1. サイトTOP>
  2. 衝撃!パズルゲームにオート搭載!?KongZhongブースの新作3タイトルは曲者ぞろい【TGS 2017】

衝撃!パズルゲームにオート搭載!?KongZhongブースの新作3タイトルは曲者ぞろい【TGS 2017】

2017-09-25 15:30 投稿

中国発の急成長中メーカー、コンゾンブースに行ってきた

毎年その出展規模を拡大し、確実にその力を付けつつあるメーカーKongzhong JP(コンゾン)。その勢いが見て取れるように、TGSには毎年新作タイトルをひっさげての出展を行ってくれているのだが、それは今年も変わらなかった。

DSC_0962

ということで、これから配信される新作アプリ3本『サンゴクラッシュ』、『ラストエピック』、『クレイドルクロニクル』を実際に触ってみたので紹介しよう。

ただ非常に申し訳ないことながら、カメラのCFカード故障によりほとんどの撮影データが飛んでしまったため、実機画像は以下のものだけ。個人的にも飛んでしまいたい気分だが、気を取り直して手元のもので進めていこう!

IMG_2481

オートモードでお手軽パズルがさらに爽快!

新作『サンゴクラッシュ』は、同社より配信中の『三国志タクティクスデルタ』のスピンオフとも言えるタイトル。『三国志タクティクスデルタ』に登場する愛らしい武将たちをチーム編成し、パズルで戦うパズルアクションとなっている。

A2_サンクラ

ゲームの主幹となるパズル要素は3マッチパズルを採用。隣り同士のパネルを入れ換えて、同じ色のパネルを3つ以上縦、横に並べると攻撃が発生するというシステムだ。もちろん、連鎖(コンボ)要素もあり。

3マッチパズルが好きな人ならばそれだけでも楽しめるものとなっているのだろうが、本作には従来のパズルゲームとは一線を画す、ユニークなシステムが搭載されている。

それは、オートモード。パズルゲームでオートモードを採用してしまうと、パズルという楽しさの核となる部分が消えてしまうのではないかと思うだろう。

事実、見方によってはそうだろう。しかし、自動で、しかも高速でパズルが解かれていく様を見るのは、一口で言って爽快! 人知を越えた腕を持つパズルゲーマーのゲーム画面を見るような、また別のおもしろさがそこに現れるのだ。

こちらのタイトルは今秋リリース予定。興味がある人はぜひ!

王道ファンタジーはかなりのボリュームの予感!?

新作タイトルふたつ目は、ファンタジー世界を舞台としたRPG『ラストエピック』。こちらはまだ開発版ということもあり、まだ確認できない部分が多かったが、わかる範囲をまとめていこう。

A2_LastEpic


本作は斜め見下ろし型で描かれる王道のターン制バトルが採用されたRPG。しかしその最大の特徴はパーティー編成。

ユニットにはそれぞれ物理攻撃型や魔法攻撃型、混合型などのタイプが割り振られており、これをどう編成するかによってバトルの優位性が変化するものとなっているようだ。また、このタイプのほか、さまざまな色づけもされているとのことで、パーティー編成そのものの戦略性はかなり高いものと思われる。

また、バトルはオートバトルシステムも実装されているため、パーティー編成さえうまくこなせれば、誰もが手軽に遊べる作りになっていると言えるだろう。

last1last2

ゆくゆくはPvP要素も実装されるということだが、こちらに関しての詳細は不明。続報を期待したい。なお、こちらのリリース予定は11月とのこと。

横スクロールアクションを手軽に楽しむならコレ!

最後の新作『クレイドルクロニクル』は、横スクロール型のアクションRPG。

A2_クレクロ


上下スワイプやロングタップなどのシンプル操作で、ド派手なスキルを発動できるので、プレイの爽快さは相当なもの。

スーパーファミコン時代からプレイステーション時代にかけて出てきた、横スクロールアクションRPGの数々をやり込んだ人ならば、このシステムに触れたらきっとある種の懐かしさのようなものも感じられることだろう。

しかし本作は最新作。当時のそれらには絶対に存在し得なかったオートバトルシステムが搭載されている。じっくり腰を据えて遊ぼうとしなくとも、手軽に楽しめるようになっているぞ。

また、登場キャラクターは敵味方にかかわらずかなりキュートに描かれているというのも本作の特徴。ちっちゃくてかわいいキャラクターがピョコピョコ動き回る愛らしさは特筆すべきものがあると言える。

こちらは10月上旬リリース予定となっているので、近々遊べることになるだろう。事前登録キャンペーンも開催中なので、気になる人はチェックしておこう。

kurekrue2

このほかにも、コンゾンはまだ2018年にリリース予定の新作2タイトルを抱えており、これからの展開にも期待したいメーカー。

タイトルと併せてチェックしておくといい。

関連リンク

東京ゲームショウ2017公式動画チャンネル
東京ゲームショウ2017ファミ通ブース特設サイト
ファミ通TGSスペシャル生放送(9/21)【TGS2017】


TGS2017
▲TGS2017の記事まとめはこちらから

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧