1. サイトTOP>
  2. レジェンドプロ格闘ゲーマー“ウメハラ”が『シャドウバース』に挑戦!“チームCygames Beast”と来場者の勝負の模様をリポート【TGS2018】
下記の期間、システムメンテナンスを予定しております。 なお、期間中は、一時的に当サイトをご利用いただけない場合がございます。 ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

【メンテナンス期間】 2018年12月17日 午前1時~当日午前5時まで
※メンテナンスの状況により上記期間が変更になることがあります。

-

レジェンドプロ格闘ゲーマー“ウメハラ”が『シャドウバース』に挑戦!“チームCygames Beast”と来場者の勝負の模様をリポート【TGS2018】

2018-09-23 13:18 投稿

レジェンドゲーマー“ウメハラ”が『シャドバ』に挑む!

2018年9月20日~同23日まで千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2018。

一般公開日の初日となる(20日、21日はビジネスデイ)22日にTwitchブースで行われたステージイベントにて、格闘ゲームのレジェンドプレイヤーであるプロゲーマーの梅原大吾氏こと“ウメハラ”氏、氏と同様に“チームCygames Beast”所属の“ふ~ど”氏、海外から参戦した“PRバルログ”氏が『シャドウバース』に挑戦した。

ph02

▲ふ~ど氏(写真左)とウメハラ氏(写真右)

ph03

▲海外から参戦したPRバルログ氏(写真中央)

ph01

▲MCを務めたのはあーる氏。

いずれも格闘ゲーム、とくに現在では『ストリートファイターⅤ』において名実ともにトッププレイヤーである彼らが『シャドバ』に挑んだらどうなってしまうのか。

奇しくも今回のイベントの趣旨が“来場者と対戦を行う”というものだったためか、ブースには多くの“チームCygames Beast”の面々のファンや、『シャドバ』のファンが詰めかけていた。

 ph04

ウメハラ氏の腕前やいかに!?

最初に対戦イベントに挑戦したのはウメハラ氏。

まだ esportsという概念がない時代、格闘ゲームが日本国内を主戦場としていた古来より海外の大会に積極的に参加し、国内国外を問わず数多のタイトルを総ナメにしてきたまさに“格闘ゲーム界のレジェンド”である氏が『シャドバ』で選んだデッキはエルフ。

対する挑戦者はビショップを選択して対戦はスタートした。

氏は対戦前に“天狐(天狐の社)はカンベン”という旨の発言をしていたが、完全にビショップが直撃した形で思わず苦い表情。

挑戦者のデッキは天狐の採用が見えないカウントダウンアミュレットを軸にしたタイプのデッキだったが、全体に1ダメージを与えつつカウントを進める星の奔流の直撃や、一気に大量展開される大型フォロワーの群れを捌ききることができずこの対戦は挑戦者が勝利した。

 ph05

『シャドバ』は初心者?PRバルログ氏

今回のイベントのために海外から参戦したPRバルログ氏は、『シャドバ』に関しては自信がない様子。

今回の挑戦者はエルフを選択し、対するPRバルログ氏は聖獅子ビショップというなかなかにシブいチョイス。

実質的な勝利条件が少し特殊な聖獅子ビショップというデッキゆえかかなりミスが目立ったものの、最終的には手札のリソース枯渇を起こした挑戦者に対して獅子の群れが雪崩込む形でPRバルログ氏がまさかの勝利。

この勝利には『シャドバ』を少々嗜んでいる筆者も驚いた。やはり世界を舞台に戦っているプロは勝負強さが飛びぬけている、ということなのだろうか。

 ph06

じつはやり込み派?ふ~ど氏の勝利なるか

“チームCygames Beast”最後のプレイヤーはふ~ど氏。3人の中ではいちばんやり込んでいる様子のふ~ど氏はアーカスネクロをチョイス。

アーカスネクロは最高位に位置するデッキではないものの、先日の“RAGE 2018 Autumn”でも優勝の決め手となったテクニカルなパワーデッキ。

対する挑戦者はなんと先ほどウメハラ氏と対戦して勝利を収めたプレイヤー。挑戦者は今回もビショップを選択して対戦はスタートした。

アーカスネクロは除去能力とデッキ回転力が高く、大型フォロワーの大量展開に対しても除去が追いつくポテンシャルを誇るが、ふ~ど氏の手札には本来であれば1枚だけ引きたいアーカスが3枚溜まってしまい、逆にデッキを回転させるためのドローエンジンに恵まれず苦しい展開に。

ふ~ど氏はなんとかアーカスまでたどり着き、ドロー能力を持ったフォロワーが手札にきたことでデッキが回りはじめる兆候を見せるもののそのときにはすでに時間切れ。

削られた体力と展開され続けるフォロワーを前にリソース切れを起こし、挑戦者が押し切る形でウメハラ氏に続きふ~ど氏にも勝利を収めた。

 ph07

ステージでは新カードの発表も!

イベントの最後には、2018年9月27日にリリースが予定されている『シャドバ』第10弾カードパック”十禍絶傑”に収録される新カードの一部が発表された。

 ph08

1枚目のカードはウィッチのスペル、眠りの魔術。前弾から追加された“残り枚数20枚以下”ボーナスを持つカードだ。

 ph09

2枚目はネメシスのスペル、オートメーション。こちらは4枚のアーティファクトをデッキに埋め込むスペルで、2種類を任意に選択&0コストという点がかなり強力に思える。

ph10

そして最後の3枚目はニュートラルフォロワーの爆砕の傭兵・フィーナ。進化を必要とするが特定の条件下では強力に作用する1枚になっている。

“チームCygames Beast”の活躍に期待!

今回のイベントでは惜しくもPRバルログ氏のみが勝利という結果になった“チームCygames Beast”だが、冒頭でも述べた通り彼らの主戦場は格闘ゲーム。

今回の『シャドバ』ステージで彼らを知ったという人も、メインの戦場で戦う彼らの姿を見てみてほしい。文字通り世界中を飛び回りながら大会に挑む姿に。“プロ”の何たるかを感じるはずだ。

 

シャドウバース

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://shadowverse.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧