1. サイトTOP>
  2. 404小隊たちがお出迎え!『ドルフロ』ブースはUFOキャッチャーにライブペインティングなど楽しみがいっぱい【TGS2018】

404小隊たちがお出迎え!『ドルフロ』ブースはUFOキャッチャーにライブペインティングなど楽しみがいっぱい【TGS2018】

2018-09-21 23:38 投稿

『ドルフロ』がTGSに初出展!ブースの見どころを紹介

2018年9月20日~9月23日の4日間、千葉・幕張メッセで開催中の国内最大級のゲームの祭典“東京ゲームショウ 2018”(TGS2018)。

本イベントに、サンボーンジャパンより配信中の『ドールズフロントライン』(以下、『ドルフロ』)がブース出展! 配信されて1ヵ月弱での初出展となるが、ゲーム同様東京ゲームショウでもその人気は顕在。本記事ではそんな『ドルフロ』ブースをフォトリポート形式で紹介していく(場所は5-C08)。

ブーズ引き

“一◯◯式”や“416”のコスプレイヤーのみなさんがお出迎え!

ブースに立ち寄って、真っ先に目に飛び込んでくるのは『ドルフロ』キャラのコスプレイヤーのみなさん!

“416”や“UMP9”など、人気キャラが勢揃いしており、衣装の完成度もご覧の通りかなり高い。写真でも充分美しいのだが、一般公開日に参加される方はぜひその目で拝んでほしい。

コスプレイヤー集合

無料でもらえる配布物もこれまた豪華!

ブース周辺では、前述のコスプレイヤーのみなさんがチラシやうちわなどを配布している。こちらの配布物はなくなり次第終了とのことなので、ほしい方は周囲のスタッフに声をかけて受け取ろう!

IMG_2709
配布物

▲チラシ4種類に、うちわとステッカー! これをすべてゲットできる猛者はいるのだろうか……。

スタンプラリーをクリアーすると、特製クリアファイルがもらえる!

ブースでは、スタンプラリーが行われている。ブース内の受付でスタンプラリーシートを受け取り、各ミッションをクリアーし404小隊の4つのスタンプを集めると、以下の“TGS特製バッグ型クリアファイルがもらえるぞ!

スタンプラリーのファイル

▲クリアファイルの表面。ここでしか手に入らないTGS仕様のデザインとなっている。

裏面&スタンプのサンプル

▲クリアファイルの裏面。右のシートがスタンプをもらうためのミッションのひとつだ。

スタンプラリー

▲コスプレイヤーさんとの撮影や、UFOキャッチャーを試遊するミッションもあるので、クリアファイルが欲しい人は後回しにせず早めにミッションを終わらせるのがおすすめだ。

▼詳細はこちら

DnHd5v_UYAAju__

UFOキャッチャーは整理券必須!ブースに来たら必ず受け取ろう!

スタンプラリーの項目のひとつ、UFOキャッチャーだが、混雑回避のため整理券が配布されている。ちなみにビジネスデイでも一日分の整理券が数時間でなくなるほどの人気だったとか。

UFOキャッチャー内のぬいぐるみは運よく取れるともらえるが、ぬいぐるみが取れなくてもスタンプはもらえるので安心してほしい。

UFOキャッチャー
整理券状況

一般公開日にはライブペインティングを実施!“スオミ”でおなじみAnmi先生が登壇

一般公開日ならではのお楽しみイベントも存在。9月22日と23日の特定の時間帯では、人気キャラ“スオミ”のイラストレーターとして知られるAnmi先生によるライブペインティングイベントを実施。

また、一般公開日に限り、前述したスタンプラリーの達成者先着40名(各日)にはAnmi先生のサイン会参加券が配布される。熱烈なファンは早起きして朝一から参加すると、もしかしたらAnmi先生のサインがもらえるかもしれないが、かなりの倍率になることは間違いないだろう。

DnHeCE8UwAAZ-oN

ブースの展示物をまとめてチェック!

以下では、『ドルフロ』ブースの展示物の写真をまとめて掲載。一般公開日に参加できない方はこの記事で少しでも『ドルフロ』ブースの雰囲気を感じ取っていただければ幸いだ。

等身大スタンディ

ブース内には至るところにAR小隊や404小隊などの等身大スタンディが展示されている。大きなサイズで彼女たちを拝めるのはうれしいポイントだ。

スタンディ①
スタンディ②

ショーケースの展示物

ブース内の一角にあるガラス張りのショーケースには、中国で販売されているグッズの一部が展示されている。どれも日本では販売されていないグッズたちなのだが、これを機にぜひ日本展開を検討してほしいところだ。

ショーケース9
ショーケース8
ショーケース7
ショーケース5
ショーケース2
ショーケース1

壁面のイラスト&設定資料

受け付けの近くの壁面には、キャラクターの設定資料がびっしり。色使いやディテールなど思わず足を止めて眺めてしまう。

壁面1壁面2
壁面4壁面6

人形製造試合

スタンプラリーの項目でもあるが、ブースではひとり3回までゲーム内の製造を体験することができる試遊台が設置されている。どの人形を迎えられるか記念に製造してみよう!

試遊台

ここまで一通りブースを紹介してきたが、一般公開日のスタンプラリーはビジネスデイよりも混雑することが簡単に想像できるだろう。来場される方は、時間に余裕をもって慌てず参加することを心がけてほしい。

コスプレイヤーにUFOキャッチャー、Anmi先生のライブペインティングなど、『ドルフロ』ブースはファン必見のコンテンツが目白多し!東京ゲームショウ2018に参加される方はぜひ足を運んでみよう!

ドールズフロントライン

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルシミュレーションRPG
メーカーSUNBORN JAPAN
公式サイトhttp://gf.sunborngame.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧