1. サイトTOP>
  2. モバイル版『PUBG』5月配信!世界が注目する『PUBG MOBILE』の詳細を副社長に直接インタビュー

モバイル版『PUBG』5月配信!世界が注目する『PUBG MOBILE』の詳細を副社長に直接インタビュー

2018-05-03 17:00 投稿

本家100人バトルロイヤルが5月に開戦!!

世界的大ヒットを記録した最大100人が同時にひとつの戦場で戦うバトルロイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、『PUBG』)のモバイル版『PUBG MOBILE』が日本国内で2018年5月中にAppStore、GooglePlayにて配信が開始される。

配信に先駆けて、2018年4月25日より開始された事前登録では、開始わずか2日間で35万人を突破するほどの注目を集めている。

⇒PUBG MOBILE事前登録サイト

そこで本記事ではBlueholeの子会社で『PUBG』を専門に手掛けるPUBG Corp.の副社長チョ・ウンヒ氏に、気になる『PUBG MOBILE』の詳細と開発秘話を伺ってきた。

TAK_4346

PUBG Corp.副社長チョ・ウンヒ氏(文中:チョ・ウンヒ

『PUBG MOBILE』は“刺激”がベース!

――スマホ版『PUBG』の開発にいたった経緯を教えてください。

チョ・ウンヒ すでにPC版とXbox版のサービスが始まっていますが、より多くのみなさんに“いつでもどこでも”バトルロイヤルをたのしんでもらいたかった。そこで誰もが持っているスマートフォンをプラットフォームとした『PUBG MOBILE』の開発を決めました。

――中国ではスマホに最適化された通称『全軍』、PC版に寄せた『刺激』の2種類がリリースされていますが、『PUBG MOBILE』はどちらに当てはまりますか?

チョ・ウンヒ 今回リリースする『PUBG MOBILE』は『刺激』に当てはまります。

――今回、『刺激』をグローバル版『PUBG MOBILE』として選ばれた理由は?

チョ・ウンヒ 我々にとってどちらのタイトルも大切なもので、いまも各開発チームが競い合いながら、よりよいものにしようと頑張っています。その中でも本格的なゲームを求めている日本のゲームユーザーには『刺激』のほうがマッチしているだろうと判断しました。

――『PUBG MOBILE』ならではの見どころ、オリジナルの仕様などはありますか。

チョ・ウンヒ 今回リリースする『PUBG MOBILE』はPC版をどこまで再現できるかが大きな目標になっています。操作系統を含むプレイ環境は大きく異なりますが、PC版で行われているものと同等のバトルロイヤルを体験してもらいたい。それを第1に考えて現在も開発を進めています。また、インゲームとしての経験はPC版と同じものを、アウトゲームという面ではモバイル環境に合わせ改善したバージョンを提供しようと考えています。

――『全軍』と『刺激』、あえてふたつの開発を進めるうえで、もっとも気をつけた点と実際にプレイしたユーザーの反応はどうでしたか?

チョ・ウンヒ どちらのチームもPC版をモバイルに最適化しようと取り組んでいます。その中でもユーザーインターフェイス(以下、UI)の最適化は大きなハードルになりました。モバイルでは小さな画面にすべてを集約しなければならず、さまざまな議論がくり返されましたが、そんな中でUI開発に大きな影響を与えたのは、多くのユーザーからいただいた意見や要望でした。

――『PUBG』というコンテンツ全体をよりよいものにと考えるユーザーが多いことが伺えますね。

チョ・ウンヒ はい、とてもうれしいことですよね。直感的に操作方法がわかるUIのデザインはもちろん、限られた画面の中でいかにPC版と同等の体験を提供できるかが大きな課題なので、それを達成するため多くの声をフィードバックするよう心がけています。

――『全軍』と『刺激』、ふたつの『PUBG』を開発する中で経験した新たな発見はありましたか?

チョ・ウンヒ もっとも大きなものはアイテムを自動で取るというアクションですね。PC版ではマウスを使ったすばやい回収が可能ですが、モバイルではキャラクターの移動やエイムなど、すべてを画面の中で行わなければいけません。『PUBG』は1分1秒が生死を分ける重要なポイントになるので、アイテムの回収を自動化することはもちろん、建物の外観を簡略化することで処理落ちなどのストレスを排除しています。少しでも戦況に集中してもらい、PC版同等の緊張感をたのしんでもらいたいと考えました。

――PC版同等のクオリティになるとBluetooth対応のコントローラへの対応も期待されるところですが、モバイル版ではどうなるのでしょうか?

チョ・ウンヒ これまでのゲームであれば必要なこともあったと思いますが、『全軍』や『刺激』をすでにプレイしているユーザーは環境への適応がとてもはやく、現在のUIでも大丈夫だろうと安心しています。そのため、現段階でBluetooth対応のコントローラは検討していませんが、今後みなさんからあがってくる要望によっては追加する余地はあるだろうと考えています。

TAK_4185
▲モバイル版でもPC版同様にプレイヤーのレートを基準にマッチングすると語るチョ・ウンヒ氏。

国内向けの最適化と遜色のない戦場を提供

――『PUBG MOBILE』でプレイできるマップを教えてください。

チョ・ウンヒ 初期からある“ERANGEL”はもちろんですが、現段階のバージョンでは“MIRAMAR”も同時にローンチできるんじゃないかと考えています。もちろんこれは過程のはなしで100%お約束できるものではありませんが、その可能性もあるとだけお伝えしておきます。

――武器や車両などの種類はPC版と同じなのでしょうか。また、『PUBG MOBILE』の課金要素についても詳しく教えてください。

チョ・ウンヒ アイテム類に関してはPC版と同じものを用意してあります。課金要素については、衣装やスキンといったPC版と同じものをモバイル版でも提供する予定です。また、日本に人気のあるIPとコラボすることも前向きに考えています。

――モバイル版とPC版のサーバをわけた理由を教えてください。

チョ・ウンヒ クロスプラットフォームも検討したのですが、モバイル版とPC版では操作系統が大きく異なります。今後、サービスを重ねていく中でどうなるかはわかりませんが、公平性を考えると現段階ではすみわけをするのがベストだという考えに至りました。

――ボイスチャットはゲーム内に実装されていますか?

チョ・ウンヒ はい、ボイスチャット機能は実装されています。さらに、音声の付いた特定のメッセージを送信するクイックボイス機能を用意しました。ローンチ時点では英語のみですが、日本向けに有名声優さんのボイス収録を現在進めていますので、たのしみにしていてください。

――『PUBG MOBILE』もカスタムサーバー(注1)を実装する予定ですか?

チョ・ウンヒ 提供できるかどうか現段階でお答えすることはできませんが開発中ではあります。

(注1)カスタムサーバーとは、通常のマッチングとは別に、プレイヤー個人が自由に試合内容を設定できる部屋のこと。

――PC版はeスポーツの核となるタイトルに成長しています。モバイル版で新たなeスポーツシーンを作っていく可能性についてどう考えているでしょうか?

チョ・ウンヒ まず、PC版には“観るたのしさ”があり、そのひとつがまさにeスポーツにマッチしていると考え、強化を進めてきました。いっぽう、モバイル市場でeスポーツがどこまで盛りあがっていくのかわからない時期にありますが、可能性があると判断できたときは積極的に検討していこうと考えています。

――すでにバトルロイヤル系のアプリが多数登場し、『PUBG MOBILE』は後発にあたりますがどのような戦略を取っていくのでしょうか?

チョ・ウンヒ 我々は『PUBG』がバトルロイヤルというジャンルを広く知らしめる重要なタイトルに成長していると実感しています。また、日本のプレイヤーはゲームのクオリティに高いこだわりを持っていると考えており、その期待を裏切らないものを提供するため、完成度を高めてきました。そのため、じつは東京にも弊社のオフィスを作っています。これからは日本のユーザーとコミュニケーションを取り、信頼を得ながら最善のサービスを提供できる体勢を整えていきます。

幅広いユーザーがたのしめる環境作り

――100名限定のリリース記念パーティーについて詳しく教えてください。

チョ・ウンヒ 『PUBG』を愛してくださったストリーマー公式パートナーのみなさん。事前登録していただいた一般ユーザーを招待する予定です。詳細に関してはここでお伝えすることはできませんが、全員がたのしんでもらえるパーティーにしたいと考えています。

――具体的な配信日はいつごろを予定していますか。

チョ・ウンヒ 先日から開始された事前登録も好評でして、先ほどもおはなしした通りすでに35万人を突破(2018年4月27日段階)することができました。現在、5月中ということ以外は具体的な日にちをお伝えすることができませんが、1日でもはやくローンチできるよう全力で取り組んでいきます。

――iOSとAndroid、それぞれ『PUBG MOBILE』を快適にプレイするための推奨スペックを教えてください。

チョ・ウンヒ つねに最適化することを前提に開発を進めていますが、ローンチされるまで具体的なことはお伝えできません。ひとつ言えるとすれば、少しでも多くのかたにたのしんでもらえるよう推奨スペックをさげようと善処していくということですね。

――『PUBG MOBILE』を初めてプレイするユーザーに向けて、ドン勝するためのコツを教えてください。

チョ・ウンヒ 隠れてください(笑)。っとそれも大切なことですが、PC版とモバイル版では操作系統が異なりますので、必ずしもPC版で腕を磨いたユーザーが強いとも限りません。誰にでもドン勝を取るチャンスがあるので、臆せずチャレンジしてください。

――『PUBG』ファンに向けてメッセージをお願いします。

チョ・ウンヒ PC版を含めて『PUBG』というゲームはユーザーみなさんからのフィードバックありきで開発が進んでいます。これは『PUBG』の哲学でもあり、従来のコミュニケーションが『PUBG MOBILE』にも活かされていくことになります。とくに日本のユーザーに向けてさまざまな投資と努力を重ね、クオリティの高いサービスを提供していきますので、これまで同様たくさんのフィードバックをお願いします。

TAK_4335
▲今回のインタビュー中、室内には『PUBG』のロビーで使われているBGMがリピート。「これからが戦いの本番だ」そう感じさせる空気の中、チョ・ウンヒ氏が絶えず見せてくれた笑顔は自信の現れだろう。

筆者は今回のインタビューに先駆け、『全軍』と『刺激』に関する比較記事(こちら)を担当。両タイトルをプレイする機会があったのだが、どちらもまさに『PUBG』だと言い切れる十分な完成度だった。

その中でもPC版に寄せた『刺激』が『PUBG MOBILE』であるという点は、コアユーザーにとってはもちろん、少しでも本家に近い体験をしたいと待ち望んでいたライトユーザーにもうれしい決定だろう。

もうまもなくリリースされる『PUBG MOBILE』が、モバイル市場にどんな革命をもたらすのか。バトルロイヤル系ゲーム戦国時代となる2018年の動きに今後も注目していきたい。

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

PUBG MOBILE

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーPUBG
公式サイトhttps://pubgmobile.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧