ジャンルを組み合わせ、バトルロイヤルシューティングとは一線を画すバトルロイヤルMMOという新ジャンルを開拓すべくリリースする期待作です。

G-STARに来場し、バトルロイヤルに参加したユーザーからも高い評価をいただいております。

各タイトルとも日本でのサービスを予定していますが、現時点で時期は決まっておりません。早くサービス提供できるように努力いたしますので、ぜひご期待ください。

©Netmarble Corp.

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧