1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. 『D×2 真・女神転生 リベレーション』最初の1体からエンドコンテンツまで!★4おすすめ悪魔を目的別に紹介【Dx2メガテン攻略】

『D×2 真・女神転生 リベレーション』最初の1体からエンドコンテンツまで!★4おすすめ悪魔を目的別に紹介【Dx2メガテン攻略】

2018-02-15 07:00 投稿

自分のパーティーに足りない役割を補おう

セガゲームスより好評配信中の『D×2 真・女神転生 リベレーション』(以下、『Dx2』)。本記事では、★4悪魔の中からとくにおすすめしたい有能な悪魔たちを目的別に紹介する。

召喚で引いた悪魔から何を育てればいいのか? 合体ではどんな悪魔を作ればいいのか迷っている人はぜひ参考にしてほしい。

IMG_8186
▲★4以上の悪魔合体には大量のマグネタイトが必要なので、どの悪魔を作るべきか非常に悩ましい。

幅広く活躍できる悪魔がほしい人はサンダルフォンとベルゼブブがおすすめ

サンダルフォン(大天使/グレード61)

 ◆サンダルフォンのおすすめポイント
【おすすめアーキタイプ:加護】
・耐性が優秀で弱点がなく、耐久力がある
・2属性のダイン系魔法とスクカオートで攻撃と支援能力が高い
・加護タイプなら覚醒でサマリカームを習得
タフで攻撃から補助までこなす万能な大天使

★4の中ではグレードが低く、★3悪魔同士の合体でも作成できる割には破格の性能といえるサンダルフォン。耐性がとにかく秀逸で、破魔反射、呪殺無効に加えて物理と電撃に耐性を持ち、弱点なしと全悪魔の中でもトップクラスのスペックだ。

スキルはザンダイン、ハマダインによるピンポイントな弱点狙いと、バトル開始時にスクカジャが自動で発動するスクカオートが非常に強力。さらに、アーキタイプが加護なら覚醒で仲魔を完全蘇生するサマリカームを覚えるなど、どんな編成であれ活躍できる。合体でどの悪魔にするか迷ったら、とりあえず加護タイプのサンダルフォンを作っておけば間違いないはずだ。

IMG_8210
▲スクカオートで味方全体の命中・回避率を高めるので、物理攻撃を主体とする編成ではとくに重宝する。

ベルゼブブ(魔王/グレード68)

 ◆ベルゼブブのおすすめポイント
【おすすめアーキタイプ:異能、防魔】
・全能力が平均以上に高く、耐性に弱点がない
・ムドダイン、マハジオンガ、全体呪殺と攻撃手段が豊富
・専用スキル“暴食の大罪”のHP吸収効果がとくに強力
すべてが水準以上で欠点がないオールラウンダー

メガテンシリーズでは最強クラスの悪魔として定番のベルゼブブは、すべての能力が平均以上で、耐性も破魔・呪殺無効、電撃と衝撃に耐性があり弱点なしと穴がない万能タイプの悪魔だ。

ベルゼブブ独自の全体呪殺スキル“暴食の大罪”は、敵を攻撃しながら与えたダメージの50%を吸収するというトンデモナイ効果。また、異能タイプであれば覚醒でマカラカシフトを習得するのも大きなポイント。

IMG_8211
▲魔だけでなく力も高いので、継承スキルと烙印次第でどんなスキルも使いこなせるカスタマイズ性の高さが魅力だ。

アウラゲート探索やデュエルで先攻をとりたい人は異能フェンリル!

フェンリル(妖獣/グレード61)

 ◆フェンリルのおすすめポイント
【おすすめアーキタイプ:異能】
・圧倒的な速とスピードスター効果でバトルスピードUP
・タルカオートでバトル開始時と同時にタルカジャ発動
・補助スキルを継承させればサポート役としても活躍
先制攻撃+タルカオートで攻め立てる

全悪魔の中でも最速の速さを誇るフェンリルは、パーティーのバトルスピードを大きく底上げしてくれるサポート系悪魔。アーキタイプが異能のフェンリルは、覚醒でバトルスピードへの影響度が50%増加する“スピードスター”を習得するので、どんなパーティー編成であれ異能フェンリルを入れるだけで劇的にバトルスピードを高められるのだ。

タルカオートでバトル開始時に攻撃力を強化できるのも先攻重視の編成にマッチしており、高いバトルスピードで先攻を奪取→タルカオート発動で速攻をかける戦法が非常に有効アウラゲートの深層やデュエルなど、先制攻撃の重要性が高いコンテンツではこの特性がキラリと光る。

IMG_8213
▲先制攻撃+タルカオート発動でフェンリルの役割は9割完了といっても過言ではない。カジャ・ンダ系など補助スキルを継承させるとサポート力がさらに増してグッド。

攻撃役としておすすめの悪魔

ロキ(魔王/グレード75)

 ◆ロキのおすすめポイント
【おすすめアーキタイプ:防魔】
・弱点をつけば20%の確率でアイコン消費なし
・ザンダイン、アギダインで弱点をピンポイント狙い可能
・防魔タイプなら破魔弱点を覚醒で打ち消して弱点なし
IMG_8220
▲高い魔とトリックスター発動でアイコン消費しない特性が非常に頼もしい。スキル継承で複数の属性攻撃を持てば発動する機会が増えて一方的に攻めることも可能だ。

アヌビス(神獣/グレード70)

 ◆アヌビスのおすすめポイント
【おすすめアーキタイプ:異能】
・高い魔と呪殺ブースタによる火力の高さ
・異能タイプの無慈悲な一撃で弱点攻撃時にダメージが20%増加
・合体で★3悪魔から作成可能なので作りやすい
IMG_8224
▲魔法攻撃力に特化した異能アヌビスの火力は圧巻。弱点がないので安定感があるのもポイントだ。

ショウキ(鬼神/グレード75)

 ◆ショウキのおすすめポイント
【おすすめアーキタイプ:異能】
・全悪魔でもトップクラスの力で物理火力抜群
・タルカオートでバトル開始から味方全体を強化
・異能タイプは後攻で相手のアイコンを減らす“威圧の構え”が強力
IMG_8212
▲力だけでなく運も高いので、会心が発生しやすい。全体攻撃や物理ブースタ、コロシの愉悦などを継承すれば物理アタッカーとして大活躍できる。

ホワイトライダー(魔人/グレード74)

 ◆ホワイトライダーのおすすめポイント
【おすすめアーキタイプ:防魔】
・破魔が効く敵を50%の確率で即死させる“ゴッドアロー“が超強力
・魔と速が高い理想的な能力値
・防魔なら弱点なし。ほかのアーキタイプでも強力なスキルを習得
IMG_8221
▲★5に匹敵する大当たりの悪魔。どのアーキタイプでも活躍できるが、2018年2月15日時点では入手手段が召喚限定なのがネック。

ツクヨミ(幻魔/グレード67)

 ◆ツクヨミのおすすめポイント
【おすすめアーキタイプ:荒神、異能】
・月の加護で消費MPを1軽減してスキルを使用できる
・最高クラスの魔と物理耐性さえ継承すれば優秀な耐性
・継承と烙印次第でどのアーキタイプでも役割を持てる
IMG_8223
▲物理弱点が致命的だが、物理耐性さえ継承できれば高い魔と燃費のよさでどんなスキルも有効に使える玄人志向の悪魔。速の低さはマカラカシフト、テトラカシフトなどを持つ悪魔と組ませることでメリットにもなり得る。

回復役としておすすめの悪魔

パズス(邪神/グレード62)

 ◆パズスのおすすめポイント
【おすすめアーキタイプ:防魔】
・貴重な味方全体回復のメディラマが使える
・抜群のHP量で耐えるヒーラーとして運用可能
・防魔タイプは火炎耐性に無効属性3つと優秀な耐性
IMG_8214
▲氷結弱点さえ継承で克服すれば便利な壁役と回復役をこなせる。速と運が低いので攻撃が空振りしやすいのが玉に瑕。

スフィンクス(聖獣/グレード76)

 ◆スフィンクスのおすすめポイント
【おすすめアーキタイプ:加護】
・加護タイプで全体大回復のメディアラハンを覚える
・後攻で物理反射壁を展開する“テトラカシフト”持ち
・極めて高い魔で攻撃魔法も火力を出せる
IMG_8222
▲加護タイプ限定だが、覚醒スキルでメディアラハンが使えるのはデカイ。ラクカオートを習得する異能タイプも回復スキルを継承できれば便利な回復役になる。

補助役としておすすめの悪魔

ランダ(鬼女/グレード67)

 ◆ランダのおすすめポイント
【おすすめアーキタイプ:加護】
・稀有な物理反射の悪魔
・ムドダイン、マハザンダインで攻撃スキルが充実
・加護タイプの“リカームドラ”で全滅の危機から形勢逆転を狙える
IMG_8216
▲物理反射の凶悪さは『メガテン』シリーズ経験者なら身にしみるほど味わう“洗礼”。本作では、MPが枯渇した敵のアタックを反射してアイコンを有効に減らすことができるのも強い。

アズラエル(大天使/グレード67)

 ◆アズラエルのおすすめポイント
【おすすめアーキタイプ:素体、異能】
・素体タイプはテトラカーンとマカラカーンが使える
・異能タイプは覚醒でマカラカシフトを習得
・高魔力によるアギダインが強力なダメージソースになる
 IMG_8225
▲テトラカーンは継承枠のスキルなので、ほかの悪魔に継承できるのが大きい。戦力としても、継承用としても価値が高い悪魔だ。

[関連記事]

1i『D×2 真・女神転生 リベレーション』魔王アバドンを倒せ!5章攻略とおすすめ悪魔【Dx2攻略】
1i『D×2 真・女神転生 リベレーション』4章攻略とおすすめ悪魔【Dx2攻略】
1i『D×2 真・女神転生 リベレーション』3章攻略とおすすめ悪魔【Dx2攻略】
1i『D×2 真・女神転生 リベレーション』カンバリを使った効率のいい経験値・マッカ稼ぎ【Dx2攻略】

D×2 真・女神転生 リベレーション

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガゲームス
公式サイトhttp://d2-megaten-l.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧